ダマスクコットン大作戦、開幕宣言! | 人形ファンタジーの世界【ボタンウサギの縫々王国(ヌイヌイオウコク)】クリエイター・ナカノカナ

人形ファンタジーの世界【ボタンウサギの縫々王国(ヌイヌイオウコク)】クリエイター・ナカノカナ

大阪のちいさなアトリエで縫々王国(ヌイヌイオウコク)という人形ファンタジーの世界を生み出しています。個展や個人企画を中心に、人形と物語にまつわる活動を展開。

こんにちは、ボタンウサギの縫々王国(ヌイヌイオウコク)ナカノカナです。

 


 

 

縫々王国中央部のダマスク平原では、農家ウサギたちが今日も元気に畑仕事にいそしんでいます。

 

 


育てているのは、穀物や野菜・果実など。
 

彼らは育てることに長けた種族で、

踊るように耕し

踊るように種を蒔き

踊るように収穫をする。

 

つまり、実際踊ってばかりなのですが

のびのびと、心から収穫を楽しんでいるのです。


電子書籍『ボタンウサギと魔法の国 縫々王国①』より


さてさて、ところ変わってここはニッポン。

熊本県の天草市に一軒の柑橘農家がありまして。
 

 

これまで都会で働きながらも、どこか違和感を覚え

夫婦で田舎への移住を決意した山根さん。

 

持ち前の探求心と想像力を活かし、2年の研修期間を経て

柑橘農園『あまくさどろっぷす』として農家デビュー

(奥様は地域おこし協力隊員)。


漁師さんと連携してウニ殻の循環を作ったり

無人島の「うぶ柑プロジェクト」をけん引したりと

天草を愛する積極的な活動が実を結んでいます。




実はこの山根さん、縫々王国とは切っても切れないご縁がありまして。
 

私が縫々王国を始めたばかり(まだ縫々王国という屋号でもなかった)頃。

はじめて声を掛けてくださった、ハンドメイドのネット通販事業におられたのが山根さんで。
 

事業は2年程でなくなってしまったのですが、

その後も付かず離れず見守って下さって。

私としてはどれほど励みになったことか。


そんな、今やすっかり農家の人となった山根さんが

昨年末に声を掛けてくださって。

「無農薬でワタを作りましょうか」って。


昨年のちょうど今頃、『姫路木綿復活プロジェクト』に参加したジーナちゃんと私。

和綿衰退の歴史や、復活のために活動している作家さんたちと知り合い、ベランダでワタの栽培を始めたんです。

 


 

 

「いつか、自分で育てた安心安全な天然のワタで、

ボタンウサギたちを生み出したい…!」

 

そんな大きな夢を抱いていたんだけど

結局、収穫には至らず…発信もフェードアウト。

 

はい、サボテンも枯らしてしまうほどの、超育て下手な私。


けど、山根さんはその活動もひそかに見守ってくださっていて。
天草で縫々王国のワタを作る『ダマスクコットン大作戦』をやろうじゃないか、と!

ワタのことを色々と調べ
耕作放棄地だった土地を開拓し…

 ↓ ↓ ↓

 


 

 

おお!まさしくダマスク平原の開拓の歴史が

天草で繰り広げられている…!

なんと心強い!!

 



収穫できるかどうかは分からないけれど

やってみなくちゃ始まらない。

 

大丈夫。

無限の空想力と開拓精神で!

 

ぬいぐるみを愛する方々に、安心で安全なオーガニックコットンの人形をお届けできるといいな。

ぬいぐるみ作家さんや、お子さんのためにハンドメイドしたいお母さん方にも、安心で安全な和綿(オーガニックコットン)が広がるといいな。

 

私たちの想いをのせて
『ダマスクコットン大作戦』の開幕です!

写真提供:あまくさどろっぷす

 

 

続きはこちら

ダマスクコットン大作戦(1)~ワタには色がある?!種を仕入れるの話

 

 

 

≪関連記事≫

冒険家ジーナちゃんが『姫路木綿復活大作戦2019』種まきに行ってきましたの巻

あまくさどろっぷすさんのイラスト描かせてもらいました

 

 

 

CROWN個展やイベント等で活動中 やじるし 縫々王国出展情報

CROWNお問合せはこちらから やじるし お問合せフォーム
 

 ホームページ … 出展情報や作品などの総合サイト
 ネットショップ … 本やグッズなどご購入いただけます

 Twitter … 縫々王国のことや日々のことなど
 Instagram … 作品写真がメイン

 YouTube … 動画