皆さんこんにちは!

 

TRANCSです!

 

今回は「アスリート」について、前回の続きである、

運動の「常識」と身体の「常識」の違いについて書いていきます。

 

 

○「上達の常識」の一例

 

前回は、一般的に言われている「スポーツ上達の基礎」を考えるよりも、

さらに前の段階で取り組むべきことがあるのではないでしょうか?と言う内容でした。

 

今回は「運動の常識」に関してですが、

「野球」を例とし、その中でも「投げる」動きが上達するためのヒントを書いていきます。

 

これは野球以外のソフトボールやハンドボール、ラグビーなど、

「ボールを投げる」プレーがある競技であれば、当てはまる内容になっています。

 

 

さて、昨今「ボールを速く・遠くに投げる」ための指導において、多くの指導者が口をそろえて言っていること、

それは「身体の回転」に関するアドバイスです。

 

例えばあなたもこんなことを聞いたことがありませんか?

 

「腰や骨盤を素早く回転させるとボールが速くなるぞ!」

「身体の回転に合わせて腕を振りなさい!」

「身体の回転を速くするために脚の内側の筋肉を鍛えなさい!」等

 

このような「身体の回転」を強調した指導がとても多いですよね。

 

身体を素早く回転させることで、腕も速く振ることができるため、確かに球速アップにはつながります。

 

もちろん、この指導で上手くった選手もたくさんいるでしょう。

 

しかし私が伝えたいのは、「回転」を意識することで逆効果になる選手もいるのではないか?ということです。

 

○「回転」を意識しすぎると弊害が・・・

 

私たちが考える、「回転で投げる」を意識しすぎることで生じるリスクの一つが、

故障の可能性を高めることです。

 

例えば、「身体の回転に合わせて腕を振りなさい!」と言ったアドバイスですが、

これは「ボールを持った手を頭の後ろに持ち上げ、そこから身体を勢いよく回転させ、

遠心力の力を借りて、投げたい方向に肘を伸ばしていき、

最後にボールを放す」という動作を狙って使われることが多いです。

 

腕力だけでボールを投げるよりも、身体を回転させるときに生じる力や遠心力も使えるので、

結果的にボールのスピードがアップする場合が多いです。

 

しかし、ここで気をつけないといけないのが、回転を速くすれば速くするほど、

遠心力によって肘が身体の外側に強く引っ張られます。

 

そもそも肘というのは、曲げるか伸ばすかの2種類の動きしかありません。

 

ですので投球の際に肘が外側に引っ張られるのは不自然な動きですし、

肘の内側の靭帯が投げるたびに外に強く引っ張られることで、

ダメージが蓄積し、故障しやすくなってしまいます。

 

速いボールを投げられるということは、

「使い方を間違えれば」

その分身体に大きなダメージが加わり、

故障の可能性が上がるということです。

 

どれだけ投げても故障のリスクが「0」というフォームは存在しないかもしれませんが、

もし「回転意識の投げ方」よりもより身体を効率よく使え、

故障のリスクを少なくできるフォームがあったらどうでしょうか?

 

さらにもう一つ、「回転を意識しすぎるフォーム」の弊害を挙げると、

コントロールがつきにくくなるケースがあります。

 

例えば、フィギュアスケートのスピンをイメージしてください。

 

あの高速回転からボールを離せば、それだけ勢いよくボールを投げれるでしょう。

 

しかし、回転が速くなればなるほど、投げたい方向にベクトルを向けることが難しく、

狙った方向に投げるのが難しくもなってしまいます。

 

TRANCSの指導するフォームも結果的に回転はしているように見えるのですが、

「回転を意識すること」と、「結果的に回転しているように見える」のとでは、

故障のリスク、コントロールの付けやすさは大きく異なると考えています。

 

TRANCSが現在指導させていただいてる投球フォームは、私がかつて(故)松本義光氏からご指導いただき、

球速が15キロ以上速くなると同時に身体への負担も軽くなったものです。

 

詳しい指導内容は文字でお伝えするのが困難なため、大変申し訳ございませんが、

実際に指導を受けていただいて初めてお伝えできるかと思います。

そもそもの身体の状態が指導するに値しないレベルですと大怪我に繋がりますし。

 

つまるところ、私たちはあなたが怪我をせず、長期間結果を出し続けられれば良いと考えておりますので、

今のやり方で十分だと思うのでしたら、私たちのやり方を知る必要はありません。

 

もしあなたが、

・自分の能力や年齢に限界を感じている

・いろいろなフォーム改造やトレーニング方法を試したが、故障から逃れられない

・あらゆる練習に取り組んでも上手くならない

 

と言った悩みがあり、

今回の内容を読んだ上で、

 

・世の中の常識と言われていることは果たして正しいのか?

 

という疑問が出てきたのであれば、TRANCSのお手伝いできる可能性が高いです!

 

アスリートにはこの日までに結果を出したい!

という「期日」があるかと思います。

 

当所では求める結果に最短・最速でたどり着くためのお手伝いをさせていただいております。

 

なお、今回は「投げる」動作を例えにお伝えいたしましたが、

当所は「身体の構造に基づく動き」全般の動作改善指導が可能となっております。

 

「走る」、「打つ」、「蹴る」等、他店とは違うパフォーマンスをご希望であればこちらからどうぞ!

こちらをクリック!!

次回は「女性」に向けた内容をお送りいたします。