小説『七夕の風にひるがえるカーテン①』~山城窓の傑作小説、連載始動!! | 『にゃんころがり新聞』

『にゃんころがり新聞』

にゃんころがり新聞は、新サイト「にゃんころがりmagazine」に移行いたします。
主だった記事は、新サイトへお引越しをいたします。
新サイト「にゃんころがりmagazine」を閲覧いただければ幸いです。


テーマ:

七夕の風にひるがえるカーテン①

 

 

 

 

山城窓

 

 

 

 

 

 

 

西面真人の楽しみ

 

 

「どうもカーテンになったらしいんだ」
「カーテン?」
「そう、カーテン」
そういって牧田は少しうつむく。その口は俺に何かを届けようと必死だが、その目は自信なさげで俺から逸れていく…そんな感じだ。
「唐崎っているだろ?」牧田が改めて告げる。「唐崎武雄。同じクラスにさ」
「いるね」
「その唐崎がさ、なったみたいなんだ。カーテンに」
「唐崎がカーテンになった?」
「そう」といって牧田はやはり目を伏せる。
その仕種に苛立ちながら、俺はいう。
「それを言うために、君はわざわざ俺の家にまで来たのか? 日曜日の昼間に?」
「ふざけているわけじゃないんだ」彼は弁解するように続ける。「もちろんまだちゃんと確かめたわけじゃないけど…でも確かめようがないし…」
彼は目を泳がせながら語る。事情はさっぱりわからないが彼は困っているようだ。俺は自分の部屋のカーテンに目を向ける。そのカーテンを指差して、俺は牧田に確認する。
「カーテンっていうのはあれだよな。その窓のところに吊り下がっている布のことだよな?」
「そう…。そのカーテンだよ。あ、でもこの部屋のカーテンじゃないんだ」
「じゃ、どこの部屋のカーテンになったんだ?」と仕方なく俺は尋ねる。
「三島江ゆかりは知ってるかな?」
「三島江ゆかり?」
「三組の…中学は東中だった。割と人気のある…」
「聞いたことはあるな。見たこともあるかもしれないけど…顔と名前は一致してない」
「見た目は色白でちょっと品のある感じの…」
「いいよ、説明は。それで、その三島江ゆかりがどうしたんだ?」
「その三島江ゆかりの部屋のカーテンになったらしいんだ」
「唐崎武雄が?」
「そう」
「三島江ゆかりの部屋のカーテンになった?」
「そう」
ここのところ蒸し暑い日が続いているが…正気を失うほどではあるまい。そんなことを思いながら、俺は椅子を軽く回して、突っ立っている牧田を促す。
「とりあえず、そこらへんに適当に座ってくれ」
「ああ、うん」と牧田は座り場所を探すようにキョロキョロと視線を散らしてから、ストンと落下するようにその場に座り込んだ。それを見届けてから、俺は尋ねた。
「今のところ君の話がどういう種類の話なのかもよくわからない。君の話し方でいいから、少し整理して話してくれ」
「ああ、うん」と臆病そうに彼は相槌を打つ。小柄な男というのは、こんな感じになるものなのかな、と思いながら、俺は勉強机に肩肘をつき彼の話を待つ。
「この間さ…もう三週間ぐらい前かな」と牧田は切り出す。「僕は唐崎の家に行ったんだ。アルバムを持って」
「アルバムって?」
「中学のときのアルバムを見せてくれってあいつが言うからさ。つまり僕は三島江ゆかりと同じ中学だったから」
「つまり唐崎は三島江ゆかりのことが好きだってことかな?」
「そうだよ、そう!」
「それを先に言うべきだったね。話がわかりにくい」
「それで、まあ唐崎の家でさ、三島江の話をいろいろとしてたんだよ。一年のとき、唐崎も三島江も別々のクラスで整美委員だったらしくて。で、その委員会でプリントを回すときに一回だけ言葉を交わしたそうなんだけど、唐崎はそのときの三島江の微笑みにヤラれたらしいんだ。何でも他の女子にはない清純さが感じられたそうだ」
「そのくだりを俺は聞かないといけないのか?」
「あの…まあ、それでさ、そんな話をしているときに…唐崎の肩にテントウ虫が止まったんだ。で、これは後から聞いたんだけどさ、『体にテントウ虫が止まると願いが叶う』っていわれてるらしいね?」
「聞いたことはあるけど…どっかの国の迷信だろ?」
「しかもその日の朝には彼は片目の白猫を見たらしいんだ。これは知ってるかな? 朝片目の白猫を見ると願いが叶うともいわれているんだ」
「知っているけど、それがなんだってんだよ?」
「しかも彼はその日『パンダのランデブー』っていうチョコスナックのお菓子を食べていて幻とも言われている『刀を携えたパンダ』が出てきたらしいんだ。それを食べると願いが叶うっていわれて…」
「だからそれがどうしたってんだ?」と俺は思わず彼の言葉を遮る。
「それで…」牧田はおもむろに言い直す。「その日から唐崎の姿が消えたんだ」
「消えた?」
「そう。学校にも来てないだろ? それで唐崎の母さんに相談されてたんだ。僕は唐崎の家にも何度か行ってたから唐崎と仲が良いと思われててさ。で、一度唐崎がいなくなった部屋を見せてもらったんだ。いなくなったそのままの状態でね。そしたら布団が敷いてあってそこに薄い毛布も掛けられてたんだけど…その毛布の下に唐崎の寝巻きが上下綺麗に揃えてあったんだ。まるで寝てる間に唐崎の体だけがそこから消されてしまったみたいに」
牧田は不安そうな表情で語る。俺にも少し話は見えてきたが……少しだけだ。この男が本気なのかどうかもまだわからない。俺が訝っていると、牧田は自分の鞄の中を探りながらいう。
「問題はこれなんだ」
彼はそこからノートを取り出す。そしてページをパラパラと繰る。「これだ」といって彼は手を止める。彼はそのページを指し示しながらノートを俺に渡す。
「唐崎のノートだよ。彼は詩を書いてたみたいなんだ。で、それが彼の書いた最後の詩みたいだ」
見ると確かにそこには、何かの詩が書かれている。随分と乱雑な字だが読めなくはない。タイトルは「カーテンでもいい」。

オレはただ君を見てるだけ 遠い遠いところで
抱きしめたい 口づけたい そばに寄り添いたい
でも嫌われるのが怖いから やっぱりキョリはつめられない
いっそオレは君の部屋のカーテンになりたい
いつもいつでも君をそばで見つめてられるから
言葉は交わせなくても
朝に開かれ、夜に閉じられ、そんなふうにアイサツできるから

君の笑顔も泣き顔も寝顔も見ていたい
美しい君のその顔の移り変わりは オレには素敵なストーリー
そのストーリーを追いかけていたいから やっぱりオレはカーテンになりたい
ジャマな光をさえぎったり 部屋の温もりを保ったり 少しは役に立つから
ずっとそばにいるから ずっと見つめてるから
見たくない君の姿を目にするときまで

 

 

(つづく)

 

 

▽「七夕の風にひるがえるカーテン②」はこちら

 

 

 

 

山城窓

1978年、大阪出身。男性。

第86回文学界新人賞最終候補
第41回文藝賞最終候補
第2回ダ・ヴィンチ文学賞最終候補
メフィスト賞の誌上座談会(メフィスト2009.VOL3)で応募作品が取り上げられる。
R-1ぐらんぷり2010 2回戦進出

小説作品に、『鏡痛の友人』『変性の”ハバエさん”』などがある。

 

 

 

 

 

にゃんころがり新聞TOPへ

 

 

「読者登録」もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にゃんころがり新聞さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス