上の写真の方の主訴は前歯2本の歯並びをよくしたいです。

私どもは、歯をあまり削りたくないので第一選択は歯列矯正です。

 

治療期間の兼ね合いからセラミックス治療を選択されました。

そこで比較的歪みの少ない右上をさわらずに左上のみをセラミックスにするか両方セラミックスにするかを模型を作製し選んでいただきました。

 

患者さんは下の模型のような両方セラミックス治療を選択しました。

模型をもとに仮歯をつくります。

その後、型どり。

2本なのにいつものような糸を巻いてるのは、1本?

このように、歯どうしが近い場合は2本を同時に型をとると歯肉が傷んでしまうので、別の日に型どりします。

くっきり精密に型がとれてます。手間が大変かかります。

そうしてできたのがこれ。

術前

術後

 

セラミックスの適合を自分なりに最大限にしているので、歯もきれいですが、歯肉もきれいにできてます。

以上のように突き詰めれば手間はかかります。

 

頑張って頂いた患者さんにも感謝です。

 

 

今回は歯を削らない治療です。

 

 

しばしば見られる前歯のすき歯、医学用語では正中離開といいます。

医学的にはなにも問題はないので特に医院側から積極的に説明することはないのですが、

審美的には気になっている方も多いと思います。

 

第一選択は矯正治療ですが、治療期間を考えると二の足を踏んでいる方も多いとおもいます。

でも、ダイレクトボンディングという方法で保険適用外のプラスチックを使用すれば、

 

 

こんな風に一切歯を削ることなく正中離開を解消させることも可能です。

 

これだけでかなり見た目の印象はかわりますね。

 

回数は約3回です。

 

この方法は虫歯治療に適用することも可能です。

通常の虫歯治療よりも格段に精度が高く、丈夫になります。

まず仮歯できれいな炎症のない歯肉をつくります。

 

下の写真は仮歯を外した状態です。

 

 

 

型取りの前に歯肉と歯牙の境目に下の写真のように細い糸を入れます。

 

 

セラミックス治療の前歯でこの操作がないのはありえません。

 

そうして型を取ったところです。この材料も特殊は型取りの材料です。

 

くっきりとセラミックス予定の部分の型がとれてます。

 

 

 

このように手間をかけることで適合のよいセラミックスの作製が可能となります。

 

適合のいいかぶせものは歯牙の寿命が延びることも論文であきらかになっております。

 

 

簡単に説明しておりますが、書ききれない工夫もたくさんしております。

 

 

 

 

 

 

精密な治療




正面向かって左の前歯1本がオールセラミックスです。 術後です。


保険適応の人工歯を製作する場合は制約があるため最低限の材料、方法で


の作製になりますが、自由診療では、医院の最大限の材料、方法、技術


人工歯を作製することができます。


次回から作製方法を説明していきます。