2015年 センター試験古文 分析 | 古文教室オフィシャルブログ

古文教室オフィシャルブログ

面白いことと、古文とかをのせていきまーす。
漢文もね。
無料メルマガもよろしくでーす。
http://melma.com/sp/backnumber_197937/


テーマ:
皆様こんにちは!

今年のセンター試験について、まずは分析を掲載していきます。


第3問(古文) は例年と同様50点満点です。

出典は「夢の通ひ路物語」でした。

『夢の通ひ路物語』は南北朝期ごろの成立と見られる擬古物語です。
本文字数は昨年度と同程度でしたが、内容は『源氏物語』による出題であった昨年よりは分かりやすかったと思います。

設問構成について
本文の分量は昨年よりも減少しました。
本文は、リード文を踏まえた二段落(二場面)構成であり、場面一人物ともに把握しやすかったと思います。
昨年と比べると、文法問題は敬語が採り上げられ難化しました。
心情問題は人物関係の把握が不要となり易化といえるでしょう。

問4の手紙文に関する設問では和歌の解釈が復活し、問6の内容説明問題では、選択肢に昨年のような本文からの引用がなくなり、表現鑑賞の要素は薄れていると思います。

設問の分析です。
問1 語句の解釈  難易度は標準です。

問2 敬語に関する問題 難易度は標準です。
   センター試験では初めて、波線部cで謙譲の補助動詞「給ふ」が問われました。
問3  心情説明問題 難易度は標準です。

問4  手紙文に関する説明問題 難易度はやや難です。
   和歌を含む二つの手紙文の内容が問われましたが、これは2014年度に出題された三つの会話文の内容理解
を問う設問形式を踏襲しています。

問5  心情説明問題 難易度は標準です。

問6  内容説明問題 難易度は標準です。
    本文内容一致問題は、例年通り本文の記述に忠実に即した選択肢を選ばなくてはならないといえます。
    文章の丁寧な読解力が問われています。

解答と本文はまた後ほどアップします!

ぐうたらぼっちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。