たかたのゆめ | 沼田屋のブログ

沼田屋のブログ

岩手・三陸の宿「沼田屋」や陸前高田市、気仙地域の情報をお伝えします。


テーマ:

いままで沼田屋では、味や食感がソフトで和食全般と相性の良い「ひとめぼれ」を提供していました。


「こしひかり」や「あきたこまち」は味や香りや粘りが強いので、焼肉やハンバーグなど味の濃い料理には合いますが、あっさりした和食には不向きだからです。


ひとめぼれの長所を生かすには、柔らかめに炊いた方がいいのですが、酢飯にしてしまうとビチャビチャになってしまい、あまり好ましくありません。寿司屋でよく使われていた「ササニシキ」は、今は入手困難です。


そこに登場したのが、陸前高田オリジナルブランド米「たかたのゆめ」です。




大粒でしっかり粒感があり、さっぱりと滋味のある味わい。冷めてからの食感があまり変化せず、冷めても美味しい。という特徴があるようなので、お寿司にも合いそうです。もちろん、温かくても美味しいです。


「たかたのゆめ」の両親は、「ひとめぼれ」と「いわた3号」という事なので、子どもの「たかたのゆめ」も和食に合うお米です。地物なので、是非、お客様にも食していただきたい…という事で沼田屋では「たかたのゆめ」を提供していきたいと思います。

(収穫が少ない時や価格高の時など、提供できない場合もございますのでご了承ください)


「たかたのゆめ」の詳しい情報はこちらでご覧くださいhttp://takatanoyume.big-apple.info/




沼田屋ホームページ   http://numataya.3zoku.com/syukuhaku.html



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス