深夜25時半、てんかん発作 どうざん | GO!保護犬GO~知る・見る・伝える→殺処分ゼロへ~

GO!保護犬GO~知る・見る・伝える→殺処分ゼロへ~

静岡県御殿場市の個人ボランティア 
山の中で5年間、狭いケージで生かされてきた小山町多頭現場出身の犬の幸せさがし。
フィラリアでもシニアでも雑種でも、幸せにしたいと頑張ってます

深夜25時半、
ブログのリンクからいただいた
里親申込アンケートを読み返していたら



ガタガタ、ガタガタ…


数時間前とは少しちがう
小さな振動の音が聞こえてきた


犬スペースに目をやると
足尾銅山君(呼び名どうざん)が
横たわって小刻みに動いているのが
私の頭上すぐ上の


明かりの光が
斜めに どうざんのハウスに
射し込んで


薄茶色の小さなカールが
浮き上がって見えた


すぐに駆け寄ると
さっきは
まっすぐに前を向く姿勢だったのに


首が後ろに反るように
足は硬直している





手前は前足です
右側に頭がありますが
天を向くように真上に反り返っています


このときの前足は
硬直しているので
棒のように
かたくて、関節は曲がりません







チギチギをくわえていたので
飲み込んではいけないと思って


引っ張り出そうとしたら
ものすごい力で
噛んでいて


口を開かせることも
全くできなかった


てんかん発作の時には
口元に手を出してはません


指など噛みちぎられる可能性もあります


また発作は3分しないうちにおさまり
自分で寝返りを打ちました



というより、
起きようとして


反対側に倒れ混んでしまいました






私のもとに来たかったのですが
力が入らないようです






どうざん、 大丈夫、ここにいるよ


頭を支えて
動かずにいました







徐々に意識が戻る どうざん


おしっこと
うんちの臭いがしました


このあと、またヨロヨロと出てきて
倒れそうになったので


トイレに乗せてあげましたら
フラフラと私の方へ来て


そっと手を鼻で押すんです


大丈夫だよ、と



ダッコしようとしたら


発作の時に
下側になっていた、体の右側が
おしっこで濡れていたので


念入りに 拭いて
もちろん、ハウスのチギチギは全部取り替えて


どうざん、全く問題ないよ


と、いつものように
ダッコをしました


どうざんは、もうしっかりと歩き
お水をたくさん飲みました


発作から10分、15分くらいでしょうか



そしてまた私のほうに来て
なんだか


どこにいけばいいのかわからない
気持ちの行き場を
私に向けて


ぼく、どうしたんだろう?
そんな風に感じられるほど


静かに穏やかに
そっと甘えてきました


すごく


ひびきが 発作が起きて
覚めるときの
もうろうとする中に


私が見えたことだけが
ひびきの 救いだったみたいな


あの頃の
ひびきへの


どうしようもない
切なさと むなしさといとおしさが


どうざんに対して
甦りました






みんなの
いじめられっ子で


愛されキャラでもある どうざん





偶然の チギチギ






犬に興味なく
人間しか見えてません


どこにいるか わかりますよね?






私のすぐそばに
いる子です



今26時20分になろうとしています



どうざんはハウスから
心配そうに こちらを見ています



愛は深まって
『ずっとウチにいてもいいよ』


と言いたくなりますが、言えません


この子の幸せを考えればこそ
自分の元にいるのが一番いい?
誰にも渡したくない?


これこそエゴ以外の何でしょう?
『この子を幸せにできるのかよ?!』


そう問いただされたら
はい、とは言えないもの


だからやっぱり
やることは同じなんだ



26時25分
ハウスの扉を開けたら


いつもの どうざん
小さくカミカミ甘えてきた



人しか見えてないどうざん君は
ペットシーツ完璧です


てんかんに理解ある方
専門の先生に定期的に診てもらい


お薬でのコントロールを惜しまない方に
お渡ししたいです


てんかん持ちの どうざんを
応援してね



いつもポチッありがとうございます。励みになってます。絵:ぴーパパさん
 

*****