本日もブログをご覧いただきありがとうございますニコニコ

 

 

看護学生の味方★谷口ですおねがい

 

 

 

 

 

いつも当店をご利用頂き

 

ありがとうございますm(_ _ )m

 

 

 

 

 

あなたは大丈夫!?

 

 

今日は、看護師国家試験の

 

よくある「不合格パターン」

 

をご紹介いたしますビックリマーク目

 

 

 

これを読んで、

 

同じ轍を踏まないように

 

注意して勉学に励んでくださいね星

 

 

 

 


私の職場の先輩や、

 

長年看護師国試対策を指導してきた先生が

 

教えてくれた、よくある「不合格パターン」

 

は2つありますガーンあせる

 

 

 



①「たぶん、きっと大丈夫!」

自分の実力が分かっていない楽観的すぎるタイプ

 


看護師国試の合格率が約90%と高いことから、

 

 

「それほど頑張らなくても合格できる!」

 

 

と思い込んでしまっているタイプ・・・。

 

 

 

成績があまり良くないのに、

 

 

「なんとかなるでしょ!」

 

 

と楽観的すぎる見通しのまま、

 

あっという間に最終学年を迎えてしまいがちです・・・。

 

 

 

国試対策を頑張り始めるのは実習が終わってから、

 

さらには年が明けてからという学生さんもいるのが現状です。

 

 

 

もちろん、たった1~2か月間で

 

広い出題範囲を網羅的に勉強するのは難しく、

 

あえなく不合格ということも。

 

 

せめて、あと数か月早く対策を始めていれば・・・。

 

 

最終学年に上がるまでに、

 

基礎は固めておきましょうひらめき電球

こちらの記事を参照してください。

 

 

 



②コツコツ頑張ってはいるけれど、

効率が悪く周りが見えていないタイプ
 

 

一見、まじめに勉強を続ける優等生だけれど、

 

学習の効率が悪く、

 

結果につながりにくい人。

 

 

例えば、出題率の低い分野や難問まで掘り下げすぎて、

 

本当に必要なことに時間を使えていないといったタイプです。

 

 

 

学校や予備校で周囲の人の勉強方法を気にすることなく、

 

焦るあまり自宅にこもって

 

自己流で頑張り続けるような学生さんは要注意ですビックリマーク目

 

 

 

周囲を見渡してしかるべき人に相談し、

 

冷静に自分の勉強方法を見直すことができれば、

 

 

「合格」

 

 

の二文字は大きく近づきますよニコニコキラキラ

 

 

一人で頑張り過ぎず、

 

周りの人を頼ることや、

 

私のブログなどを参考にして下さいねルンルン

 

 

 

 

 

本日もご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

私が学生時代に学習した

 

解剖生理学や、国家試験の学習方法などを

 

わかりやすい教材としてデータ・商品化しています。

 

必ず実習・国試対策に役立つでしょうキラキラキラキラ

こちらの記事を参照してください。

 

 

 

 

 

看護学校に関しては、

こちらの記事を参照してください。

 

 

 

 

 


「どうやって国試の勉強をしたらいいですか??」

 

 

「この手術はどういうものですか??」

 

 

「この疾患について調べたけどわかりません!」

 

 

 

など気になること

ご不明な点などございましたら

お気軽に、お問合せください。

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら → お問合せ

ショップはこちら → 看護学生のためのお助け情報サイト★

 

 

あなたが有意義な看護学校生活を送れますように。。。クローバー