家庭犬はムリ?攻撃性? 元・猟犬HAZUKI 二人三脚50日 | GO!保護犬GO(猫も)~知る・見る・伝える→殺処分ゼロへ~

GO!保護犬GO(猫も)~知る・見る・伝える→殺処分ゼロへ~

静岡県御殿場市の個人ボランティア 
山の中で5年間、狭いケージで生かされてきた小山町多頭現場出身の犬の幸せさがし。
フィラリアでもシニアでも雑種でも、幸せにしたいと頑張ってます

 

全ての歩きが この状態だったHAZUKI

『地面から鼻を離さない、引きが強すぎて家庭犬に到底なれるはずがない』

職員さんの言葉でした

 

 

私も保護当初は

「一体どうしたら良いのだろう・・・」と思うほどでした

保護当日の引きで全身筋肉痛になり

翌日、熱が出てしまったのだから(笑)



静岡県迷い犬情報

 


  

 

5月3日イベント スタッフ希望者さんは10時に会場へ集合願います

保護犬のために100%の力を出し切りましょう

ヘトヘトになってしまいますが

真剣にやっているので

そのお力、GO!いただきます

 



 

 

TOKIEさんに代理で保健所にお迎えに行っていただき

仕事の帰りに待ち合わせでピックアップ

この日に病院へ

入院当日

 

 

後日 医療フルコース実施して退院しました

お腹が筋肉で硬すぎて、メスでなかなか切れなかった と先生

こんな犬 はじめて だそうです

 

・・・私もはじめて聞きました

筋肉でできた犬・・・おそろしや

 

 
 
病院の窓口にある 置物
ブルドッグちゃんの頭に噛みつきまして
 
 
私、ビビりました
おいおい、うちの犬達、猫たちに何かあったら タダじゃすまない・・・
ふんどし締めすぎて 股ずれになるくらい
 
 
ふんどし締めましたよ 心のです(笑)
 
 
クロスケが愛用していたハウス
ジンギスカンちゃん、あまちゃん、奥州ちゃん、 いろんな子が使いました
 
 
まさか、HAZUKIが使うとは・・・
 
 
 
手前の水玉お洋服は あまちゃん(現さくらちゃん)です
HAZUKIは、全く抵抗なしに
そそくさと ハウスに逃げ込むように入りました
この時は・・・
 
 
やはり猟犬
ハウスに入るしつけは 完璧にできている など感心もしましたが
猟師には本当に腹が立つ
 
 
なんて思っても、この 大きな問題児がうちにいる限り
引き取ってしまった限り
最大限やるしかない
 
 
私が逃げたら 死しかないのです
この時点で深夜ですので、そのままハウスを閉めておやすみ しました
 
 
初めての我が家では一度も吠えることなく 静かに朝を迎えました
(他の犬達がうるさくても HAZUKIは良い子でした)
 
 
 
翌朝
 
 
 
 
他の全員をトイレさせ
ハウスの扉をきちんと閉めて、
我が家の猫たちが チョロチョロしないようにしてから
 
 
HAZUKIをハウスから出しました
 
 
抵抗してなかなか出ません
引っ張っても出ないし、かと言って噛まれたら嫌なので
仕方なく首輪をきつくして
 
 
足でハウスの入口を抑え
力ずくで引っ張り出しました
 
 
ビビったHAZUKIは、ハウスの中に入ろうと必死
犬スペースのペットシーツは HAZUKIの抵抗でぶっ飛んだりグチャグチャになったり
 
 
私は半分キレながら
「さっさと出ろ!」 というような口調で 犬をまず ハウスの外へ
そこから屋外へ 出していました
 
 
屋外用サンダルを履こうとすると、すごい力でハウスに戻ってしまうので
サンダルを履いて犬スペースで格闘 しました
 
 
これは3日くらい続きました
もちろん、心が通じる、とか 良い子 なんて思ったことはありませんでした
 
 
 
 
 
 
すぐに 庭の外に出せるわけではありません
庭でリードに慣らしてから 外に連れ出しました
 
保護からすでに数日が経っています
 
 
 
 
綱引きをやったことありますか?
まさに相手は綱引きをやっている位の引きです
まけたら肩を脱臼するとか、転んで怪我してリードを手から離してしまうか
 
 
そのくらいの ひどい引きでした
 
 
それでも、最初だけは その引きにつきあいました
無理に今 治そうとして逃げてしまったら困りますので
 
 
 
 
毎日、 毎回 少しでも 一緒に外に行き
HAZUKI、HAZUKI、と名前を呼び
 
 
アンタは、ここにいていい
何があっても 私が守ってやる
けれど、嫌なことはしてはいけない 絶対に許さない
 
 
なんて心で思っていると、
相手もわかるのでしょうか
 
 
徐々に、私の存在を意識してきました
 
 
 
 
私はずっとHAZUKIを見てシャッターチャンスを狙うわけではなく
草ボーボーの庭に あきれながら
 
 
草むしりをしています
そして気が向いたらカメラを構える
 
 
そんな感じの気長な時間
1時間なんてあっという間です
 
 
会社員ということを うらめしく思うこともあります
けれど、 自分が決めたこと
言い訳しない
できることを できる限りやるだけ 
 
 
 
 
 
犬も人も同じ と感じることがあります
けれど 犬のほうが優れている と思うこともたくさん
 
 
『歩み寄り』 です
 
 
いつの間にか HAZUKIのほうから
歩み寄ってきてくれるようになりました
 
 
 
 
 
ゆっくり来ます
確かめているのでしょう
 
 
好き とか 傍に行きたい! という強い感情じゃなくて
なんとなく 近くにいたほうが いいのかも
 
 
というふわっとした気持ちなのだと思いました
 
 
 
 
 
受け止める
受け入れる
 
 
HAZUKIが 私に興味を持ち始めたら
受け止めて・・・
 
 
そしてそれを きちんと伝えるのです
 
 
嬉しいよ、HAZUKI
ありがとね!
その調子、 いいね!
 
 
手は キミを殴るものじゃない
気持ちよくしてくれるものなんだ
 
 
 
 
甘えてもいい
 
 
本来の 甘えん坊な面が だんだん出てくれるようになりました
 
 
 
 
 
まだ 嫌がることはほとんどしていませんでした
ここで嫌われたら終わりです
 
 
 
 
 
 
甘えたくて甘えたくて仕方ない
 
 
 
 
 
 
そんなふうに 変わってきた猟犬
お仕事頑張ってきたね、お疲れさん
 
 
 
 

 

この表情

 

 

先日までは、庭の どこか逃げられる場所をさがして必死だったのに・・・

職員さん

犬は変われるんです

 

 

私たちニンゲンが、思い込んで変な行動して

こんなはずじゃなかった なんて言ってしまう

 

 

違うよ

こんなはずじゃなかったのは 人間のほうなんだ

 

 

 
 
 
写真がさかさまではありません
撮り方が・・・
 
 
しかもこの頃には
全体重を 足にかけてくるから
 
 
重いのなんのって
 
 
 
 
 
 
「何だよ、そのケツキン?!」 
とか言いながら 筋肉体操の武田真治さんに想いをはせるのでした
 
 
 
 
 
体の向きが
保護した時には 私と逆のほうばかりだったのが
 
 
人に向くようになりました
 
 
そして私以上に
家族のことも大好きになりまして
 
 
 
 
 
好き の度合いはスピードに出ますね
 
 
 
 
 
 
呼ばれたら 止まれません
嬉しくてジャンプ
 
 
ここまで好きになってくれたら、雷を落としても良いタイミング
全てを許していると
ワガママを通す ことを覚えてしまいます
 
 
・・・里親さんが 保護犬を迎えたら おそらく最初は飼い辛いと思うのです
そこを GO!保護犬GOや あずかりさんが できる限り修正をして
人を大好きにして お引渡しをする
 
 
保護した犬が 返ってこない譲渡
これは本当に素晴らしいことだし
里親さん方も努力をしてくださっている 証拠で
ありがたい限り
 
 
だから、アンタも しっかりしな! 
 
 
 
 
なんて 言わせないも~~~~ん
 
 
とばかり 甘えん坊して
 
 
そうそう、お洋服も 以前ダルタニアン君が23kg位の時にいただいたもの
お利口に着させてくれました
 
 
猟犬時代には お洋服なんて縁がなかっただろうに
 
 
 
 
穏やかな 優しい子になりました
 
 
保護当初は 食事の時に 私に唸っていて
ある日、 ハウスの目の前のひびきに ガウガウガウ!
なんて やったものだから
 
 
「おまえ! うちのひびきに 何がガウだ!!!!」
と雷を落とされて以来
 
 
静かに ハムハムと ごはんを食べ
途中で食器を取ろうとしても、すっとどいてくれて
とても良い子なのです
 
 
 
話は戻り
 
 
 
この頃には
『ウザいんだよ、HAZUKIは!』
 
 
なんて言われるくらい 人を好きになってくれて
 
 
 
 
 
 
スマホは持っていませんが、お散歩特訓も やっていました
引かない散歩
 
 
引くにしても、以前のようなひどい状態は 直ってきていると思います
・・・引き強いですが(笑)
 
 
 
 
人に注意を払えるようになったら
いよいよ
 
 
フリーでみんなと一緒に庭に出ました
 
 
 
 
 
お利口さんの くまくま、もりおかちゃんが エスコート
 
 
 
 
 
 
肉まんニックンも お仕事
 
 
 
 
 
保護してすぐは、
ハウスの前に犬が見えると ガウガウ
なんてやっていました
 
 
そういう犬は今までもたくさんいましたが
本当に危険か、見慣れていないから吠えるのか
嫌だから表現しているのか
 
 
犬をしっかり観察していれば
おのずとわかることです
 
 
対応も 試しに○○してみよう
なんて 思うことはありません
 
 
わからない、知らない人だから、試しに・・・なんて言葉が出て
失敗するのです
 
 
確信のないことは しない、させない
がGO!保護犬GO 鉄則
 
 
 

 

 

ひびきとも 一緒に大丈夫

 

 

けれどこれは 自然とできたわけではなくて

しつこく においを嗅ぎますから 人がきちんと

離してやる必要がありました

 

 

 
 
オーブちゃんにも しつこく クンクン
 
 
「HAZUKI、それは しつこい と言うんだよ、 やめなさい」
きちんと わからせるのは 人の務めです
 
 
オーブちゃんにも きちんと
よく 頑張ったね とねぎらいも忘れずに(笑)
 
 
 
 
 
犬は群れで生きるもの
なんて 言われるけど きっとそうじゃない
 
 
環境に順応できる
犬は素晴らしい生き物なのです
 
 
 
 
 
 
寒くても 裸足
そして風邪を引く
 
 
学習能力のない生き物が一人いるみたい
 
 
 
 
 
 
顔は恐いかも知れないけれど
優しい子
 
 
ほら、それって 第一印象イマイチから
急に好感度アップ の法則ですね(笑)
 
 
 
 
 
甘えん坊
人が好き
信頼できる
 
 
それだけで いい 
それ以上は望まない管理です
 
 
里親さんが 多くのことを教えてあげてください
どんどん吸収してくれるはずです
 
 
 
 
 
なぜか、後ろのほうで座ってる(笑)
 
 
 
 
 
 
手すりのラティスの隙間から写真を撮ろうとしたら
『GO!ちゃん、み~つけた』
 
 
 
 
 
 
ごつい と 平たい が こんにちは
 
 
 
 
残業等が続き 大幅に抜糸の時期を過ぎましたが
 
 
 
 
なんとか連れてこれました
以前の ひどい引き
 
 
お騒ぎすることもなく
 
 
 
 
 
大人しく
診察を受け
 
 
 
 

 

抜糸をしていただきました

 

 

 

 

 

なかなか ブログに載せられず

HAZUKIファンの皆様には申し訳ありませんでした

 

 

我が家にいる間は

どうしても 医療やしつけで時間を取られるせいで

この子たちの良さを伝えることができません

 

 

HAZUKIは現在

卒業犬オリオン君宅で 普通の家庭犬として 猫ちゃんとも一緒に暮らしながら

里親さんとのご縁を待つオンナになりました

 

 

推定2,3歳

めちゃめちゃ 元気で力もあり

体力がないと 負けてしまいます

 

 

ドッグスポーツで、 特に走ることにかけては、ノビシロが大きく 楽しみな子です

コワモテだけど甘えん坊

スイッチ入ると 矢のように進む

そんなHAZUKI の活躍が楽しみでなりません



保健所出身

筋肉から生まれた 筋肉少女HAZUKI
心は乙女

 

 

一件も問合せなかったこの子に 幸せに生きられる光が当たりますように

焦らず気長にまってます


- 下の画をポチっと押して応援してね!
 
*****

 

 


リンク歓迎⇒GO!保護犬GOブログ
保護犬の里親申込み

 保護犬の会ポスター
 募集一覧ポスター
 募集犬個別ポスター
 猫☆Animal3rdEyes@静岡市
 アカナドッグフードはリブールシニへ☆正規品
 物資宛先(フリマ用・ゆうパック可)⇒〒153-0063東京都目黒区目黒3-9-5 1階 リブール・シニGO!保護犬GOフリマ宛
 物資宛先(保護犬用・クロネコヤマトのみ可)⇒〒412-0018静岡県御殿場市山の尻1047-1御殿場山の尻センター気付 GO!保護犬GO(TELなし・問合せ不可)