こんにちは!マキシマムステートプログラム協会理事の神戸です。

本日は前回お伝えしていた通り、「足裏アーチを崩す原因とは!?について語ります!


まず、「足裏アーチ」って何?

ということで、説明いたしますと、


足裏の土踏まずを形成する3つの支点

①足裏の踵(かかと)

②親指の付け根(母趾球)

③小指の付け根(小趾球)

を結んだトライアングルゾーンのこと。


3つの支点を結んだ「3つアーチ」から

土踏まずが形成され、

足裏はドーム状になっているんです。



この足裏アーチがどれだけ重要かということは、「走る・跳ぶ・投げる」といった運動能力に非常に大切なポイントとしてよく説明されています。


では、この足裏アーチがどのような役割を持っているのか?

その役割とは、大きく3つに分けられます。


(1)理想的な姿勢を保つ


(2)体を「重心から」推進させる(バネ効果)


(3)着地の衝撃を吸収する


つまり、足裏アーチが崩れるということは、

これらの役割が機能しないということなんです!



まず(1)の姿勢を保持する役割

これができなければ、重力による体重負担が大きくなります。筋肉や関節へのダメージが蓄積され続け、重力に耐えきれず骨格がどんどん歪み腰や膝などの各関節が変形していきます。慢性腰痛や膝の痛みなどの原因になります。

体幹が弱まり、心身ともに疲れやすい身体になります。


(2)は、足底のバネ効果によって体を効率よく推進させる役割です。 バネ効果については「青虫などの幼虫が前進する」イメージをしてもらうとわかりやすいとわかりやすいです。

この機能が落ちると、走る・跳ぶ・投げるの運動能力が低下します。

走るのが遅くなりますし、ボールをうまく投げられない子供たちが増えてきているのも、足裏アーチの機能低下が原因になっていることが大きいですね。


(3)着地の衝撃吸収がうまくできなければ、重心が左右に揺れやすく足への衝撃負担が大きくなります。捻挫やアキレス腱を負傷したり、ケガをしやすいだけではなく、膝や腰などのあらゆるスポーツ障害を引き起こす最たる原因です。



このように、足裏アーチは

お子さんの運動能力の向上や、将来の健康を考える上でなくてはならないものなんです!!


驚くべきことに、現代の子供たちの8割以上が足裏アーチが崩れているのです!


厳密に言うと、見た目は足裏がアーチを描いているように見えても、アーチ機能が発揮されていない状態なのです。



なぜ、子供たちの足裏アーチの機能が低下しているのでしょうか?



その原因は、たったの2つです!



それは、


①「靴の選び方」


②「靴ひもの結び方」


たったこの2つです。意外すぎて拍子抜けしてしまうかもしれませんが、これがすべての原因なのです!


これから理由を説明します。


ほとんどの人が「靴の選び方」「靴紐の結び方」を間違えています。

なぜなら、靴に対する常識が完全に間違っているからです。


良い靴の条件とは「足と靴が一体感を持って履ける」こと。

この『一体感』という言葉がキーワードです。



あなたが靴を選ぶときに主役になるのは何ですか?

何のために、その靴を選んでいますか?



そう、もちろん『足』ですよね。


そもそも人間の骨格というのは、「裸足」の上に成り立っています。

決して靴の上では成り立っていません。



いいですか?

「足」そのものに、『姿勢保持』『バネ効果』『衝撃吸収』という機能があるのです。


それを靴に求めてしまうと、足の素晴らしい機能が失われてしまうのです。


あくまでも一体感の主役は『足』です!

間違っても「靴」が主役になってしまってはいけません。


しかし、残念なことにシューズメーカーはこういうことをまったく知らずに靴を開発してしまっています。



こちらの動画をご覧ください。

足裏にフィットするインソールが実はいかに運動機能を妨げているかがよくわかっていただけると思います。



そして、さらに詳しく解説した動画がこちら!

この動画を撮影した後に、ボクシングの日本チャンピオンになった久高寛之選手に出演していただきました。バリバリのトップスポーツ選手でも、驚きの事実です!



靴の選び方は以前の記事にも紹介しているので、こちらをご参考にください。

https://ameblo.jp/nujebmak/entry-12501100482.html


現代のスポーツシューズはほぼ、インソールの形状が足裏の土踏まずにフィットするように作られています。


実はこれがスポーツ障害の一番の原因になっているんです。


良かれと思って購入したシューズのせいで、お子さんがスポーツを楽しめなくなってしまうなんて悲しすぎるじゃないですか!!

・・・でも、それが現状なんです。


靴を選ぶときは、インソールが取り外せるか確認をして、100均などでフラット(平ら)なインソールがたくさん売られていますので、それを靴のサイズに合わせて切り取り、使用してください


もともとフラットなインソールが入っている場合は、内側や踵の巻き込み部分をハサミでカットするだけでオッケーです。





一番手っ取り早いのは、「B-TR(ビートレ)」というインソールを購入していただくと良いです。

一般的な足裏にフィットさせるインソール理論とは真逆の、足裏アーチを育成するために作られたインソールです。

緑色の部分(母趾球ー小趾球ー踵)に盛り上がりがあり、

足裏アーチに強制的に隙間を作り、アーチ機能を発揮させるための仕様になっています。


私もこちらのインソールの代理店をしています。

balance工房オンラインショップ➡︎ https://b-kobo.com/category/item/all/



大事なのは、見た目のアーチを形成するのではなく、

アーチを育て、機能させることなんです。



さて、次の②「靴ひもの結び方」についてですが、これが①の靴選び以上に足にとっては危険なことかもしれません!!



皆さん靴紐を結ぶ時は、靴の中に足を入れて、そのまま脱げないようにギュッと靴紐を締めていませんか?



これは大きな間違いです!

靴屋の販売員も、ほとんどの人が靴紐の正しい結び方を知りません!


これは以下の結び方を学ばれたら、今すぐにお子さんのためにも試してあげてください。


そのままギュッと結ぶと、足裏アーチが崩れますし、足趾(あしゆび)が圧迫されて、靴の中で足の指が動かせません。足の指を動かそうとすると窮屈感を感じるはずです。

その状態では、つま先がうまく使えなくなるということです。足趾の形も悪くなります。



では、正しい靴ひもの結び方とは?


靴紐を結ぶ時は、靴の中でグーを作ってくださいそのまま靴の中で足幅を広げた状態を保ちながら、靴紐をキュキュッと結んでいきます。


そうすると、靴がめちゃくちゃ足に馴染むんです!!

靴は脱げませんし、靴の中で足趾を自由に動かせるようになります。

それだけで走りやすくなりますし、着地が安定して踏み込みやすくなり、反復横跳びのような切り返しも早くなります。


これだけでも、お子さんの今ある実力が1.2倍増しになるでしょう


靴紐の結び方については、わかりやすい動画を近いうちにアップする予定です。期待してお待ちください!


ということで、今回は「足裏アーチを崩す意外な原因とは!?」というテーマについて書きましたが、いかがでしたか?


靴についての間違った常識は、人類のこれからの健康にとってかなり重要な問題です!!


お子さんの将来のためにも、靴選びと靴ひもの結び方には十分気をつけてくださいね。




【大阪でMSPが受けられます】
大阪市浪速区稲荷2-3-10 エトワール桜川1F
ミラクルパフォーマンス・ラボ
TEL 06-6319-8737


【フォロー大歓迎!! 随時有益な情報を配信しています!】

・ミラクルパフォーマンス・ラボ HP
http://www.miracle-performance.com/home/


・LINE@



「お気軽にご連絡ください!!」
一般社団法人マキシマムステートプログラム協会理事
ミラクルパフォーマンス・ラボ 代表
能力開発トレーナー Nuj 神戸 淳