2016Jリーグディビジョン2 第6節VSセレッソ大阪 | にゃんこユナイテッド

にゃんこユナイテッド

サッカー好き、猫好き。(当然、「犬」も好き)
バンドは、無期限休業。(はたして「やってた」と言っていいのか・・・orz)
いろんなものに手を出したがり屋の日々を綴っていきます。

ただいまコメントは承認制にさせていただいていますが、遠慮なくお書きください。

 桜満開となった週末ですが、その桜(セレッソ)を相手にキンチョウスタジアムでの対戦。


 前半は、まったくの受け身。これが作戦なのか、前へ出ていかれない何かがあるのか、素人の私にはわからず、なんとか前半を0-0で折り返してくれれば、後半勝負なのだろうと思っていました。

 しかし、そうは問屋が卸さない。短い時間の間に続けざまに2点を取られます。

 お茶の間観戦では、早くも白旗をあげてしまい、「そうだ、そうだ。新体制発表の時は、ここまでやれると思ってなかったのだから、今日は経験を積む機会。」と切り替えて見ることにしました。


 後半になると、見違えたように前へ出て行けるようになりました。前半は、どちらかというと足を引っ張っている印象だったエウトンにエンジンがかかり、初得点。早い時間帯の得点に、同点も狙えるかと期待したのですが、そこはやはり無敗のセレッソ。それ以上のゴールは許してもらえませんでした。


 好調だった山本選手が太ももを痛めたようで、前半で交代になりましたが、そこはカンペーさんに替わっても問題はなく、安堵しました。


 船山選手は、ちょっと元気がなくなっているように見えるのは気のせいでしょうか?得点できなかったのは、セレッソのキーパーのファインプレーというところもありますが、ちばぎんカップの頃のような飢えた感じがしないので、がんばってほしいと思います。


 負けていい試合なんてないのですが、今日は冷静に考えれば、どこまでやれるかということが目標でも仕方なかったと思うので、今後の為に勝ち点3を代償に学んだと気持ちを切り替えてほしいと思います。


 余談ですが、セレッソの松田選手は昨シーズン在籍した松田力選手のお兄さん。テレビでアップになるたび、そっくりだぁと声を上げました。お兄さんの方が若干たれ目らしいです。


来週は、今シーズンセレッソから唯一勝ち点を奪った金沢。ホームゲームだけは、どんなことがあっても負けるわけにはいきません。ジェフは、引き分け、負けと成績は下向きなのでここが踏ん張りどき。しっかり応援したいと思います。