本日もブログをご覧いただきありがとうございますニコニコ

 

 

看護学生の味方★谷口ですおねがい

 

 

 

 

 

今回、

 

看護大学に在学中の学生さんから

 

質問メールを頂きました。

 

 

 

 

 

「私の学校では、

 

養護教諭と保健師免許の取得ができます。

 

看護師免許だけでも少し不安なのですが、

 

これらの免許を取るべきなのでしょうか??

 

回答よろしくお願いします。」

 

 

 

 

 

なるほど、良い質問ですね。

 

 

結論から言うと、

 

 

やる気と、取れる余力があるのなら取るべきだと思います。

 

 

難しければ、無理をしてまで取らなくても

 

よいかと思います。

 

 

 

ちなみに、私自身は

 

養護教諭も保健師も取得しています。

 

 

 

 

 

ここではまず、

 

 

「養護教諭」

 

 

「保健師」

 

 

とは何かを説明していきます。

 

 

 

 

養護教諭とは、

 

保健室などに常駐し、

 

学校内における在学生(幼児・児童・生徒)の

 

怪我・疾病等の応急処置を行ったり、

 

健康診断・健康観察等を通して、

 

在学生の心身の健康を掌る学校職員である。

 

 応急処置を施した際は、

 

医療機関受診の必要の有無の判断を行う。 

 

女性の養護教諭が多いが、男性の養護教諭もいる。

※引用元:「ウィキペディア」

 

 

つまり、保健室の先生というイメ―ジが強いです。

 

 

 

 

 

保健師とは、

 

日本では保健師

 

保健師助産看護師法(以下、保助看法と記す)において、

 

「厚生労働大臣の免許を受けて、

 

保健師の名称を用いて、

 

保健指導に従事することを業とする者」と定めており、

 

大学や保健師養成校にて所定の教育を受けた後、

 

保健師国家試験に合格して得られる国家資格(免許)である。

※引用元:「ウィキペディア」

 

 

つまり、

 

看護師免許同様に国が認める国家資格で

 

保健所や、保健センターで働くイメージが

 

強いですね。

 

 

 

 

この保健師に関しては、

 

就職した病院の給料に、

 

基本給としてプラスされるという

 

ことがあります。

 

それほど重要視されている資格でもあります。

 

 

 

 

 

しかし、

 

どちらの資格も

 

別に持っていなくても看護師として

 

働く上で困ることは全くないです。

 

 

 

ただやる気と余力があって

 

免許を取れる環境にあるのなら

 

取っておいた方がいいです。

 

 

 

その理由は、

 

看護師としても知識が広がりますし、

 

より広い視点で物事を見れるようになります。

 

 

 

そして、将来的に看護師として

 

これからどうなろうかという事を考えた時に、

 

選択肢が広くなり、

 

看護師生活において役に立つことが必ずあると思います。

 

 

 

 

 

ちなみに私は、

 

看護学校の学費が高く、

 

同じ授業料を払うのであれば、

 

多く免許が取れた方がお得だ!

 

というもったいない精神から

 

取得することを決めました(笑) ← 実話です。

 

 

 

 

 

どちらの資格も、

 

看護師免許がなければ使えない

 

資格になりますので、

 

まずは看護師免許を必ず取れるように

 

頑張っていきましょう。

 

 

 

 

 

私が学生時代に学習した

 

解剖生理学や、国家試験の学習方法などを

 

わかりやすい教材としてデータ化しています。

こちらの商品をご覧ください。

 

 

 

 

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 


「どうやって国試の勉強をしたらいいですか??」

 

 

「この手術はどういうものですか??」

 

 

「この疾患について調べたけどわかりません!」

 

 

 

など気になること

ご不明な点などございましたら

お気軽に、お問合せください。

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら → お問合せ

ショップはこちら → ★看護学生の味方★谷口の学習データバンク★

 

 

あなたが有意義な看護学校生活を送れますように。。。クローバー