『Printemps』(プランタン)初の食品館 | パリとプチ・グルメ女史

パリとプチ・グルメ女史

大好きなパリ!美術館も音楽もいいけれど
美味しいものもチョコッと食べてみたい
そんなおばさんの旅レポートです

 パリのデパートと言えば、Le Bon Marché(ボン・マルシェ)、Galeries Lafayette』(ギャラリーラファイエット)。そして、やや影が薄いPrintemps』(プランタン)でしょうか。確か銀座店は閉店となったような。

 実は遥か昔に、セーヌ河を見下ろす位置にSamaritaine』サマテリーヌ)と言うデパートもありました。閉店して廃墟のようになっていましたが、またまたルイヴィトンが買い取ったらしいですな~。

 

 話が逸れました。その地味系のPrintemps(プランタン)。負けじと(遅いような気もしますが)最上階にパリやフランスの特産品を集めたフロアが出来ました。その名もPrintemps du Goût(プランタン デュ グー)。早速行ってみますね。

 

レトロな外観がステキですね~

 

ハイハイ、こちらなんですね(なかなか慣れないけど、矢印は下じゃなく直進)

 

二つの館が渡り廊下で繋がっています

 

最寄りのメトロ駅

 

 今年(2018年)1月に出来たばかりのPrintemps du Goût(プランタン デュ グー)。7階と8階に分かれています。では、まず7階の主に食材を集めたフロアを。

 う~む。他のデパートとは違い、クオリティの高いフランスの代表的な名店ばかりを集めたと言うのですが・・・。サッとでは、なかなか違いが分かりません。お土産にするには、自分でい~いなと思ったお品を選ぶしかないような。パリ在住だったら別ですけどね。

 

ジャムやハチミツ等

 

ここでも母の日のお祝い用グッズ

­

La Maison du Chocolat』(ラ・メゾン・デュ・ショコラ)

 

お茶のPalais des thés』(パレ・デ・テ)

 

‶カリソン″等プロヴァンスのお菓子

 

👇ここをポチットお願い出来たら嬉しいです!


にほんブログ村