いやーーーー。。。

 

色々な意味で、本当に残念です。

 

チャゲアス全盛期にライブに行けなかったことは

私の今までの人生の中で、唯一の(?!)後悔かなぁ。

 

小学校の中高学年〜中学生の頃だったからさ

一人でライブに行ける年齢じゃないし

一緒に行きたいと言ってくれる人もいなくて

 

高校生になってからは、やっぱり

同じバンド(B'zやT.M.R)を好きな友達とライブに行ったけど

そこでもチャゲアスファンはいなくて

当時はもう、一人でもライブに行きたいというほどの熱はなくて。

(お二人ともソロ活動してたからなぁ)

 

 

小学生の頃、初めて芸能人に恋をしたのがASKAさんだったから

音楽番組、録画したビデオテープを夜中に何度も何度も何度も何度も聴いて

もちろん今でも特別な思い入れがあって・・

 

 

 

 

今でもこのASKAさん見るとドキドキするよね。

1991年、当時33歳かぁ。

はは、私の方がおばさんになっちゃったじゃない!!びっくり。

 

こういう二人の掛け合いとか、素敵すぎ。もうずっと見てたい。

このノリの良さが楽しすぎて、コントかっていうね。

 

今はYoutubeでなんでも見られるから幸せだ〜❤︎

 

 

 

 

あーもう本当にあなたたちはMr. ASIAです。かっこよすぎ。天才!!

 

87年?のオリジナルはサビの部分、下のキーで歌ってたんだよね。

こっちの方がかっこいい!!どんどん素敵なアレンジになってる曲。

 

 

 

 

あーこれも好き❤︎

Red Hillの二曲目でバーンと入ってくる感じが大好きだった。

 

 

 

そして。

桜井さんの名もなき詩を自分の歌にしちゃったASKAさんの歌唱力。

ASKAさんの出だしを聞いた後の桜井さん、物足りないと思ってしまった(笑)

 

名もなき詩から、YAH YAH YAHにつながるとところも鳥肌だしね。

・・でもやっぱりサビのYAH YAH YAHのところはハモリが欲しかった!

キーの高いASKAさんに合わせられるのはCHAGEさんしかいないのよね・・

 

 

 

 

あんなことがあった後の”脱退”だから、叩かれるのは百も承知だったけど

それでも自分の信念を貫くASKAさんは強い人だな、と。

 

一言二言多いかなとは思ったけど(笑)、それは可能な限りファンの人に

今の状況を知ってもらいたいと思うからこその説明だったのかな。

 

音楽を心から愛して止まない昔からのASKAさんを見てると、

決して誰かを傷つけようと思ってやったわけじゃないというのがわかるから。

 

 

納得してないCHAGEさんはかわいそうだとは思うけど、まぁ、それも人生だしね。

 

チャゲアスのアルバムの中で、やっぱり好きな曲そうでもない曲があって

小学生でもやっぱり作詞作曲したのが誰か見るよね。

そしたら好きな曲は全〜〜部、作詞作曲 飛鳥涼=メインボーカルASKAさんの曲で。

 

ASKAが言う、CHAGEが5:5を主張し始めてからうまくいかなくなったのは

チャゲアスのASKA寄りの私でも薄々感じてたというか

その頃からあまりファンでなくなったというか(ソロ活動も多かったし)

 

いや、ソロが悪いというわけじゃないけど

私は90年代のチャゲアスの二人で歌う(ASKAの)歌が好きすぎたってだけで。

声量もすごかったしね(あとはやっぱりASKAさんのルックス)❤︎

 

だから残念だけど、40年たった今では、仕方ない、と思うのです。

 

 

二人のライブと掛け合いは、映像でこれからもずーっと楽しませてもらいます!

 

 

お二人とも、本当にありがとう、お疲れ様でした❤︎

昨日、長女が幼稚園の遠足で水族館に行きました。

 

ボランティアとして父母も参加して

自分の子供プラス2〜3人の園児と一緒に回るんだけど

私は次女がいるため参加できませんでした。

 

長女、Aちゃん、Bちゃんの3人で回って、

引率はAちゃんのママでした。

 

昨日、長女はものすごく疲れて帰って来たけど

「楽しかった〜!スペシャルなフラミンゴを見たよ!」

と報告してくれました。

 

 

以下今日のBちゃんのママとの会話です。

 

Bママ「長女ちゃん、昨日楽しかったって言ってた?」

 

私「うん、どうして?」

 

Bママ「昨日どうだったかBに聞いたらね、

AちゃんのママがAちゃんだけ贔屓して

長女ちゃんやBが見たいところなんて全然連れて行ってくれなかったって。

AちゃんもAちゃんママもすごくBossyで自分勝手で、

”長女!B!早く来なさい!!”って連れ回されて疲れたしつまらなかったって。

だから次は絶対ママがボランティアしてって懇願されちゃった」

 

私「えーそれはBちゃん(と長女?)嫌な思いしちゃったね、残念だったね」

 

Bママ「Bは文句が多くてね・・夫は私が甘やかせ過ぎてるって言うんだけど」

 

私「えっ、全然そんなことないでしょ!(結構厳しく躾けてるのを見てる)

でもほら、Bママも結構ストレートに嫌なことは嫌って言うじゃん?」

 

Bママ「そうかなぁ、でも私も夫も一人っ子じゃないから・・

ワガママなのは一人っ子の特性なのかと思うわ」

 

 

家に帰って来てから、改めて長女に昨日どうだったか聞いてみると

 

「楽しかった!!!ニモもドリーも見たしね、タコもクラゲも・・」

 

もちろんAママには、なんの不満もないとのことでした。

 

 

感じたのが、同じ状況でも、人によって感じ方が180度違うということ。

こんなにも両極端なのは珍しいので、原理は知っていたけど、改めてびっくり。

 

 

実は、Bちゃんママと話していると会話の7〜8割が文句なのよね。

地域・社会に対してだったり、カナダの教育システムだったり

内容は多岐に渡るんだけど、とにかく悪い所ばっかりに目が行くというか。

 

 

多分、人って幸福と感じるのにハードルがあって、

Bちゃん家族は理想が高いから、そのハードルも高いんだと思う。

 

私も割と根はそうだから、確かに気持ちはわかるんだけど

そのハードルを高くすればするほど生きづらくなるのにも気付いてる。

 

 

夫が

「長女はナイーブだから、将来人に騙されたりしないか心配だ」

って言うんだけど、それ、まさに夫のことなんだよね。

 

夫も長女もおっとりしてて、人に利用されてるのにも気づかないくらい(笑)

 

よくある表現で言うと、トロくて鈍くさいってやつ?

損しちゃうタイプなのに、本人はそれを損と思ってないっていう幸せ者。

だけど一つのことに集中すれば物凄く力を発揮する天才。

 

 

同じ事があっても、嫌だと思わないのは、長女の性格の特権だと思うし

私は特別心配はしてないな〜

 

騙されたりもするかもしれないけど、それも学びだからね。

 

・・私は絶対に騙されたくないけど(笑)

 

 

我が家は典型的な前者(私&次女)・後者(夫&長女)なのです。

いいな〜私も後者になって頭の中お花畑してみたい。。

今さっき@伊豆高原

 

誰もいない露天風呂に入って

 

黒い空に立ち上がる白い湯気を見ながら(近眼なので星はよく見えないw)

 

「あ〜幸せ〜〜〜❤︎❤︎」

 

と思わず声が出た。

 

 

カナダでも、お風呂にアロマソルトを入れて楽しんだり

 

水着で入れる温泉施設に行ったりはしてるけど

 

やっぱり、ここまでの「幸せ」は感じられない。

 

 

私の幸せは、やっぱり「ここ」にあるなぁと思った。

 

 

来年からは、子供の学校の関係で、帰国が夏休み中になると思ったけど

この幸せを感じるためには、やっぱり春休み前後に来るべきか悩む。

 

秋はカナダの新学期なので長期では休めないし

クリスマスは夫側の家族と過ごすので、日本には来られないし。

 

 

でもまず、一番先に思ったのが

「子供達が巣立ったら、これをしたい」

だった。

 

今回(いや毎回)の、無謀なほど忙しい旅行計画にもある通り

私の趣味は旅行なんだなぁと実感。

 

私の名前の由来通りだ。

 

 

そして次に、親への感謝の気持ち。

「ありがたいなぁ〜ありがと〜」

も、自然に湧き上がってきた。

 

(・・前回の記事では毒も吐いたけど、基本的に大尊敬です、親に対しては。

あと叱咤激励されども、何があっても受け入れてくれるという安心感、絆もある)

 

 

 

両親曰く、

「Rizzyが子供の時は、『Rizzyが一番幸せ者だなぁ』

と言っていたけど、今ではどう見ても孫たちが一番幸せ者だよなぁ」

だそうです。

 

私もそう思います。

 

こうやって子孫繁栄していくことが、親はもちろん先祖にとっても

この上ない幸せなことではないのかなと。

 

ありがたいことです。

 

 

とにかく夢は、

世界中(特に惹かれるのはEU圏&日本)を旅行したい!

 

それに、愛する伴侶も一緒だったら10倍楽しいよね!

 
体力の残っているうちに、そういう生活(セミリタイア)をしたいので
それが可能になるよう、今は頑張ってお仕事し(させ)ましょ〜
 
(でもいつお星様になるか分からないもん、今も十分に楽しむよ!)
 

日本ですぅ〜〜爆  笑

 

今回の飛行機は、過去長女が生まれてから一番楽だった!!

5歳&3歳、最高でしたラブ

 

トイレはどうしようかなぁと思っていたのだけど

前方の席を予約していたおかげで、広いトイレを使えたので

余裕で3人一緒に入れました!!

 

機内では全然寝られなかったけどね。

私はボヘミアンラプソディー、子供達はアナ雪を観てから就寝しようとしたんだけど

周りも寝てなかったので、子供達も15分おきにトイレ行きたいとか言い出して。

 

もう途中から寝かせることを諦めてたら、2回目の機内食の1時間前に寝た笑い泣き

カナダ時間、夜8時半でした。普段の就寝時間(笑)

 

ということで、私も1時間くらい仮眠して、朝食を食べて

(子供達は到着ギリギリまで爆睡)

次女を無理矢理起こして、なんとか歩いてもらって成田到着。

 

 

でもカナダから日本に来ると、夕方到着なので

そのまま家に着いて寝られるから時差ボケもそんなに大変じゃない。

 

ちなみに今回は、夜中に起きて寝られなくなることもなく(初日少しだけ)

その後4〜5日は頭痛があったり日中疲れたけど、毎日外出はしてました。

年齢のせいか、疲れがなかなか取れないのだけどね〜

 

去年は一週間くらいは、子供と夜7時に寝ちゃっていたけど

今年は翌日から普通に11時くらいまで起きていられました。

(日中の育児が随分と楽になったから、疲れていないのだと思う)

 

 

 

夫が来たら翌日から西日本旅行なんだけど、大丈夫かな(汗

毎日新幹線が2時間半あるから、そこでゆっくりしてもらおう。

 

ちなみに城崎温泉はキャンセルして、広島の厳島神社と岡山の倉敷にしました!

JRパスで日本中旅行できることはもうしばらくないだろうから

せっかくだから遠くまで行ってみようかなと思って。

 

中国地方は私も初めてなので、とても楽しみ〜照れ

 

 

両親も、子供達の扱いが去年より一層、楽になったのが実感してました。

2人でずっと遊んでいられるというのがすごく新鮮だったみたい。

 

まだワガママも言うし、些細なことで喧嘩して泣いてるけどね。

 

 

さて、毎年帰国するたびに、プチカルチャーショックを楽しんでます。

去年も確か記事を書いたと思うのですが、今年もまとめてみます。

 

1)日本は書類(手書き)処理が多いえー

 

これは今回銀行やカード会社で色々と手続きすることが多く、感じたこと。

「暗証番号を間違えたら、キャッシュカードを有料で再発行」にはびっくり。

(私がパニクって番号を押し間違えたのがいけないんだけど)

 

通帳と印鑑で預金を引き出すなんて時間も人件費もかかってくるし

そもそも印鑑って非効率!無くしたら一巻の終わりだし。

サインは結局普及しなかったんだなぁ、日本は。

 

何をするにしても書類を何枚も何枚も記入したけど

電子化出来ないものかね〜その方がずっと早いのに。

 

日本って非効率だなぁと思ってしまいました。

 

 

2)店員さんの接客が素晴らしいびっくり

 

スーパーでもどこでも、「○○はどこですか?」と聞くと

わざわざその場所まで案内してくれる!

 

カナダではまずあり得ないので、恐縮です。

(適当な場所を教えられるだけでラッキー♪

大抵はそのカテゴリーすら間違ってるw)

 

 

3)女の人(学生、ママ)が綺麗ラブ

 

日本人って身なりに気を使ってる人が多いから、カナダでの基本の

全身ユニクロ&スニーカーで出かけると恥ずかしい(笑

 

カナダは移民が多くて、それこそ色々な人種が色々な服装をしているので

あまり気にならないというか、みんな違ってみんないいというか。

たまにはお洒落して出かけるけどね。たま〜にね。

 

 

4)食事も洋服も雑貨も質が良くて可愛くて、コスパも良いおねがい

 

高いお金を出せばどこでだって良いものは買えるけど

日本ほどセンスが良くてコスパも良い国はない!と思う。

 

Francfrancとか可愛すぎてもう全部買い占めたいくらい!!

ちょっと早いかなと思ったけど、子供達のマグカップ買っちゃった❤︎

 

 

子供達は大喜び❤︎❤︎

割れちゃうものだから大切に扱おうね、と話そうと思います。

 

 

5)遊びの施設が充実してる

 

日本はやっぱり人口が多いだけ、娯楽施設が充実してる!

(カナダの人口は日本の1/4だけど面積は27倍)

昨日、大きな公園のアスレチックに行ってつくづく感じました。

 

それでも私の住む所は色々イベントがある方なんだけどね。

子供が成人したら、夫と日本に長期滞在しに行きたいね〜なんて

夢があります。

 

リタイア後、カナダでぼーっとしてたら退屈ですぐにボケそうだよ〜

 

 

先週から毎週旅行の忙しい日々を送っています。

最後まで体調を崩すことなく突っ走れるといいな〜(*゚▽゚*)

 

って、遊びの準備だけどね❤︎

 

明後日日本に出発なのに、パッキング終わってない!!

もうすぐ明日になっちゃうってのに!

 

 

夫が急遽、海外出張のついでに日本に寄れることになって。

というか、ダメ元で聞いてみたら意見が通ったっていう。

 

しかも、最初はカナダから日本へは休暇なので自腹、

日本から出張先ーカナダ帰国までが会社持ちって話だったんだけど

日本をストップオーバーにすれば安いんじゃない?ってことで交渉したら

なんと差額だけ払えばいいことになった❤︎(カナダは交渉次第です、本当に)

 

しかも、プレミアムエコノミーだって。イイなぁぁぁぁぁ!!!!!

 

帰りはサンフランシスコで5時間もの乗り継ぎ時間があるということで

ラウンジが使えるクレジットカードも(私が厳選したのを)申し込ませてみた。

いい妻だ(笑)。

 

しかも私が先に日本に着くので、会社の人たちへのお土産選びをしておいて

夫が到着したら一筆書いて、カナダの会社に送らせようと思う。

出張先にはカナダの会社への土産を持っていけないからね。

ね、いい妻でしょ(笑)?

 

 

さて、せっかくバケーション(2週間)を取るなら旅行したいよねということで

トラベルプランナーの"いい妻"が、せっせと旅行の計画を立てているのです。

 

来年から長女が小学校なので、帰国が夏休み中になりそうで。

カナダは6月後半から夏休みなので、6月中旬くらいに日本に行くのかなと。

 

日本の小学校に体験入学をさせるにしても、梅雨の時期だし

梅雨が終わったら夏休みだし、悠長に旅行できない(暑いし高いし)から

今年はJRパス(外国人旅行者+海外在住者は7日間3万円で乗り放題)を使って

関西旅行にでも行こうかな〜となりました(未就学児は無料だし)!!

 

行き先は一度行きたいと思っていた、城崎温泉❤︎

来年から夏休みに旅行ってなったら、温泉地は選ばないだろうなと思って(笑)

 

 

夫が来るまでは両親と何ヶ所も旅行もするし、カレンダー見てみたら

帰国してからGW前まで、毎週旅行することになっちゃった!

(夫は今年は同時期に出張があるから来日できない✖️って話だったから

両親と目一杯旅行三昧計画しちゃってた)

 

お金も飛んでくけど、体調崩したらアウトだなー

 

GWは友達と会うくらいしか予定を入れていないので、ゆっくりして

GW明けにもう一ヶ所旅行してからカナダに帰国します!

 

旅行命❤︎

 

 

あとはアルバム(インターネットで作って注文できるやつ)の制作。

カナダの私のMacBookはこちらに置いていかなければならなくなったので

(確定申告をMacで始めちゃったので、夫にファイルしてもらわないといけない)

全ての写真をアップロードしておかないと、アルバムが作れない。

 

 

明日一日でパッキングを一気に終わらせないと・・

次女は3月からプリスクールを休ませているので自宅にいるし・・。

 

彼女的には"大好きなママ"と家に居られるだけで嬉しいそうです〜❤︎デレデレ❤︎

長女は家で暇してたら「保育園に行きたい!」と言っていたけど

次女はシャイなのもあり(家では一番気が強いのに)、行きたくないんだって。

 

長女も本当は行きたくないけど、頑張ってお姉ちゃんしてたのかなぁ?

そりゃ誰も学校なんか行きたくないだろうけどさ・・。

 

 

さーてと、

明日はあろうことか、夫の誕生日誕生日ケーキ

せめて、家族全員で祝ってから出発してあげようと思ってね。

 

朝から自家製納豆を仕込んで英語でレシピをおこして

(夫、納豆大好きなので、一人でも作るかも?って)

パッキングを無理やり終わらせて、

オンラインチェックインをして、

夫の誕生日ディナーを作ってお祝いしなきゃ誕生日帽子

 

ひゃ〜〜〜目が回りそう。

 

気合いで乗り切ります!!!

私が心屋仁之助さんに出会ったのは、

育児にイライラして、子供に手を出してしまった時爆弾

 

今から3年前くらいかな。

 

リブログした記事にもあるように

何の問題もなく人生順風満帆に行ってる人は心屋には出会わない。

 

出会ってすぐに全て解決したってわけじゃないけど

数年かけて、心屋マインドが少しずつ浸透してきて随分楽になったドキドキ

 

 

ちなみに心屋さんに言わせると、

「虐待は絶対ダメ!」では、ないんだそうです。

虐待のことを書くといつも荒れるって言ってたけどね。

 

今日本でニュースになってる(であろう、見られないからわからないけど)

小学生の子の虐待死とか見ちゃうと心情的に「絶対ダメ!」だけど

どうしてそこまでに至ったのかの視点から、親をケアをしていかないと

これから先もずっと虐待は無くなっていかないよね。

 

そのケアの第一歩として、まずは自分を赦すことなんだそうです。

 

 

私はというと、子供に手をあげるようなことはしたくないし

かと言って、アンガーマネジメントは私に合わないと感じたので

イライラする原因になること自体を、数年かけて手放しましたパー

 

 

具体的には、勉強を見ることと、部屋の片付けと、お風呂DASH!

それぞれ結構重要な育児なんだけど(笑)

 

だって怒りたくないやーん

 

イライラしたくもないしドンッ

 

 

でも現実的にはやらないと、と思うでしょ?

 

私もそう思って、ここまで来るのに数年間かかっちゃいました。

 

それ、実のところはやらなくても良いのよ。

それを「やらなきゃいけない」と思ってるのは

「あなた自身が」それをやりたいから。

 

またはやる「べき」という固定観念(親からのすり込み)に縛られているから。

 

 

そう気がついてからは180度変わったというか

もー最後に子供達にキレたの、いつだか覚えてないよね。

(嘘、思い出した。朝キレてヨーグルトぶち撒けたwwで夫が片付けたww)

 

良い母親、良い妻を演じようとして必死に頑張ってしまうと

自分のキャパに限界が来た時にプッツンしてしまうから

ダメ母親、ダメ妻でいい!って自分に許可した姫

 

なのに夫は

「いつもありがとう、こんなにも愛してくれる母親がいるなんて

子供達は本当に幸せだよねラブラブ

って言ってくれる笑い泣き

 

 

矛盾してるように見えるでしょう?

でも、しっかりしたいい母親やろうとすると注意することも増えるし

子供と衝突して、泣かせたり、最悪ひっぱたいたりパンチ!

 

「あんたのためでしょ!」って、いや、それは親の押し付けです。

 

私的にはダメ母親ダウンなのに、怒らないでいつもニコニコしてるから

子供達にもいつも「パパママ大好き〜❤︎」と言われてみんなでデレデレ❤︎

 

 

上の子5歳、下の子3歳。

今、本当に本当にめっちゃ可愛い時期ラブ

 

親バカだけど、毎日可愛い大好きって何百回言ってるか分からないくらい。

ただただ楽しい日々を送っています音譜音譜音譜

 

 

さて、問題の勉強・片付け・お風呂ですが

それぞれ「私がやりたい時」だけやってますグッド!

 

勉強はまぁ、まだ5歳だし日本語学校の宿題だけでいいかなって。

それも日本人のママではなく、カナダ人のパパに見てもらいます本

(側にはいて、分からないことがあれば教えてあげるけど)

 

片付けに関しては「私が」リビングは夕食前には綺麗にしておきたいので

そこだけ(一緒に)片付ける約束だけして、子供部屋のぐちゃぐちゃは放置パー

(私に余力があるときは、子供達と一緒にパパッと片付けたりもします)

 

夫が帰宅してからお風呂に入れてもらう時に一緒に片付けてもらうか

夕食後、寝かしつけの前に片付けられる人が子供達と一緒に片付けます。

 

お風呂も、去年までは絶対毎日入れて髪の毛も洗ってたけど

冬の今は「お尻だけ洗う日」にすることもあります。

 

今日なんか、夫が指を怪我してるのに

「片手で洗える?できなかったら手伝うから教えてね」の鬼嫁っぷりww

すると子供達が協力してくれるんだよね。パパを助けてあげていましたおねがい

 

 

ということで、一見しわ寄せは夫に来てるかなと思うのですが

夫は子供と関わるのが好きなので、何の問題もないそうですグッド!

 

夫、結構子供達を泣かせてるけどねー特にお風呂の時間!滝汗

 

普段子供が言うことを聞かない時、例えば

「湯船から出て!」とお願いしても、遊んでいて出てこない時とか

夫は有無を言わさず強制的にお湯を抜いて、湯船から持ち上げて出して

体を拭いて着替えさせることもできるけど(子供達はギャン泣きあせる

 

私はそこまでの力がないので、言葉で説得しないといけなくて

時間がかかってイライラ→プッチン爆弾のパターンだと気がついた。

そう気がついたから、手放したひらめき電球

 

 

朝も手伝おう、頑張ろうとしてしまうとヨーグルトぶち撒けるので

ほぼ夫です。丸投げです。で、私はギリギリまで寝てますzzz

 

夫が7時半に出勤してからは、子供達の支度は全て私がやるけど

それは私がやりたいからやっていることなので、全くイライラしない。

(夫には早く出勤して、早く退勤して夜のお風呂を手伝って欲しいから)

 

 

いい母親、いい妻を演じても愛されるし

ダメ母親、ダメ妻であっても愛されるんだったら

楽な方でいいじゃん!!

 

どうせ愛されてるしおねがい

 

子供も泣かずに済むし、夫も私が悩むのを見て辛い思いしないし

ストレスが溜まって、子供や夫に八つ当たりすることもなくなったし

何より私が一番幸せを感じていられるんだものラブラブ

 

 

母親がいつもニコニコ、ハッピーな家は

一家全員がハッピーなんだそうです爆  笑

 

 

・・まぁ、でも一番は子供達の成長のおかげかな。

0〜3歳の育児は言葉も通じないし大変だった、と言う事ですw

 

 

ちなみにカナダのお惣菜は美味しくなくて(口に合わない)

こちらの人は冷凍食品を夕食に使うことも多いけど

我が家は外食せずに毎日手作りしてますステーキ

 

それぐらいかな、私が頑張ってでもやりたいのは。笑

 

それで夫の胃袋をがっちり掴んでいるので、

大した料理でもないのに、毎日感謝されていますてへぺろ

 

 

週末に買った食材で何を作るか、一週間のメニューを決めておけば

当日の夜に「えーどうしよう、何作ろう〜?」と迷う手間がない!

 

夫が残業で遅い日は私がお風呂に入れたり(入れなかったり)

するので、早めにご飯が出来上がっていれば

これもまた、イライラすることがなくなるのですウインク

 

 

あと、私は別に「怒らない」を目標にしているのではなくて

子供達が危ないことをした時(女の子なのであまりないけど)

人(親)が嫌がるのをわかっていてわざとイタズラした時など

怒りたいときには思いっきり怒鳴ってます怒

 

子供がなぜ怒られてるのか理解できないようなこと(親の都合)

に関しては、なるべく怒らないように工夫をしているだけです。