万城目学『鴨川ホルモー』 | ぬめんちょ君、かく語りき

ぬめんちょ君、かく語りき

辛辣は批評の精神です。そして批評は、進歩と啓蒙の根源なのです。


テーマ:

基本的にはこのブログでは「オススメの作品」を紹介していきたいと思っています。僕が読んだり、観たり、聴いたりした作品の中で、これはぜひとも他の人にも楽しんでもらいたいと思う作品の魅力を、できるだけ分かりやすく紹介したと思っているのです。しかし、「今日はこの本を読んで、この作品についてブログで紹介しよう」と思って読んだ作品が、どこを突いても褒められるべき美質が出てこないような作品である場合、どうしても「オススメできない作品」についてブログを書くことになってしまいます。

そして、今回紹介する『鴨川ホルモー』も、僕なりに必死に「面白い点」、「芸術的に巧みである点」、「他の作品に比べて有意に秀でいている点」を探してみたのですが、残念ながらそれらのうち何ひとつも見出すことができませんでした。「鴨川ホルモー」という奇を衒ったタイトルも、冒頭で期待だけさせておいて実際のところ大したものでもなく尻すぼみで、文体も最低。本人はもっと巧いつもりで書いているのでしょうが、くどくどしくて読むに耐えないです。ストーリーも全く興味を惹かれない上に、テンポが悪すぎるのでいらいらしてしまう。登場人物の誰にも感情移入できないし、何が面白くて他の人はこの作品を読んでいるのか理解に苦しみます。

こんな作品を読むことで時間を浪費するくらいなら、梱包材のぷちぷちをひたすら潰し続けて時間を潰す方がまだマシですね。

ぬめんちょさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス