どうも、こんにちは。

 本日9月20日、中野区に唯一ある児童養護施設『愛児の家』にお邪魔させてもらいました。

何故行ったのかといいますと、目黒区女児虐待死事件をニュースで見て5歳の可愛い女の子が義父・母から

食事を与えられず、暴力をふるわれ最後は見殺しにされた非常に悲しい事件を通じて、私自身、憤りを感じましたし

何か出来ないか?と考えて辿り着いた行動です。

 

微力ながら、寄付をさせていただきました。

 こちらの施設は園長さんの祖母が戦争孤児を集めたのが始まりであります。私財を投げ打って戦後、上野駅近辺に

1万人ほどいた戦争孤児を最大で100名も面倒見たそうです。

そして実の娘さん、お孫さんという形で継承され、今に至る温かみ溢れる児童養護施設に今はなっており、子供達も元気に

遊んでおりました。挨拶をすると笑顔で返す子供、恥ずかしがって顔を隠す子供 みんな可愛かったです。

ただこのような子供達の7割程度の割合が虐待という形で、こちらに来るみたいです。

 

 今回このような行動ができたこと自体、非常に誇りに思いますし、励みになります。 全てはお客様がいるから、出来てることだと思っています。有難うございます。継続的に支援していけるよう 社員一同、仕事に精進して行こうと思います。

 

 結愛ちゃん どうか安らかに成仏してください。