緑茶石鹸

テーマ:

日本人は緑茶だ~~ね♪


さて、今日は緑茶石鹸(グリーンティソープ)の作り方を2種ご紹介します。

どちらも使用するお茶は、抹茶などの高級なものでなくとも、安価な粉茶で十分です^^

賞味期限が切れた煎茶などをすり鉢などで、細かくしてもOK!

パウダー状にせず、多少形が残っていた方がスクラブのような感触が楽しめますよ♪



簡単にできる緑茶石鹸

材料

固形石けん 1個

精製水   80g

ハチミツ  大さじ 3杯

緑茶(粉茶)小さじ2

作り方

①チーズおろしなどで細かくおろした石けんをボウルに入れ水をにまんべんなくかける。ラップをかぶせて乾燥を防ぎながら、約30分おく。

②ボウルごと湯せんにかけながらヘラなどで混ぜ生地がマッシュポテト状にする。

③ボウルを湯せんからはずし、はちみつと緑茶を加えて混ぜる。

④ラップに包んで手で形を整える。好みの型に入れてもよい。

⑤約1~2週間おき、石けんの水分が抜けたら、できあがり。


石鹸素地から作る緑茶石鹸



材料
精製水     170g

苛性ソーダ   70g

オリーブオイル 200g  
 

ココナツオイル 150g

ホホバオイル  150g

ハチミツ    大さじ2
 

緑茶(粉茶)  大さじ3 



作り方

①換気に注意しながら精製水に苛性ソーダを加えて、ゆっくりかき混ぜながら水で溶かす。

②オイルを鍋に入れて極弱火にかけ、温度が約45度になったら火からおろす。

③①の苛性ソーダ水の温度が、約45度に下がっているのを確認する。

④苛性ソーダ水をオイルに加え、30~40分泡立て器で混ぜる。生地がだんだん重くなって、生地で線がかける状態にする。

⑤はちみつと緑茶を入れ混ぜる。石けん生地を型に流し込んで、約24時間寝かせる。

⑥石けんを型から出し、ナイフなどで好みの大きさに切り、約1ヵ月、冷暗所で乾燥させてでき上がり。



  (=^^=)Mika



 

やさしくできる手作り石けん入門―汚れ落ちのよい化粧石けんを簡単に作る法

肌に髪に「優しい石けん」手作りレシピ32