医師事務作業補助者~happy woman~医療秘書・続編。

医師事務作業補助者のブログです。
医師事務作業補助者は医師不足対策の特効薬のひとつです。
医師不足、たらい回し(?)問題、医療崩壊・・・
2025年に向けて私達ができることは。


テーマ:
皆さまこんにちは。
今朝、まったりコーヒーを飲んでいましたら地震がきまして(汗)。金沢市は震度2でした。長野県南部では震度5強だったとのことです!余震等に引き続き注意していてくださいね。

=====================================

さて、先週のことになりますが、平成29年6月17日(土)に沖縄県立南部医療センター・こども医療センター(沖縄県島尻郡)で開催された「沖縄県医師事務作業補助者意見交換会」に出席してまいりました。この会は沖縄県の実務者の方々が企画運営している有志の会で、今回で7回目になるそうです。

私からは、「日本医師事務作業補助研究会の成り立ちと今後の医師事務作業補助者の展望」について講演させていただきました。研究会設立のきっかけや活動内容、医師事務作業補助者の展望、そしてこれから沖縄県の皆さまに期待することをお話しました。参加者の皆さまから多くのご質問をいただき嬉しく思います。これを励みにさらに研究会活動を頑張っていきたいと思いました。

第7回沖縄意見交換会1

また、沖縄県内の3施設の実務者の皆さまから、業務紹介の発表がありました。
・南部徳洲会病院
・沖縄県立中部病院
・宮古島徳洲会病院

離島における診療体制に医師事務作業補助者の果たしている役割は大きいですね。非常勤医師が効率的に仕事を行うためには事前準備が重要ですし、また、患者さんへの説明等の時間も限られてしまうことから「医師と患者さんとの架け橋」の役割としての医師事務作業補助者がなくてはならないものになっています。

第7回沖縄意見交換会2

沖縄県の医師事務作業補助者の皆さんの取り組みは、とても立派なものでした。ぜひ、全国に発信していっていただきたいと思います!

=====================================

~番外編~

今回の情報交換会の会場となった、「沖縄県立南部医療センター・こども医療センター」の玄関。立派なシーサーがいました。きらきら 沖縄県には想像以上にあちこちにシーサーがいて、地域の守り神様なんだな・・・ということをあらためて感じました。アオキラ

南部医療センターシーサー


こちらは、病院の玄関に掲示してある医師の方々の「似顔絵」です。先生方それぞれの特徴をしっかり捉えていて、しかも皆さま温かい笑顔でWハート。見ているだけでとても癒されました。

南部医療センター似顔絵

当院(金沢脳神経外科病院)の待合室に掲示してある医師の写真は、無表情の写真ばかりでコワく感じるかもしれません・・・汗。 笑顔で撮り直すことを提案しようかと思いましたが、、、先生方がカメラの前で緊張せずに笑顔になれるとは思えません。ですので、この「似顔絵」というのは素晴らしいアイデアだなと思いました。薔薇むらさき 


この日の沖縄県は大雨で、AKBの総選挙イベントも中止になった程でした。
それでも沖縄の海はこんなにキレイです。アオキラ 今度は晴れた沖縄に来てみたいと思います!
那覇空港


 
   ↑ 読んでいただけましたら、応援クリックよろしくお願いいたします にくきゅう にくきゅう にくきゅう
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

矢口 智子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります