悪徳ブリーダー | 。。o゚☆゚o。おにゃんぺい☆BLOG。o゚☆゚o。。

。。o゚☆゚o。おにゃんぺい☆BLOG。o゚☆゚o。。

『All or nothing』=全て完璧でなければ何もやらない←極端な考えではなく
『Better than nothing』=何もしようとしないよりマシ、出来る事から始めよう☆


テーマ:

くく



私が悪徳ブリーダーの実態を知ったのは10年近く前、現在10歳の愛犬を当時ペットショップで生後2ヶ月で迎え入れた翌年の事でした。


実態を知るまでは、きっとこのコの両親も暖かい家庭でのびのび育てられているものだと思い込んでましたが、↓このような環境で生活を強いられてる事を知った時は本当にショックでした。







こんなに愛おしくて可愛い愛犬から私はたくさんの癒しを与えてもらってるのに当のこの子を生んでくれてた感謝すべき両親が、真逆の生活をしてるだなんて・・・


街には沢山の生体販売ペットショップがたくさんありショーケースに入れられた愛くるしい子犬を見てホッコリしてる方達もたくさん居るでしょうが

そんな子犬の姿とは裏腹に、その子達の両親は↓のような、全く真逆の悲惨な環境を強いられてます。




狭くて汚い糞尿まみれの檻に一生閉じ込められたまま、唯一外に出られる時は無理やり交尾を強いられる時で、散歩なんてもっての外、


メス犬は出産の際に、母体の養分を奪われるため、毛はバサバサになり、

過剰な妊娠出産により栄養が吸い取られ過ぎて、歯茎が衰え歯は溶けてボロボロになってしまい、

口がまともに閉じれない状態に。。。

それでも放置され何度も繰り返し生まされる為、最終的には顎の骨なども溶けて食事もままならない状態になってしまいます。




病気のケアも無く爪は伸び過ぎて肉きゅうに食い込み、

一切掃除されない山盛りの糞尿で出来た地面のケージで寝たり生活してるせいで

自分の体の半分もあるくらい重たい糞尿の塊が鎧のように毛にまとわり付いて動くのもままならない程。↓





そして特にチワワは小さい為に難産で、帝王切開が必要になる事もあるのですが聞いた話しでは、獣医に帝王切開してもらうと費用がかかる為

専用の器具やメスを持ってるブリーダーもいるそうで


素人なのに母体を切り裂き子犬を無理やり取り上げ、

その数匹の子犬には価値が付く為、そのまま母体は死んでもかまわないそうです。


そんな極悪卑劣極まりないブリーダーが実在していて、

そんな可哀想な目に遭ってる母犬の事なんてつゆしらず


ショップで愛くるしい子犬の姿だけにとらわれて、現実を知ろうとしない人達が多く、無知の人達が買えば買うほど、ますますブリーダーは低コストで量産し、ひどい扱いを受ける子達は一向に減りません。


もちろん、コストの為に非人道的に動物を扱うブリーダーなどの業者が悪いですが、安易にペットショップで買う人間が多い為、

こういった犠牲が生まれるのも事実なので、可愛いものだけを見ていたくて、こういったショッキングな事実や臭い物には蓋をして、知ろうともしない消費者側の意識の改善が必要だと思います。


そもそもショーケースに入れて販売する事が禁じられていて、また消費者も意識が高いヨーロッパのように日本にも動物福祉が広まり、皆の意識が向上すれば↑こんな姿にさせられる命は無くなっていくはずです。


日本特有の、子犬子猫を迎える際は小さければ小さいほど良いという消費者の間違った価値観のせいで、

社会化が身に付かない内に親兄弟から引き離され、免疫の無いか弱い体で、輸送されセリ市などの流通過程で

毎年、何千頭何万頭もの子犬子猫が我々の目に入るショーケースに陳列される前に命を落としてる事実もあります。


日本も欧米のペット先進国のように、ブリーダーは一種類の血統のみをブリーディングし

メスには一定の回数以内しか出産させてはならないという規制を設け

欧米の基準の8週齢までは親から引き離さない、

飼いたい場合はブリーダーまで直接出向き、迎え入れる

という形態に改善されて行きますように。。。



*全ての画像は廃業した悪徳ブリーダーから犬猫達を動物愛護団体さんが保護した際のレスキュー当初の写真転載です。↓

http://ameblo.jp/dog-smiles/entry-10825002297.html


http://blog.goo.ne.jp/inunekokatudou389/e/894af4962675ad688929f700a230d031


http://angels2005.org/201102rescue/index.html



おにゃんぺいさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス