ホームページから問合せがあるには、自分や商品の魅力を伝える文章が必要でしょうか?  | 【相見積ゼロ】契約ゼロから売上2600万円を実現させる!ホームページライティングの秘密

【相見積ゼロ】契約ゼロから売上2600万円を実現させる!ホームページライティングの秘密

「やっぱりホームページからの契約なんてむずかしいよなぁ...」と嘆いている社長さんへ
10年間売上ゼロが2600万円を稼ぐホームページに大変身させる!「相見積ゼロ」を実現させるホームページライティング秘密を大公開。


テーマ:

いつもありがとうございます。 


人生の語り部 

秋田俊弥 

です。 




「ホームページから問合せがあるには、 

自分や商品の魅力を伝える文章が必要でしょうか?」 


ホームページをお持ちの読者から 

このような質問が来ました。 



とくに、 


「自分や商品の魅力を伝える文章が必要でしょうか?」 


このことは、よく質問されることです。 




今日は、この質問に、 

ズバリ!お答えしたいと思います。 




マーケティングや 

ライティングの世界では、 

このようなことがよくいわれます。 



「エッジの効いたキャッチコピーを 

書かないと、 

ホームページやブログは、 

読まれないですよ。」 




「エッジの効いたキャッチコピー 

≒ 魅力的な文章」 

を作る必要がある、 

というところでは 

共通していますよね。 




では、 

わたしの作るホームページではどうか 

といいますと、、、 



ズバリ! 


エッジの効いたキャッチコピーや 

魅力を伝える文章は 

必要はありません。 




文章力”ゼロ”!!!!! 



で大丈夫なんです^^) 




多くの人は、 

「文章は、考えて作る」 

ものと考えています。 



そうすると、 

文章力が必要だ、 

と考えてしまいますよね。 



文章は、 

考えない! 

作らない!! 

ひねり出さない!!! 

のです。 




なにぃ~!? 


ですよね(笑) 




それでは、その証拠に 

この方のホームページを見て 

いただけますか? 

https://www.lineup-car.com/sp3/



(車の写真がないので、 

パッと見ると車屋さんだと 

わからないかも 

しれないですね(笑) 



たとえば、 

ホームページのトップページの言葉。 



「品質を下げてでも安く売る 

お店ではないな」と言われる 

安心と信頼のミニバン専門店です。 



「いいこともよくないことも 

教えてくれたので、 

安心して買うことができました」 

と笑顔になっていただくことが 

私たちのよろこびです。 



ここにある言葉は、 

すべて、 

このミニバン専門店のお客さんと 

社長さんの言葉 

からできています。 



わたしは、 

文章を考えていません。 


わたしは、 

文章を作っていません。 




わたしは、 

なにをしたか、というと、、、 



お客さんがしゃべる言葉 

社長さんがしゃべる言葉 

を聴いて、 

選んだだけ… 




ポイントは、 



「セリフを選ぶ」 



ということです。 




「それ、いいですね!」 

という言葉を 

選んだだけです。 



話す人の気持ちがよく出ている 

という言葉を 

選んでいるだけなんです。 




ただ、 

ここ、とても重要でなんです。 



「話す人の気持ちがよく出ている」 



ここに、 

考えた言葉 

作られた言葉 

エッジの効いたキャッチコピー 

との決定的なちがいがあります。 



ぜひ、 

こちらを読んで、 

https://www.lineup-car.com/sp3/interview/interview1.php


「話す人の気持ちがよく出ている」 

実感してみてくださいね。 





今日も最後までお読みいただき、 

ありがとうございます。 



<追伸>

「やっぱりホームページからの契約なんてむずかしいよなぁ...」

と嘆いている社長さんへ


10年間売上ゼロが2600万円を稼ぐ

ホームページに大変身させる!

「理想のお客さん」だけ集客する

ホームページの秘密を知りたい方は

こちらからどうぞ。

https://goo.gl/jVNynL


号泣ライター(43歳以上の社長さんに贈る)@秋田俊弥さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス