天候悪化で後半グループは山頂まで行けずボトムセクションのみ走行となりました。不完全燃焼ですが山の天気にはなす術もありません。リーフは冷却準備万端でさあやるぞ!という矢先に雹と雨で中断。ボトムのみ再開した時には前半ドライ路面、ところが後半ウエット&濃霧とやはり上まで走れる状況ではありませんでした。後半ウエット区間はADVAN FLEVAのウエットグリップが本領発揮しハイパワー車を相手に2番手タイムも出てました。このままウエットで山頂まで行ければ。。。今回のパイクス応援してくださった皆さん、サポート企業様、チームスタッフ皆さん、ありがとうございました!また来年もパイクス来たいなー。VWのEVカーでRomainがついに7分57秒。ローブ/プジョーの記録を更新、その現場に立ち会えただけでも良かったかな。

Fumio Nutaharaさん(@nutahara)がシェアした投稿 -