2019.12.01 藤沢市民オペラ ロッシーニ作曲 歌劇『湖上の美人』 | たっぴーのムジカしくない日記 "Incominciate!!"

たっぴーのムジカしくない日記 "Incominciate!!"

主にオペラの感想等を亡備録として書き連ねていこうかなと思ってます。
その時感じたことをそのまま書くようにしてますので、文筆がおかしいことは多々ありますが、良ければご覧下さい。

「ちょー気持ちいい」と言ったのはアテネオリンピック男女100メートル平泳ぎで優勝した北島康介ですが、「ちょー耳が気持ちいい」と言ったのは藤沢市民オペラで『湖上の美人』を観劇した私でございます。
そんなわけで、まぁほんとに、どえらい公演をやってくれました。

今回日本のオペラ史上初の『湖上の美人』の全曲(一部カットあり)を体験することが出来たわけですが、一昔前だったらこれは夢物語だったでしょう。歌える人がいませんでした。しかし、今やこのオペラを日本人だけで上演出来るまで、日本人の歌唱レベルが上がった結果可能になったわけです。しかも、非常に満足のいく質の高い公演として楽しませてくれました。最高でしたね。ほんと。惜しみ無い拍手とBravoの連呼でした。
そうそう、蛇足ですが、Bravoと言えば、2幕入る前、園田さんが指揮台に乗られたタイミングでBravoって言ったら笑いが起きたのは謎でした。「1幕良かったです!!!2幕も期待してるぜっ!!」ってなことだったんだけどなぁ。

さぁ、ここからは出演者への感想を連ねて参りましょう。まずはこの方、我らがスーパースター小堀勇介。今回はロドリーゴ役でした。役が発表されてから今日まで、正直な話、ウベルトじゃね?って思ってました。ロドリーゴより、あのー、ウベルトじゃね?ジャコモじゃね?5世じゃね?って。メリット、クンデ、スパイヤーズとかがやってる役ですやん?みたいな。ただねー、いやー、それを見事に裏切ってくれました、結果ロドリーゴじゃね?って(笑)もちろんウベルトやったらそれはそれで良いはずですが、小堀さんがロドリーゴを歌ったことで、粗野な高音戦士野郎というイメージだったところに、彼の知性やエレーナへの愛情なんかも加わって、人間味の増した厚みのある人物像が描けていたように感じました。それだからなのか、彼が死んでしまった時に悲しくなったし、どの様な死に様だったのだろうかとか、ダグラスを必死に守ったんじゃなかろうかとか、様々なことを想像してしまいました。小堀さんだったからこそそんなことを思わせてくれたんだと思ってます。
当然歌唱は申し分なく、カヴァティーナ「我はお前たちと共に、我が勇者たちよ」はアクートはどこまでも突き抜けるような明るさ。「小池にはまってさあ大変か!」と突っ込みたくなる転がり様。序盤終盤英雄的に、中盤たっぷりと歌い上げてくれました。あのテンポ感は園田さんと小堀さんだから可能だったと思う。特に中盤はあれより遅いとだれてしまうし、早いと小堀さんの良さが半減してしまうというギリギリのとこを攻めていた様に思います。まさに、二人の職人が作り出した様式美の極地とでも言いましょうか、至高のロッシーニ・アリアでした。見事!!また、毎度のことですが、イタリア語が美しくて聞き惚れました。1幕4重唱の「crudele sospetto」とかめっちゃ好きですね…そこ?(笑)

次はやはりマルコム役の中島郁子さん。1幕のアリア「エレーナ!あぁ、君を呼ぶ!」を歌い終えた後の聴衆の盛り上がりは凄かった。まさしく熱狂という形容が正しいでしょう。バルッチェローナを彷彿させるその歌唱はとても暖かみがあり、アジリタの技巧的なテクニック、伸びやかな解放された高音に思わず「す、すげぇ」と口走ってしまいました。あ、とてもsotto voceでね。
また、2幕の有名なアリア「あぁ、死なせてくれ」は更に聴衆が湧きました。怒号のような拍手とBravaの嵐。これこそロッシーニを聴いて感じたい喜びや情熱。いやぁ、これは、完全に様式美の勝利なんだと思います。正しくロッシーニを歌えば、聴衆は沸くように作られている。そんな音楽を作曲したロッシーニは偉大だ。そんなことも思いながら、中島さんの歌に酔いしれました。 

お次はダグラス役の妻屋秀和さん。第一声のレチ「Figlia e cosi」がいきなり素晴らしくて笑ってしまったという…。いきなりステーキもびっくりやで。どんだけ鳴るのよ(笑)そして、アリア「黙るのだ」は同じ様なメロディが繰り返されるので、平凡な歌い手だとつまらなく感じるのですが、そこはさすがの妻屋さん。存在感ばっちりの明るく輝かしい声で聞き応えのあるアリアにしてくれました。ちなみにこちらのみロッシーニの作曲ではないそうです。妻屋さん、何度も聴いてますが、ドイツ物は当然として、イタリア物も本当に素晴らしい。何でも出来る日本におけるバッソ・プロフォンドのレジェンドですな。

お次は、ウベルト役の山本康寛さん。山本さんもこれまで様々な役柄で聴く機会がありましたが、この役はかなりハマってました。アリア「おお、甘き炎よ」におけるコロラトゥーラは申し分なく、よくそこまで高い音を惜しげもなく出せるなと感心致しました。サービス精神の塊ですね。ロックウェル・ブレイクの様な人間業と思えない神業的歌唱を楽しめました。また、山本さん、小堀さん、中島さんによる有名な2幕の3重唱「分別をもって」から合唱が入るシーンはハートが燃えまくりで、ぐわわわわーっと込み上げる熱さによってあたしゃ火傷するかと思いましたよ。

そして、ソリスト最後はエレーナ役の森谷真理さん。天皇ご即位で国歌斉唱をして、このオペラの前日には『嵐にしやがれ』にも出演を果たしたまさに日本を代表するソプラノ歌手です。彼女は以前はコロラトゥーラを駆使する様な役柄を得意としておりましたがー実際私も『魔笛』の夜の女王や『後宮からの逃走』のコンスタンツェを観劇したことがあり素晴らしかったー近年は『蝶々夫人』の蝶々さんや『サロメ』のサロメを歌ったりと、ドラマティックな役柄へ活躍の場を広げてきた印象があります。マエストロ園田さんが言うには、初演時にエレーナを歌った伝説的なロッシーニ歌手コルブランは、装飾的な技法とドラマティックな表現の2つを持ち合わせていたそうです。そこで、現代のコルブランというべく森谷さんに白羽の矢が立ったとのことでした。これまで同役はメゾが歌ってるものばかりを聴いてきたので、今回ソプラノが歌うということも楽しみのひとつでした。正直な感想としては僕はちょっとイメージが違っていました。恐らくそれは様式的なことと中声域の声質からくるのだろうと想像します。僕の好みの話なのでそこは仕方がないとこですが、しかしそれはそれ。森谷さん自体の歌唱は素晴らしく、特に最後のアリア「胸の思いは満ち溢れ」は圧巻でした。会場にいた誰もが釘付けになっていたことでしょう。技巧的にも無理なく素晴らしかったですし、ヴァリランテも輝かしく、エレーナの喜びがダイレクトに伝わってきました。このアリアもそうでしたが、2幕の3重唱やその他の曲も、テンポを落とすことなく歌っていて、心地よくロッシーニが堪能出来ました。和製コルブラン現ると言ったところでしょうか。

合唱とオケは申し訳ありません。本当に最初は「おいおい大丈夫か」と思ってしまいましたが、すぐにそれは払拭されて、尻上がりにどんどん良くなっていきました。このオペラは、合唱・オケ・ソリストの三位一体で楽しめるオペラです。どこが欠けても面白くありません。今回それらの三要素…欠けなかったわぁ。良かったわぁ。市民オペラのレベルとは思えない素晴らしさでした。こういう文化的な事業を市でやってる藤沢市を褒め称えたいし、それに参加してる皆さん全員を讃えたい。

最後に、これらの全てを統括していたのはマエストロ園田隆一郎さんです。
終始耳福でした。ほんとにほんとに最高でした。こんなにもハイレベルなロッシーニ、しかも日本初演を成功させられる実力、感服致しました。音楽の節々からロッシーニへの愛を感じましたし、だからこそ楽しめたんだと思います。指揮姿も楽しそうでこちらもほっこり。
細かく言うときりがないのですが、たとえば、2幕の冒頭でエレーナに再開したウベルトが愛を語る二重唱での二人の気持ちの違いが明確に弦楽器によって表現されていた所はうなりました。園田さんさすがでした。ここ凄かった。ヴェルディかとも思える緊張感。そして徐々に国王としての恩赦へいく下りは音楽の作り方が素晴らしく、いつも物語にはあまり入り込まないのですが、何という心の広い国王だろうかと感動しました。音楽がそうさせました。
それと、ソリスト一人一人が歌いやすいように配慮されてるなと感じました。園田さんが振るから安心して歌えてるのだろうという雰囲気すら感じました。いやぁー、マエストロ、歌心がよくわかってらっしゃるんですねぇ。信頼度たかっびーですね。
「初演をしたいわけではない、ロッシーニというとセビリアやチェネレントラみたいな面白ろおかしいものが知名度として高い。しかし、ロッシーニの音楽の素晴らしさはセリアにある。それを日本のみなさんに伝えたい」という園田さんの思い、めちゃめちゃめちゃめちゃ伝わりました。最高のロッシーニをありがとうございました!!!!

長くなりましたが、思い付く感じではこんなところでした。素晴らしい公演にお客さんとして参加出来て良かったです。みなさまお疲れ様でしたー!!!!次回も楽しみです。