ダイエット食品の原料となった天芽芝(アマメシバ 別名 レジーナス、天芽、サウロパス・アンドロジナス)の健康被害が問題になっています。(左写真)

東南アジア原産の野菜「天芽芝」をアマメシバを粉末や錠剤などに加工した健康食品が原因で気管支炎が相次いだ問題で、国内で気管支炎となった9人のうち、症状が軽い1人以外は全員女性だったことが、厚生労働省研究班(納光弘・鹿児島大教授ら)の調査で27日までに分かりました。

天芽芝ジュースによって数百人が発症し、死亡者が出た台湾で報告された23の症例もすべて女性です。研究班によると「体重コントロールを目的に服用しているため女性の発症が多いと思われるが、性別による差も否定できない」としており、動物実験などでさらに解明を進める方針です。(あ~、ここでも動物実験・・なんともフクザツな思いがします)

この調査は昨年7月から今年にかけて、全国の医療機関1823施設に調査票を送付し天芽芝の関連が疑われる健康障害の症例を集め、分析しました。

天芽芝は、栄養学的観点からすると、特に秀でた栄養効果があるとは思えないのですが、「ダイエット」という言葉に、やっぱり女性は弱いんですよね~。

通常野菜として加熱し食べる場合は、健康被害は見られないそうですが、安全性が確認されるまでは、当面加工健康食品の販売は禁止されます。


「サウロパス・アンドロジナス(別名アマメシバ)を含む粉末剤、錠剤等の剤型の加工食品の販売禁止」のQ&A - 厚生労働省


摂取しにくい微量栄養素は、上手にサプリメントを活用するのも良いのでしょうが、できれば食材から摂りたいですよね。

昨日、友人から新鮮な野菜をいただきました。彼女のダーリンのご実家が農家なので、いつも恩恵受けてます。

小松菜、ホウレンソウ、水菜、長葱、大根。。泥付きの大根は、自然のエネルギーさえ感じます。ありがと~~



さて、それでは今日は、米ぬかハーブパック(フェイシャルマスク)のご紹介です。お肌がつやつやになりますよ~!

材料

米ぬか                 小さじ2
ハーブ(ラベンダー、カモミールなど)  ひとつまみ
コーンスターチ             小さじ2
ハチミツ                小さじ1
牛乳                  小さじ2

作り方

①米ぬかとコーンスターチ混ぜあわせ、ハーブを加えてさらに混ぜます。
②暖めた牛乳にハチミツを入れ混ぜます。
③②に①を加え混ぜて出来上がり。

私はお風呂の浴槽にゆったりと使っているときに10分~15分パックしています。面倒くさがり屋なので、牛乳とハチミツは、プラスチックの容器に入れ、浴槽に浮かせて暖めてます。

上記は1回分のレシピですが、ガラス容器に①の材料だけ少し作りおきしておくと、簡単に活用できますよ!

ハーブは、ハーブティのTパックのカモミールなど細かくなっているものを使うと便利です。大きい場合はすりこぎで細かくしてからの方がよいと思います。Tパックのハーブは1.8g~2.5g位入っていますので、2~3回分使えます。


  (=^^=)Mika






お医者さんが自信をもってすすめる「米ぬか」スキンケア



米ぬか健康法