私のおすすめ液晶テレビ 「FORIS.HD」「C@T-one」 | 特選街情報 NX-Station Blog

特選街情報 NX-Station Blog

特選街情報 NX-Station Blogはパソコン、デジモノ、家電の購入・日々のブログです。パソコンは レノボ ThinkPadを中心に、Lenovo、NEC LaVie、日本HP、DELL、レビュー・評価・感想、クーポン&特価情報やスペックの比較をしています。


テーマ:

 独りで使う省スペースな液晶テレビのおすすめがこれ、株式会社ナナオ EIZOのFORIS.HD (DT24ZD1DT27ZD1)です。それとオプションのリモコン機能付マウスC@T-oneはかなりの優れものです。人間工学に基づいてデザイン・設計された形状とサイズ、機能はシンプルで使いやすくよく考えられています。

※写真は一部を除いてクリックすると大きな写真に拡大します。



フォリスHDとキャット・ワン


※ナナオ EIZOとは、主に液晶モニターを製造販売している専業メーカーです。従来より、パソコン用モニター(最初はブラウン管)で優れた画質の製品を開発・販売していたことでPCのパワーユーザーやプロフェッショナルな人たちに絶大な人気を誇っています。現在では、パソコン用モニターもテレビも液晶パネルに置き換わりましたが、最先端かつ高い映像技術についてナナオ EIZOは定評があります。医用モニターやデザイナー向けカラーマネジメントモニター市場で高いシェアをもっています。



はじめに

 11月7日にEIZOガレリア銀座で開催されたEIZOセミナーでカタログやWeb説明、仕様に載っていない秘密を聞いてきました。例えば、C@T-oneのデザインミーティングには非常に時間が費やされていて、開発期間を1年半、うち構造設計に2ヶ月もかけたそうです。デザイン・ディレクター(デザイナー・医学博士)の川崎和男氏(2014年12月 OCNブログ人のサービス終了、移転先未確認 旧URL http://artgene.blog.ocn.ne.jp/kawasaki/ ) と長時間使っても疲れないリモコン機能マウスの開発の構想が以前からあったそうです。


 「C@T-one」の名前の由来については“The computer and the TV come together as one.”からということに公式にはなっていますが、マウスから発想して、ねずみ→ねこ→いぬという関係からしゃれで付けたという話もお聞きしました。


 前々から当ブログでは、EIZOの液晶テレビ フォリス / FORISシリーズと、液晶モニターフレックススキャン / FlexScanシリーズを推奨してきましたが、それは現在でも変わりません。今日は改めてEIZOのどこがいいのかについて記事を書きます。


私のおすすめ液晶テレビ 「FORIS.HD」「C@T-one」

EIZOの液晶テレビはここすごい


EIZOダイレクト


HDMI × 3

 ゲーム機やDVD/HDDレコーダー、ビデオカメラを全部接続できるようにHDMI接続端子を3つ装備しています。うち1つは右側面にあるからHDMIケーブルの着脱もらくらくです。

1080/24p対応

 映画と同じ毎秒24フレームの1080/24p出力が可能。1080/24p記録のBDソフトを映画と同様の品位で再生できる。映画のようなフィルムテイストを味わえるから、自宅でもBDソフトの映画を本格的に楽しめます。ちなみに一般的なテレビは毎秒30フレームです。


PC入力対応

 パソコンの表示出力デジタル/アナログの両方式に対応。DVI-I 29ピン(HDCP対応)を装備。著作権保護規格HDCPに対応しているから、パソコンに内蔵しているブルーレイドライブや地デジチューナーの画像も表示できます。




<EIZO Galleria GinzaでFORISのどこがすごいのかを見てきた>
EIZOガレリア銀座




<EIZO FORIS.TVとFORIS.HDのあるリビング>
EIZO FORISスタイル

 FORISは豊富な接続端子と表示モードを持っているので実際にはこんな風に2台置くこともなく、1台でテレビもゲームもパソコンもつなげられるのですが・・・ FORIS.TVとFORIS.HDを比較してみてみることができるのでとても参考になります。



<FORIS.HD DT24ZD1とDT27ZD1>

EIZO FORIS.HD DT24ZD1とDT27ZD1比較


 左は、WindowsのInternet Explorerでインターネットにアクセスした画面、右はテレビ放送の画面です。24V型、27V型どちらも、テレビとしてもパソコン用モニターとしてもテーブルで使うのには最適なサイズです。予算と設置場所の都合でどちらにするか決めればいいでしょう。


 まぁ、いざ自分用に買うとなると、24V型 DT24ZD1にするか、もう一回り大きい27V型のDT27ZD1にするか迷いますがこうして見てみると、どうでしょうか。24Vは小さく感じないですし、27V型もそれほど大きく感じないので、不思議です。


 今、20~24インチを使っている人は27V型(27インチワイド)がおすすめです。15~19インチを使っている人は、24V型でも画面の大きさと見易さに満足できると思います。



<細かい部分までよく造られたFORIS>

FORIS.HDのインターフェース


 自動的に明るさを調整するためのセンサーが電源の左側(グリーンの四角い部分です)があり、周囲の環境に合わせて最適な輝度に調整されます。コントラストに関しても表示している映像の内容を内蔵しているASICがリアルタイムに計算して自動コントラスト調整をしているそうです。

 スピーカーは小さいながらも音の広がりを良くする独特の形状をしています。



FORIS.HDの細部へのこだわり


 高精細な液晶パネルを使用しているので、24V型でもフルハイビジョン(1920 x 1080ドット)の解像度の表示をサポート、Windowsなどのパソコンの画面表示ではWUXGA (1920 x 1200ドット)の解像度の表示をサポートしています。赤色のアクセントのデザインの部分の内部は、端子が隠されていてケーブルマネジメントが良いので配線はすっきりしています。ホコリなどから使わない端子を守る効果も期待できるので見た目だけでなくメンテナンスの面から考えても良い方法です。あと、通風孔が六角形をしています。すべて穴が空けられているわけではないところもこだわりが感じられるポイントです。






「FORIS.HD」「C@T-one」おすすめポイント



自然な映像を疲れないスタイルで


 とにかく自然な映像の表示にこだわっています。電子技術が発達している今日、バリバリの輝度、コントラストで鮮やかさを強調したり、色調を際立たせて派手にすることは簡単です。EIZOは、映像ソースに忠実に表示することが最重点になっていて、加工しすぎないので本物の映像を楽しむことができると考えています。


 EIZOが考える高画質、EIZOのコンセプトのナチュラルコンフォートは自然な表示と映像の作り手が伝えようとしている内容に合わせて表示することに重点を置き、コントラスト拡張、明るさ自動調整、黒レベル自動調整、自動シャープネスといった機能によって実現しています。



ちょうど、EIZOセミナーの後の撮影時間は中型のニュースの時間帯でしたが、現場の中継やスタジオの切替でめまぐるしく表示される内容が変わっていましたがよく追従できていると思います。


<生花の映像>
花映像とFORIS.HD

 色合いの変化がきちんと表現されています。



<記者会見の映像>
FORIS.HD ニュース視聴

 白系の壁をバックにした映像ですが、まぶしくならないように調整されているので目が疲れにくいです。


<船上生中継>

FORIS.HD映像へのこだわり

 黒つぶれすることなく水面やライトアップ、イルミネーション、夜景が判別できます。



<美容室中継>
明るい映像 FORIS.HD DT27ZD1-BL


 一転、明るい美容室店内の映像に切り替わりましたがこれもバッチリです。


<FORIS.HD添付のリモコン>
FORIS.HD リモコン

 写真のリモコンがFORIS.HDに標準添付されているリモコンです。頻繁に利用するチャンネルや音量については

ボタンの色がグリーンブルーになっています。カーソルボタンや番組表ボタンなど一般的な地デジ対応テレビのリモコンと同じようなボタンが搭載されています。




新感覚の操作ツールを提案


<リモコン機能付マウス 「C@T-one」>
テレビリモコンとPCマウスが一体化


キャット・ワン

 ボタンの色について、 チャンネルや音量についてはボタンの色がグリーンブルーに、電源ボタンがレッドになっています。これは、標準添付のFORIS.HDリモコンと統一されています。気付かない人もそれはそれで幸せかもしれませんが、製品レビューをしたり、ユーザーとして使う側にとってはこういった気遣いがうれしいですね。




「FORIS.HD」「C@T-one」の良いところ

 EIZOセミナーでのお話を聴いて、そして自分で製品を触って感じたフォリスとキャット・ワンの良いところを箇条書きにしました。


・使う人のことを考えて設計し、考え抜いて製品化している。

・しっかり丈夫に造ってある。

・末永く使ってもらうことをきちんと考えている。

・シンプルでありながら、こだわりのある"ものづくり"、いい仕事をしている。

・日本の石川県で設計して組立ていているMade in Japanの製品である。




システム例
(1) TV(地デジ)とPCをいっしょに楽しむ

 FORIS.HDはピクチャーインピクチャー(PinP)機能による 2画面モード が使えるから、パソコンをしながらちょっとテレビを見れます。PinPのオン/オフは、キャット・ワンを使えば、マウスをテレビリモコンに持ち替えずに、くるっとひっくり返してリモコンを押せばテレビをコントロールできちゃいます。

 C@T-oneはEIZOの液晶テレビFORIS.HDやFORIS.TVに対応しているのはもちろん、他社の液晶テレビやプラズマテレビのリモコンとしても使えるマルチリモコン対応です。マウス接続可能なパソコンはWindowsとMacどちらでもOK、USBポートが一つあれば使えます。



(2) TV(地デジ)とゲーム機(PS3やWiiなど)も楽しむ

 FORIS.HDはテレビとパソコンを繋ぐだけでなく、ゲーム機やDVDレコーダー、ビデオカメラなど映像機器(AV機器)を接続して使うのにも最適です。HDMI 3端子を初めとして、D端子、S端子、コンポジット端子も付いています。


まとめ
 こんな人、こんな使い方をする人に特におすすめです。


・無駄なものは持たずに良いものだけに囲まれて豊かに暮らすシンプルライフ思考の方

・テレビ、パソコンが大好きで片時も離さない人
・効率の良い行動が得意で、面倒なことは避けたい人



◎アナログテレビからデジタル対応テレビに買い換えるのならテレビとPCモニターを1つにまとめて設置スペースを減らしましょう。


◎テレビ、DVDレコーダーなどとパソコンを両方いっぺんに使って、時間を効率よく使えるようになります。


◎ちょっとこだわった製品が好きな人には 「FORIS.HD」と「C@T-one」はきっと満足してもらえるはずです。



昨年最初にFORIS.HD見たときの感動が今なお輝き続けそのままです。

EIZO製品は製品寿命が長いだけでなく、旬の時期も長いです。発売1周年を迎えてキャンペーンもやっています。
小さくてもフルハイビジョンの液晶テレビFORIS.HDにもれなく素敵なプレゼントが当たる




仕様情報


国内主要テレビメーカー各社対応のマルチリモコンとワイヤレスマウスが一体化

リモコン機能付きマウス C@T-one

■商品概要

リモコン機能付のスクロール・2ボタン ワイヤレスマウスです。


商品名 C@T-one
商品型番 C@T-one
発売日 2008年09月12日
販売価格(税込) ¥12,600


⇒ C@T-oneの特徴・仕様



■リモコン対応機器(ナナオ)

リモコンID 機種
1 DT24ZD1、DT27ZD1、SC20XD2、SC26XD2、SC32XD2、SC19XA1、HD2452W
2 SC26XD1、SC23XA1
3 VT23XD1, VT32XD1


■AV機器リモコン対応メーカー一覧

テレビ ナナオ(標準)/シャープ/パナソニック/ソニー/東芝/日立/三菱/パイオニア/ビクター/サンヨー/フナイ
モニター ナナオ(HD2452W)
ビデオレコーダー シャープ/パナソニック/ソニー/東芝/日立/三菱/パイオニア/ビクター
デジタルチューナー シャープ/パナソニック/ソニー/日立/フナイ/マスプロ/八木アンテナ
CATVチューナー パナソニック/パイオニア/HUMAX/NEC

※リモコンコードに対応した機種のみ動作します。
※上記他メーカー製品との互換性を保証するものではございません。


製品詳細→ リモコン機能付きマウス C@T-one




27V型 地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョン液晶テレビ

本体色フォリスブルー(紺):液晶テレビ FORIS.HD DT27ZD1-BL




本体色ホワイト(白):液晶テレビ FORIS.HD DT27ZD1-WT

型番: DT27ZD1

カラーバリエーション:
 フォリスブルー(BL) DT27ZD1-BL
 ホワイト(WT) DT27ZD1-WT


定価: オープン価格
    EIZOダイレクト特価 147,000円


放送メディア通信
 <テレビ放送3波対応・ネットワークTV対応>
 地上デジタル、BS/110度CSデジタル、CATV/パススルー対応、アクトビラ ベーシック


映像・画面
 液晶パネル: 27V型ワイド/VAモード
 有効画面サイズ(幅×高さ/対角): 581.76×363.6/686.0mm
 画素数(水平×垂直): 1920×1200
 輝度: 380cd/㎡
 視野角(水平/垂直) : 178°/178°
 映像機能: ノイズフィルター、コントラスト拡張、明るさ自動調整、黒レベル自動調整、ガンマ/色温度調整、自動シャープネス、電子番組表(EPG)


音声
 デジタルアンプ
 スピーカー仕様 フルレンジバスレフ 50mm×2
 音声最大出力 4W×4W(JEITA)


入出力端子
 Sビデオ/コンポジット入力 1、D端子入力(D4) 1、HDMI入力(側面/背面) 1/2、PC入力 映像 1(DVI-I 29ピン/HDCP対応) 音声 1(φ3.5ステレオミニ) 、Sビデオ/コンポジット出力(デジタル放送録画用) 1、光デジタル音声出力 1、アナログ音声出力 1(φ3.5ステレオミニ)、ヘッドフォン出力 1(φ3.5ステレオミニ)、LAN端子 1(10BASE-T)、電話回線(モデム)端子 1


本体寸法(幅×高さ×奥行): 634×529×280mm※スタンド含む


質量:14.5kg※スタンド含む


消費電力()内は待機電力: 150W(1.0W以下)


その他機能:
 PinP(ピクチャー・イン・ピクチャー)、オフタイマー、チルト 上10°/下5°、スウィーベル 360°、ケーブルマネージメント


環境対応: Mossグリーンマーク、EIZO Eco Products 2006

保証: 購入日より3年間




24V型 地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョン液晶テレビ

本体色フォリスブルー(紺):液晶テレビ FORIS.HD DT24ZD1-BL

本体色 ホワイト(白):液晶テレビ FORIS.HD DT24ZD1-WT

型番: DT24ZD1
定価: オープン価格
    EIZOダイレクト特価 126,000円


カラーバリエーション:
 フォリスブルー(BL) DT24ZD1-BL
 ホワイト(WT) DT24ZD1-WT


放送メディア通信
 <テレビ放送3波対応・ネットワークTV対応>
 地上デジタル、BS/110度CSデジタル、CATV/パススルー対応、アクトビラ ベーシック


映像・画面
 液晶パネル: 24V型ワイド/VAモード
 有効画面サイズ(幅×高さ/対角): 518.4×324.0/611.3mm
 画素数(水平×垂直): 1920×1200
 輝度: 360cd/㎡
 視野角(水平/垂直) : 178°/178°
 映像機能: ノイズフィルター、コントラスト拡張、明るさ自動調整、黒レベル自動調整、ガンマ/色温度調整、自動シャープネス、電子番組表(EPG)


音声
 デジタルアンプ
 スピーカー仕様 フルレンジバスレフ 50mm×2
 音声最大出力 4W×4W(JEITA)


入出力端子
 Sビデオ/コンポジット入力 1、D端子入力(D4) 1、HDMI入力(側面/背面) 1/2、PC入力 映像 1(DVI-I 29ピン/HDCP対応) 音声 1(φ3.5ステレオミニ) 、Sビデオ/コンポジット出力(デジタル放送録画用) 1、光デジタル音声出力 1、アナログ音声出力 1(φ3.5ステレオミニ)、ヘッドフォン出力 1(φ3.5ステレオミニ)、LAN端子 1(10BASE-T)、電話回線(モデム)端子 1


本体寸法(幅×高さ×奥行): 565×483×280mm ※スタンド含む

質量:13.0kg※スタンド含む

消費電力()内は待機電力: 120W(1.0W以下)


その他機能
 PinP(ピクチャー・イン・ピクチャー)、オフタイマー、チルト 上10°/下5°、スウィーベル 360°、ケーブルマネージメント


環境対応
 -Mossグリーンマーク、EIZO Eco Products 2006


保証:購入日より3年間





購入方法

EIZOの直販サイト「EIZOダイレクト
このページから購入できます。ネットで簡単注文、安心のメーカーEIZO直販Webサイトです。


実物を見て、すぐにお持ち帰り購入をしたいという人には、株式会社ナナオ EIZO直営ショップ「EIZOガレリア」をおすすめします。キャンペーンもあるので行ってみるだけでも価値があります。
EIZO Galleria 来場者&アンケートキャンペーン実施中!




製品レビュー記事


EIZO新商品発表会 FORIS.HD DT27ZD1 / DT24ZD1 写真&レビュー

EIZO FORIS.HD DT27ZD1 体験レビュー、新商品発表会レポート

C@Tがうちにやってきた / EIZO リモコン機能付マウス C@T-One キャット・ワン

EIZO C@T-One マウスとリモコンが一体になった!!



セミナーについての記事

 製品の企画から設計、実際に試作に至るまでの苦労話やデザイナーとのやり取りなどの秘話を開発担当者から直にお話していただく機会があり、そのEIZOセミナーの模様を別途レポートします。


 製品作りのコンセプトやEIZOの考え方(EIZOイズム)の一部、製品の秘密などを少しですがお伝えできると思います。




EIZOセミナー



EIZOセミナー: EIZO商品体験会

 「FORIS.HD」「C@T-one

日程:2008年11月7日(金)16:00-17:30
内容:FORIS.HDとC@T-oneの商品説明と開発者から苦労話や開発秘話など

講師:株式会社ナナオ 映像商品開発部 新田 竜久氏
会場:EIZO ガレリア 銀座
    東京都中央区銀座3-10-6 マルイト銀座第3ビル1F


そのレポート記事はこちら EIZO商品体験会 「FORIS.HD」「C@T-one


C@T-one開発秘話

・EIZOの絵創り



EIZOキャット・ワン開発秘話を語る新田氏


お問い合わせ先
 EIZOの直販サイト「EIZOダイレクト」へのご質問・購入相談はこちら

EIZOの最新製品は EIZOダイレクト (特選街情報)




特選街 nx-stationさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス