こんにちは。

ネコ部の部長mikaですにゃー

 

5/22(火) GO!にゃんにゃん の日(笑)の午後、第一期ネコヨガインストラクター養成講座では、アニマルコミュニケーターのKIKIのテーブル・前田理子さんをお招きして、ペットロス特別授業を行っていただきました。

 

真剣に耳を傾ける生徒さんたち。

 

~動物の声を聴き、動物の想いを知る~

 

約2時間の授業の中で、

・アニマルコミュニケーションとは?

・動物の魂について

・動物たちからのメッセージ 

「ペットロスになった飼い主さんを動物たちはどう見ているのか」

「どんなお別れにも意味がある。」

・・・etc

アニマルコミュニケーションの実例をご紹介いただきながら、アニマルコミュニケーターさんならではの講義をしてくださいました。

 

スタジオにいる皆すべて、動物と暮らし、お見送りを経験しています。

前田先生のお話を聞きながら、想い出が甦り、その思いを涙を流しながら語り合いました。

 

 

 

愛おしいものとのお別れは、本当に辛く悲しいものですよね。

 

私も、保護猫りきまる氏とのお別れは、暗闇の世界を体験するものでした。

 

深い深い悲しみという感情は、「痛い」ものなのだということを、このとき経験しました。

悲しすぎて、身体が引きちぎられる感覚でした。

 

見るものすべて、無感動、無感情でした。

 

 

ですが、私たちがそのお別れを悲しんでいるように、動物たちも同じようにさみしさを感じているのですよね。

 

動物たちは、どんな飼い主さんであっても、どんなことがあっても、信じ、気遣い、愛してくれています。

透明で、まっすくで、純粋です。

 

大好きな飼い主さんが、長い間、悲しみの中に埋もれていると、動物さんは心配で心配で、元の世界へ戻ることができなくなってしまうから、肉体をギューっと抱きしめることはできなくても、呼吸を感じることはできなくても、心配してくれている動物さんが安心して元の世界へ戻れるよう、そして幸せであるよう、泣きながらでも、少しずつ、前を歩んでいくことが、ともに過ごしてくれた動物さんへのお返しになるのではないかと思います。

 

動物さんがしあわせだと、自分も幸せ

 

 

 

 

前田先生の講義はとても素晴らしく、心に響く内容でした。

 

一人でも多くの方が、ペットロスの状態に陥らないよう、またはペットロスから少しでも早く、無理なく立ち直ることができるよう、前田先生の授業を通して学ばせていただきました。

 

学んだことを、ネコヨガで生かしていきたいと思います。

 

ひとつでも多くのいのちが救われますように。

 

前田先生、どうもありがとうございました。

 

 

◇アニマルコミュニケーション KIKIのテーブル

http://kikinotable.com/

 

セッションをご希望の方は、上記ホームページよりお問い合わせくださいニャにゃー