クマノミみたいにはいかない。 | 沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアム公式ブログ

沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアム公式ブログ

このページでは、沼津港深海水族館の飼育員が水族館で会える生物たちの飼育状況や、日々のちょっとした発見などを随時お届けしていきます。
随時更新していきますので、是非ご覧ください。

みなさん、こんにちは。




キノコ岩の水槽に水族館の人気者!

カクレクマノミが登場しましたクマノミ










クマノミといえば、

イソギンチャクと共生している

ことでも有名ですねっイソギンチャク





でも、みなさん。

イソギンチャクなら何でも良い

なんてことはないのです!



イソギンチャクにも色々あるのですグー

クマノミにだって好みがあるのです。




カクレクマノミと相性が良い

イソギンチャクとして、









今回登場したのが、

ハタゴイソギンチャクです。


↓コチラ












ハタゴイソギンチャクに

入っているクマノミたちは

本当に気持ち良さそう…




「もぞもぞ」


「すぽっ」




みなさんも一度は、入ってみたいな~

なんて思ったことあるのでは?







でもでも、大間違いno good

絶対に入ってはいけませんよ←





実は、ハタゴイソギンチャクをBYから

水槽に移動する際…





わたくし。

見事に刺されてしまいましたイソギンチャク










その時の腕の様子です…。




ぎゃー!


見事に赤く、

痛いことになってしまいました。






前回、素手で触っても

なんてことなかったのに、なぜ。






※他スタッフに聞いたところ

普通は素手では触らないとのことでした。







でもでも、こんなに刺胞毒を出して

調子が良くて、元気な証拠だっ!

というポジティブに受け止めることにしました。




(あっブログネタになる!とも思いました。)










でも、結構痛いので

みなさんは手袋をはめてから触るように

気を付けてくださいね…(笑)





というか、機会がなければ

あまり触らない方が良いかと思います。





怪我の代償としてなのか、


ハタゴイソギンチャクは立派にそびえ立っています。

まるで、ブロッコリーのように。ブロッコリー







水槽では可愛らしい

クマノミとイソギンチャクの共生の様子を

見ることが出来ます♪









ぜひ、会いに来てくださいね。



バナナ 山口 バナナ