知財アラカルト

医薬、バイオ、食品、化粧品、一般化学、高分子などの化学系分野に関する知財判決(主として特許と商標)や知財報道を取り上げ、その要点をコンパクトにまとめると共に、その要点についてコメントを付し、皆様方のお役に立つような情報として提供していきたいと思います。


テーマ:
 胃腸薬「セイロガン糖衣A」を販売する大幸薬品(大阪府吹田市)が、その商品パッケージに似た胃腸薬「正露丸糖衣S」を販売しているとして、キョクトウ(富山市)を相手取り、不正競争防止法に基づき販売の差し止めと1000万円の損害賠償を求めていた訴訟に関して、一審(大阪地裁)、二審(大阪高裁)とも原告大幸薬品が敗訴し、大幸薬品は、最高裁に上告していましたが、この度、最高裁は10月9日付でその上告を受理しない決定を下し、本件訴訟は終結いたしました。

(1)原審の事件番号等
① 一審・大阪地裁 平成23年(ワ)12566、平成24年9月20日判決
② 二審・大阪高裁 平成24年(ネ)2928、平成25年9月26日判決

(2)二審・大阪高裁の判断
 大阪高裁は、大幸薬品の「セイロガントーイA」が周知著名であることを認めた上で、両者の商品表示は類似しないから不正競争防止法違反に当たらないと認定し、原告大幸薬品の請求を退けました。理由は、概ね下記の通りです。
①本件の場合、称呼のみで取引される可能性はそれほどあるとも考えにくいとした上で、全体にデザインが明らかに異なっている。
②「正露丸」「糖衣」は普通名称である。
③商品表示にアルファベット(ローマ字表記)を用いることに、原告の著名性にフリーライド(ただ乗り)しようとの意思があったとは認め難い。

(3)「正露丸」商標について
 本事件は商品パッケージの類似性ですが、商標「正露丸」に関しては、過去いろいろな争いがあります。
(3-1)「正露丸」は、元は「征露丸」でした。
 この「征露丸」なる商標について、鳥栖製剤合資会社という会社が明治時代に商標権を取得しました(登録第24208号)。しかし、この「征露丸」商標権は、「露西亜(ロシア)を征伐する」との意味を有すると判断され、公序良俗に反するという理由から大正時代に無効となってしまいました。

 また、「征露丸」なる商品名に関して、戦後、厚生省薬務局から、ロシア(露)を征服するという意味合いがあり、国際信義上「征」の文字を使うのは好ましくないとの行政指導がありました。

 そういったことで、「征露丸」は「正露丸」に変更されていきました。

(3-2)「征露丸」商標権は無効で消滅しましたが、少し字が異なる「正露丸」については、大幸薬品が、紆余曲折の末、昭和29年10月に商標権を取得しました(登録455094号、出願日:昭和22年4月。「セイロガン」のルビ付)。この商標権に対して、多くの製薬会社が無効を主張し(昭和30年4月)、特許庁は、一旦は有効と判断しましたが(昭和35年4月)、東京高裁及び最高裁の無効判断を受け(昭和49年3月)、結局、当該「正露丸」商標権を無効としました。無効が確定するまで実に20年近い歳月が費やされています。
 裁判所が無効と判断したのは、「正露丸」という名称は、クレオソート(正露丸の主薬)医薬品の一般的な名称として国民に認識されている「普通名称」であるからという理由からでした。
 なぜ裁判所は、「正露丸」を一般的な名称である「普通名称」と判断したのかですが、主に次のような事実認定からです。
1)日露戦争後、「征露丸」の創製、命名に関する経緯が国民に広く知られ、「征露丸」の名は、日本国内に周知されるようになった。
2)戦後、「正露丸」「征露丸」「せいろ丸」「セイロ丸」「○○正露丸」「××せいろ丸」「△△正露丸」(○○、××、△△には社名や造語が付記)の名称を用いた、「せいろがん」と呼ばれるクレオソート医薬品の製造販売業者が続出し、家庭薬として全国に浸透。
3)上記のような名称を不特定多数の業者が使用した結果、別名では売れなくなった。
4)類似商標使用者の排除は大阪付近の業者に限られ、一般需要者に植え付けられた認識を改めるほど徹底したものではなかった。

(3-3)上記のように、「正露丸」商標権も無効で消滅したのですが、不思議なことに、大幸薬品は、別の「正露丸」商標権を今も保有しています(登録第545984号)。こちらは無効になった「正露丸」商標権と異なり、漢字のみで「セイロガン」のルビ無です。「正露丸」の書体はほぼ同じです。
 大幸薬品は、無効となったルビ付「正露丸」商標より5年ほど後の昭和27年1月にルビ無「正露丸」商標を出願し、ルビ付「正露丸」商標が無効となる15年ほど前の昭和34年12月 にこのルビ無「正露丸」商標の商標権を取得していたのです。

(3-4)「正露丸」商標が「普通名称」であることは、最近の平成18年の大阪地裁の判決でも確認されています。
 大幸薬品は、平成17年に、和泉薬品が製造販売する「正露丸」の商品パッケージは、自社のものに類似するとして、不正競争防止法違反だと主張しました。また、上記ルビ無「正露丸」商標権を侵害するとも主張しました。
 しかしながら、裁判所は、「正露丸」の文字は「普通名称」と認定し、一般消費者は社名とラッパの図柄を識別標識として認識するから、和泉薬品の商品パッケージには権利が及ばない(違法ではない)、非侵害と判断しました。

 以上、ご参考になれば幸いです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。