本日もブログをご覧いただきありがとうございますニコニコ

 

 

看護学生の味方★谷口ですおねがい

 

 

 

 

 

いつも当店をご利用頂き

 

ありがとうございますm(_ _ )m

 

 

 

 

 

看護師国家試験問題の中には、

 

覚えていないと解けない問題というものがあります星

 

 

覚えている人にとってはラッキー問題なので、

 

確実に点を稼ぐためにも

 

色んな知識を蓄えておきましょうひらめき電球目

 

 

 

 

 

それでは今日の問題です!!ニコニコ

 

 

 

 

 

受付事務員から、「女性の患者さんが腹痛を訴えている」と報告がありました。患者さんのもとに駆けつけると、顔面蒼白で、冷や汗をかき、腹部を抱えて前屈姿勢で「痛い」とうなり声を上げてガタガタと震えています。左上肢に触れると、じっとりとした汗をかいており、脈拍の触れが弱いことに気付きました。この患者さんに見られる次の症状の中で、「ショックの5徴」に当てはまらないものはどれでしょうか?


1.顔面蒼白

2.冷汗

3.発熱

4.脈拍の触れが弱い

 

 

 

 

 

ここで登場する

 

 

「ショックの5徴」

 

 

とっても覚えやすい画像がありましたので、

 

参考にさせて頂きます照れラブラブ

 

 

 

 

 

それでは解答と解説です星

 

 

 

 

 

正解は、

 

 

3番キラキラ

 

 

3.発熱

 

 

 

「ショックの5徴(5P)」とは、

 

ショック時に見られる共通の症状である、

 

 

「蒼白(pallor)」

 

「虚脱(prostration)」

 

「冷汗(perspiration)」

 

「脈拍触知不能(pulseless)」

 

「呼吸不全(pulmonary insufficiency)」

 

 

のことをいいます。

 

※引用元:「https://twitter.com/oekakigorou3」

 

 

すべてのショック患者さんに、

 

すべての徴候が表れるわけではありませんが、

 

ショックの5徴のような、

 

特徴的な症状が見られた場合は、

 

この後、急激な血液循環障害により、

 

重要臓器の機能障害を来す状態、

 

つまりショックに陥る可能性が高いと判断します。

 

そのため、すぐに対応できるよう、

 

準備を行うことが必要です。

 

 

 

 

 

ちなみに、

 

「発熱」

 

ですが、

 

 

38℃以上または36℃以下の体温は、

 

SIRSの診断基準の一つとして含まれていますが、

 

ショックの徴候ではありません。

 

 

 

 

 

どんな覚え方でも良いので、

 

覚えることで得点できるような問題は、

 

確実に覚えて

 

正解できるようにしましょうキラキラキラキラ

 

 

 

 

 

本日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

私が学生時代に学習した

 

解剖生理学や、国家試験の学習方法などを

 

わかりやすい教材としてデータ・商品化しています。

 

必ず実習・国試対策に役立つでしょうキラキラキラキラ

こちらの記事を参照してください。

 

 

 

 

 

看護学校に関しては、

こちらの記事を参照してください。

 

 

 

 

 


「どうやって国試の勉強をしたらいいですか??」

 

 

「この手術はどういうものですか??」

 

 

「この疾患について調べたけどわかりません!」

 

 

 

など気になること

ご不明な点などございましたら

お気軽に、お問合せください。

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら → お問合せ

ショップはこちら → 看護学生のためのお助け情報サイト★

 

 

あなたが有意義な看護学校生活を送れますように。。。クローバー