【お金で学ぶさんすう@京都市山科】 | 数学とことばを愛でるとがのえみのブログ

数学とことばを愛でるとがのえみのブログ

数学にと教育に関わる仕事を通して培った感性やメッセージを私詩的にお伝えしていきます。


テーマ:



さんすう脳でらくらく子育て☆

理系子育てアドバイザー
とがのえみのブログです



【お金で学ぶさんすう@京都市山科】


6月10日(土)

住山志津枝さんが主催される
ゆうちょ財団活動助成事業の



これならできる!!親子で身につける

やりくり力×お料理力×さんすう力



の講座に参加してきました(^^)


同じ京都の方で算数活動に力を入れて
いらっしゃる方がいるんだ!


と私も嬉しく楽しみに参加せていただきました☆



↓↓詳細はこちらのバナーをクリック




住山さんは

ファイナンシャル・プランナー(FP 技能士 1 級・CFP®)
ゆうちょ財団金融教育支援員
簿記 1 級


等の資格をもとにわが子の子育てを通して


「なぜ勉強しなければならないの?」



知的障がい、発達障がいあるこども達からのそうした疑問に、
お金目線から答えることで、


学校の勉強の必要性を伝えていらっしゃいます。



私と同じ京都のママさん
そして算数教育に力を入れていらっしゃるとのことで


大変興味深く見学させていただきました


同じく見学に来ていらっしゃった


長棟治夫さんは滋賀県草津市より
お見えになったファイナンシャルプランナーさん


教育の現場やシニア向けのライフプラン相談
でもご活躍です


家族で楽しめるお金かるた


等もご紹介して下さいました


また、千葉県よりお見えになった
椎名浩子さんは、これから児童福祉事業で
活動を展開しようと準備中の女性でした


そして私、とがのえみは数学教育の関係者


住山さんのご活動そのものが
色々な要素を含んでいるからこそ



色々な立場の専門家の方が興味を
持たれて見学に来られています



見学の方は毎回募集されますのでぜひ♡
http://okane-sansuu.com/2017/05/16/yuucho_ivent/




私も見学をさせていただきながら
大変勉強になりました(^^)


さすがはFPさん、
きっちり、はっきり、てきぱきと


発達障害のあるお子さん、親御さんに対しても
大変分かりやすくていねいに、


そして、「視覚化教材」を上手に使って
講座を展開されていました



視覚化教材とは・・・



講座のスケジュールを
イラストと写真と文字でタイムテーブルにして作成






A4用紙をタテ切りにし、
タテ3枚分つないだものを折りたたんで



カードサイズに収まる工夫に「愛」を感じました!




視覚化の工夫は「必要な子ども」にはなくてはならないもの
「必要でない子ども」にはあって助かるもの


なので、すべての子どもにとって



大人のほんの少しの工夫が学びを助ける
アイテムとなるのですね(*^_^*)




はい。気になる活動内容ですが・・・


具体的な実践内容はまた次回のブログで
ご報告させていただきます☆


楽しみにお待ちください(^o^)



今日もお読みいただきありがとうございました

よい休日を過ごされますように☆





理系子育てアドバイザー
☆☆とがのえみ☆☆



+++++++++++


京都府京田辺市でのこちらのプロジェクトも目が離せません。
ご支援よろしくお願いします。
↓↓ 



とがのえみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス