ハリモグラ 続き | 沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアム公式ブログ

沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアム公式ブログ

このページでは、沼津港深海水族館の飼育員が水族館で会える生物たちの飼育状況や、日々のちょっとした発見などを随時お届けしていきます。
随時更新していきますので、是非ご覧ください。


テーマ:

みなさんこんにちは。

 

 

先日はハリモグラについて久しぶりのブログを書かせてもらいました。

前回のブログに「ハリモグラの針って重いの?」

とのご質問を頂きましたが、

 

 

針そのものは硬いですが、重量はすごく軽いです

さらに針は人間の髪の毛と同じように生え変わります。

面白いのは針の生え方にもかなり個体差があるところですね。

 

 

当館では3匹のハリモグラを飼育していますが、

唯一の男の子グンタくんは他の2匹と比べてもかなり毛(針)が薄いのが特徴です。

ご覧になれるときは注目してみてくださいね。

 

 

 

 

さて、前回のハリモグラたちの体重測定。

1匹ずつ容器に入れて測っていきます。

 

 

以前はモグラを体重計にのっけて測っていたんですが、

あまりにも暴れて正確に測れなかったので、容器ごと計測する方法にチェンジ。

 

 

計測の結果、

一番重い子で4キロ少々。

他の子たちが3キロ少々といった結果です。

 

 

ここ数年定期的に計測していますが、

1年の中でも夏に痩せて、冬に太る傾向にあります。

やっぱり夏バテで食欲が落ちたりするんですかね?

 

 

夏になると冬場の体重と比べて体重が8割ほどまで減ることもあります。単純に50キロの人間が夏場になると40キロと考えるとちょっと怖いですが、

そんな体重変動を繰り返していますね。

 

 

 

日中はなかなか動いてくれないハリモグラですが、

寝ている姿もかわいいですよきらきら

そーと見守ってあげてくださいねぐぅぐぅぐぅぐぅ

 

 

フトタ

 

 

 

 

 

 

沼津港深海水族館さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス