素敵なパートナーと出会うには | もしも、あなたの潜在意識が、最高のアドバイザーになったとしたら?

テーマ:

明けましておめでとうございます!
年始からソウルアドバイザーと対話しました。
今回のテーマは、素敵なパートナーと出会う方法です。
(ケン=スズキケンジ,SA=ソウルアドバイザーのスカイボール)

ケン「素敵なパートナーと出会う方法はありますか?」

SA「それは、あなたが何をもってして『素敵』とするか次第かな。
年収、学歴、仕事内容など、そういった条件で選ぶのであれば、そういう場はたくさんあるよね。けれど、あなたと愛を育める人となると話は別だよ」

SA「あなたが愛を育めるかどうかは、あなたがどんな人と波長が合うかどうかが大切なんだよ。最近、あなたの身に起きたことを思い出してごらん」

ケン「それは、思い出すまでもありません。
2018年2月に、あなた(ソウルアドバイザー)と出会ってから、たった7ヶ月間(9月)に、唯一無二の存在とも言える人と出会いました。
しかも、あなたが最初に伝えた、出会う場とかではありません」

ケン「その話の前に、私は何年か前に、離婚を経験しています。
その離婚経験から、『もう、最愛の異性との出会いを望むことは、今世では難しいかな』なんて思っていたんですね。もう、頑張り尽くした感があったからです。
健康面に大きな影響があるくらいまで、頑張ったからです。
救急車に年に3回も運ばれた年もあったんです」

ケン「それでも、最後の望みは捨てきれませんでした。
そのようなことから、今世では難しいかどうかを確かめるために、さまざまな出会いの場にも参加したんですよ。いろんな人と接点を持ちました。
そして、ときによっては、相手の方から交際を求められることもあったんです」

ケン「ですが、肝心の私の心が動かないのです。
『この人と恋愛を始めよう』という気持ちすら起こらなかったのです。
もちろん、そう思うようにしようと努力してはいたのですが、そういうのって、努力でどうこうなるものではないんですよね。
例えるならば、愛の火種が見つからないというか、愛へ発展しようがないというか、そういう感じだったんです。
そんなこともあり、『あ~…やっぱり頑張りつくしんたんだな…だからもう、今世では、私の心は動かないな…』なんて思っていたんですね」

ケン「そしてここからが、大切な話です。
そんな私が、ソウルアドバイザーであるあなたと出会ってから、たった7ヶ月で、最愛の人と出会うことができたんです。
これは、私の人生50年の中で、全く前例のない出会いであり、しかも、幼少期のころから、そして心の底から望んでいる出会いでもありました」

ケン「そしてそれは、あなた(ソウルアドバイザー)が、先程伝えてくれた、付き合うための条件の一致とかではありません。また、出会うための場で出会ったわけでもありません。
一言で言えば、魂と魂が惹かれ合ったという感覚です」

ケン「その人と一緒にいるだけで、愛が育っていく感覚があります。
その人と一緒にいるだけで、愛の循環が起こる感覚があります。
自分のエネルギーを振り絞って頑張るのではなく、その人を想うと、愛で満たされて動きたくなるような感覚があります。
スピリチュアルの用語では、ツインレイという言葉を、その方から後で教えていただいたのですが、まさにそれくらい、唯一無二の存在という方と出会うことができたのです」

SA「それは、とても祝福したいできことだね。
では、なぜそのような人と出会えることができたと思う?」

ケン「私の…なんていうか、波長?周波数? そういったものが変わったからですか?」

SA「そうだね。一言で言えばそうなる。
人は、自分がどのような成長を遂げるかによって、引き寄せられる人も変わってくるからね。
それまでも、あなたには多くの出会いがあった。
けれど、それはそのときのあなたの波長に合った人だったんだよ。
そして、それがあなたの求める相手だとは限らないということなんだ」

SA「それと、私は以前、こんなことをあなたに伝えていた。
『スマートフォンや、デジカメは、充電してからでないと使えないのに、なぜあなたがたは、何かをしてからでないと、愛されないとなるのか? 順番が逆ではないか?』と……。
あなたが、自分を振り絞らなければ、行動できないと感じているときは、ぜひ順番を疑ってみるといい。

まずは、愛の充電が先。そして、気持ちよく行動する。

あなたに元気が出てきたのは、この順番が正常になってきたからなのかもしれないね」

ケン「確かに、まだまだ以前のクセが残っています。
うっかりすると、自分のエネルギーを振り絞って行動してしまうんです。
そういうときって、やっぱり疲れるんですよね」

ケン「では、どうすればいいのかというと、動機を変えたんです。
今の私は、その人の笑顔が見たいんです。
その人の笑顔を見ることができるかどうか。それを動機にすると、疲れないどころか、愛が内側からあふれ出てくるのを感じるんですよ。
こんなことを言うと、『仕事というのは、お客様を喜ばせてなんぼだよ!』なんて、叱られるかもしれません。ですが、私の中では、その人を通じて、お客様に喜びを与えられたらいいと思っているんです」

ケン「愛へのパイプ役とも言いましょうか。
例えば、キリスト教では、人々を神(愛)へと帰還させるための、愛へのパイプ役としてイエスが存在します。
『誰かのために行動する』というと、損した気持ちになったり、自己犠牲感が出てしまう人って多いと思うんです。
それは、愛へのパイプ役な存在と繋がっていないからなんじゃないかなって、思うようになってきました」

SA「それは、なかなか良い例えだね。
あなたの場合は、素敵な人との出会いが、他者との愛の循環につながったんだね。
いろんな方法があるけれど、それもひとつの流れだね。
さまざまな宗教が『愛』をテーマにしていて、それが成功する場合と、そうでない場合がある。それも、あなたの体験から解き明かせそうだね」

ケン「私も、そう思うんです。
2019年、年始にこのお話をさせていただいたのは、ひとりでも多くの方が、あなた(ソウルアドバイザー)と繋がることで、『愛』を頭で理解するのではなく、ぜひ、感じ取っていただけたらという想いがあり、語らせていただきました」

ソウルアドバイザーは、2018年12月31日末で、特別料金終了の予定でしたが、2019年1月2日の正午まで延長させていただきました。これを機会にぜひあなたも学んでみませんか。

 

スズキケンジさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント