にゃんこユナイテッド

サッカー好き、猫好き。(当然、「犬」も好き)
バンドは、無期限休業。(はたして「やってた」と言っていいのか・・・orz)
いろんなものに手を出したがり屋の日々を綴っていきます。

ただいまコメントは承認制にさせていただいていますが、遠慮なくお書きください。


テーマ:

 今年のJ1優勝クラブの賞金は3億円でした。去年は2シーズン制だったので単純な比較はできませんが、昨年CSを制した鹿島の獲得賞金は1億8千500万円。CS3位までのクラブの獲得賞金総額は、3億9千500万円でした。今年は、3位までの総額で4億8千万円。単純に増額といってよいと思います。

 ルヴァンカップも優勝は1億5千万円となり昨年度から5千万円の増額となっています。

 

 また各クラブの分配金も増額。J1は昨年の1億8千万円が3億5千万円へ。J2は7千万円が1億5千万円。J3は1千5百万円が3千万円になり、支給されます。

 

 これらは、DAZNによる放映権料収入に寄るところが大きいのですが、ほかにも理想強化分配金という名目でJ1・4位までのクラブに3年間支給されます。たとえば川崎の場合、10億、4億、1.5億円が支給されます。

 

 支給される金額が増えるのはいいのですが、その格差が大きくなっていることが、気になります。特に降格したクラブは、選手を獲得(維持)するための資金不足に陥る心配がります。そのために降格救済金というものもできるらしいのですが、それにしても、J1の頂点からすそ野までの差が恐ろしくある気がします。

 

 Jリーグが、プロスポーツで、野球などの年俸と比べると選手の収入が少ないことについては改善の余地があると思いますが、全国どこの地域にも、「おらがクラブ」を理想としていた時と比べると、クラブを存続させる資金の差がありすぎて、もたないクラブが出てくるのではないかと思っています。

 

 実際、現在でも地方自治体や、地元の補助、寄付で資金を補てんしているクラブは多いです。J1のクラブなら、これまでのそれを辞退して、Jリーグの配当と、クラブ自体の収入で運営すればよいのでしょうが、J3となればそうはいきません。

 

 前橋市が、これまでザスパに出してきた補助金を打ち切ることを明らかにしました。理由は、「一定期間が経過し、地域貢献活動は定着したから」。要するにストレートにクラブを援助するために補助金を出していたわけではなく、ザスパの名前を利用して、地域に貢献してもらっていた見返りを出していたけれど、もうある程度の成果が出たので終了、ということのようです。

 前橋市は、ちがう形での援助は続けるようですが、降格が重なってクラブは泣きっ面に蜂という状態です。

 

 かたや10億以上の収入増、一方では、年間予算規模さえ10億に至らないクラブがあるのが実態です。

 Jリーグの分配金に差があるのは仕方ないと思いますが、クラブの体力がないところにこそ、貸付でもよいので手当をしてあげないと、いつぞやのフリューゲルスのようなことが起きるのではないかと心配しています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

nyan-unitedさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。