★:)曇天に笑うのブレ! | *空模様、海景色*

★:)曇天に笑うのブレ!

曇天に笑う、プレ公演行ってきましたああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ



遠いけど生の平間壮一でしたああああああああああああああああああああああああああああ





感想、時間ないからざっくりと
批判多め、ネタバレばっか、見たくない人はゆーたーん
あと何言ってるか自分でもわかんないとこ多すぎるので注意。
























一部は90分、二部は75分とか。
90分のうちの60分を使って、パンフの前置きを演じてました。………なげぇよ!
でもそうでもしないと、世界観が掴みにくい話でした。初見としては。

出だし、テンポよくて、説明も町民みたいな人たちが声を合わせて朗読してる雰囲気はすごくよかったです。←日本語下手
音がうるさかったけどな。←
でも音楽も場面に合っててよかったし、テーマソングじゃないけどそんな感じのやつもノリよくて好きになりました。
簾みたいなやつに文字を映し出すスクリーンの役割させてて、すごくかっこよいかった!!

BBAだからもう出だしがどんなのだったか覚えてないけど(え)
タマちゃんと悪党2人か!←名前覚えられへん

曇天の兄弟、最初のシーンで仲の良さが出ててよかったなー。
まあでも次男がもっと振り幅ある感じだと思ってたが。
オチに使われててナイスでした。のちのち述べる。

平間壮一を中心的に見てたけども、ほんっっっとに、っはー!そーちゃん!
生のそーちゃんだったなあ。
途中から白子さんだったけど、始めはそーちゃんって感じがした。
なんか感情が一定だったから、声の抑揚もそんなだったし、ゲフン。
よくわかんないけど、俺は耳が悪いんだろう。。。
ただ圧倒的に確かなことは、俺は好きな人の声は大好きになるということだ。←くそ

でも白子の過去の再現がテンポよすぎてファッ!?てなった。
早くね?の割に少ないしあんま記憶に残らなくて………
いやまあいいんだけどね。
つーか13年前の役を同じやつでやるのもやばくない?さらっとやってのけてたけど意味わからんかった。←

てんかとしらすは親友!みたいな。
でもてんかはなんでもかんでも背負いすぎて、
そらまるはそれも嫌だし、もっと頼ってほしいし、ていう、兄弟ならではの構造。
すごいわかる。
というか三色丼で三兄弟見てきたけど、
曇天三兄弟はなんつーか、兄貴完璧、次男劣等感、三男長男大好き、みたいなやつでしたね。
バランスもよいけど、次男のコンプレックスわかるわ~←※長女

個人的に町民がわっと動いたり、ふすまを動かしたりするシーンは面白くて、活気があって、目線が散らばって、音楽も賑やかで楽しかった。

あと白子がちゅたろの説明の補佐してて
シュッて言いながらふすまの横で腕動かしてた…………
のちのち思い出し萌え萌えしてる。なう。

うわーまじで細かいこと思い出せん………
順序ばらばらだけど、思い出したことどんどん書くぞ!

んで、獄中のシーン、真ん中にあった階段や通路、すごい雰囲気出ててよかった。
何げに大道具なものが真ん中にあって場面転換に使われる感じ、すごい好き。

犲の登場、かっこよかったけど、最初足並み大丈夫?てなったり。←
細貝圭がねーーー今回かっこよかった。役がよかったのかもしらぬ。
声の調子、動きも見た目もナイスだった。
あとああいう5人役ってなんでデブ1人おんのやろね?←
岩倉具視役の方も、すごいしっくりしましたー。

あーーーんで確か、辻斬りがあって………
てんかが、自分がやったんやーって思って首吊りするとこな(一部のラストやんけ)。
すっ飛ばかした。でもそこなーーー
まさかの絞首刑がリアルでビビりまくりよ…………。
白子はあくまでも曇天三兄弟を支える役で、
ちゅたろはてんかを信じきって
そらまるは兄貴を追い越すことが夢で………

兄貴を追いかける2人の弟たち、なぜもう一度自己紹介したのか?←
あのシーンはギャグなんかと思った。←失礼

まあそんなこんなで一部が終わったんだけど、
つーか3回くらい、白子さんが「~だね?」て言っててびびりました。
キャラ的に~だな?じゃないのか。?
初見じゃからわからん。。。
あとご馳走作って、にクソわらった。←
二部のセリフで、白子さんは料理が下手で、って紹介されてて、何その裏設定!てなった。

あ、あと、
口にすれば己を縛る。思い込め!俺たちはなんでもできる(曖昧)、ていうのが
多く言われてたけど、
その割にはなんか、前半の行動はあまり示されてなかったんじゃないのかい兄貴、て感じ。
セリフ自体はすごい好きなんだが。

そして二部な!!記憶掘り起こす。
白子寝返りwww悪役大好き!
白子さんのねー走る姿が美しいのよ!
あの服装で、前のめりでタタタッと走る姿。かっこいい。そこだけDVDほしい()。
まあ殺陣もかっこよかったけどな。

てかてんか生きてたね。
実験台、ていう。
岩倉具視腹黒すぎひん?
最後許されてたけど、この人もっとグレーな存在だろあれ。。。

実はオロチの器はそらまるでしたーっていうキタ━(゚∀゚)━!な展開。
オロチが体を蝕むところの表現、すごいかっこよくて気味悪くて最高に好き。
ただうるさかった。。。

つーか寝返ったときの白子がかっこよくて、おま、こんなにふぃーちゃりんぐされるんかい、ちょ!人見知りしとる場合ちゃうやろが!て思ってた。うん。

殺陣シーンはねー、長かったー
2回もそらまる引き上げてるからねー
まあ三度目の正直というか。

そいで長すぎたおかげで、てんかとそらまるの殺陣が一番泣けるシーンのはずなのに、あんまこなかったね。
それまでに疲れてた。

あと白子とこたろーの兄弟関係はよくわかんなかったな。。。
もっと白子は冷たい人間だと思ってたし、
もっと弟との絡みのシーンあると思ってたのに、 ふたあけたらもう殺陣しかないかった。。。
ここは、曇天の三兄弟の比較対象としてもっと持ち上げる場所じゃなかったの!?と思ったり。。。

しかも白子さん、最後はやっぱりてんかに心許してて、うーんそういうことなのか?と思ったり。
さよなら、てんか!て、本当にいうのかな←みたいな
でも自殺させてくれてありがとう。ってとこですわ。

あーーーラストの盛り上がりのとこ、やっぱり音はうるさいわライトびっかびかだわで死にかけた(半目)。
あれもうちょいどーにかならんかね。。。
音のせいで声たまに潰してたしなー。

つーか曇天三兄弟みんな似た声で困った。
ちょっと枯れてる、というか、みんな元気すぎる。兄弟かよ(※兄弟)。
だからそーちゃんとか細貝圭とかがよかった。大人しくて。でも響いて、伝わって。

全然関係ないけど、山本涼介でかって思った。←
ラストははっぴーな感じで終わったけど、え、てんかの体はそれでええん?!wて思ったり。
まーいーわ。
ラストの町民との盛り上がりシーン、前半にも似たことしてたけど、まーなんつーかドラマぽいというか、それもまた1つの見せ方というか。
雰囲気楽しくて好きだけどな。

細貝圭さんの演じた役とてんかの関係が一番綺麗に映し出されていた氣もする。
てんかと白子は微妙というか中途半端だったしぃー。

でも楽しかったですよー。
見たり聞いたりするのしんどかったけど。w

カーテンコールではそーちゃんしか見てませんでした。
2回目以降に呼ばれたときに、ようやく笑顔見せてくれましたわーい。
あとお辞儀したあと、小さく会釈を四方面にしてて、ええ人やなあと思いました。
生そーいち見れて良かったです。オペラグラス買います。でも買ったら舞台見にこないといけないじゃん。。。←




はー文句ばっかいいましたが、あんま覚えてません。
てか面白かったです。後半からぐっと追いかけるように。
オススメしときますよ。
ただてんかがネアカすぎてたまにむかつきます。w
原作もこんなんなんやろかー
まあ楽しかったです。
寝るーっ
おやすみ






うつくしす♥