こんばんは~!

みなさん、忙しくされていますか?
年末進行に白目むきそうになっていますか??笑

例にもれずわたしも繁忙期に突入していますが、
今年こそは余裕のある年末を迎えるぞ!!とひそかに決意しています。

年末の何が嫌かって、
仕事量が増えることで自分の心の余裕がなくなること。

些細なことでイライラしてしたり、
ちょっとしたミスが増えたり…
そして余裕のない自分に気づいて凹む…

というのが恒例行事になっていました。とほほ。

ですが、今年こそはそんな自分から卒業したい!!

ということで、こんな本を読んでみました。



ラス・ハリス『よくわかるACT』

装丁だけ見たところでなにこれ?ってな感じですよね。

本書を手に取ったきっかけは、メンタリストDaiGoさんの動画から。



(タイトルが秀逸…まんまと見てしまいました笑)

この動画で本書が紹介されていて、こないだまで学んでいたコーチングとも共通するものがあり手に取りました。

本書はタイトルの通り
「ACT(アクセプタンス コミットメント セラピー)」の入門書です。

あ、あくせぷたんす?
噛みそうな名称ですが、めちゃくちゃ勉強になる一冊でした。

「ACT」とは、
自分のマインド(感情や思考)と「距離を置くため」の心理療法のことを言います。

たとえば、「自分なんて何のとりえもない…」みたいな
ネガティブイメージを持っていたとします。

自分の過去の経験がそういうイメージを持たせるきっかけになっているのですが、ACTではこのネガティブイメージに対して、自分の頭の中(脳)の「マインド」が言っているのだ、と言います。

つまり、自分自身が本質的に「とりえのない」人間だ、ということはあり得ず
自分の「マインド」が過去の経験に基づいてそう叫んでいるに過ぎないのです。

ACTは、そうした「マインド」が発する思考・感情と距離を取り、自分が本当に望むゴールへ近づけるように行動をととのえるための心理療法なのです。

ここでポイントなのが
「距離を置く」という言い方です。

自分の持つネガティブイメージに対して、
「一刻も早くこの不快な感情をなくしたい!!」
と思ってしまいますよね。

ですが、ACTではマインドが発する感情や思考を捨てたり、抵抗したりするのではなく、「受け流す」ことが大事なのだと言います。

なぜなら
捨てようと思って頑張っても
ネガティブ思考に反論しても無駄だから。

自分のマインドが発するものを「コントロール」することは不可能なのです。

マインドが発することは生理現象みたいなものなんです。
どうしたって出ちゃう。(何が)

ネガティブイメージにとらわれて何もできなくなるくらいなら、
だったらそれは垂れ流しておいて(おい)、自分にとって本当に大切にしていることをしようじゃないか!
と言っているのです。

じゃあこのつらい気持ちはどうすればいいのよーーーー!!!!

と絶望的な気持ちになりかけますが、そういう状況で大きなプラスの効果をあらわすのが「ACT」なのです。

捨てるのでも、
抵抗するのでもなく
受け流す…!!

「ACT」のワーク自体はすごくシンプルなものなのに、目からウロコの衝撃が次々襲ってきました。

自己肯定感が低い人、
つい感情的になってしまう人には
ぜひぜひおすすめしたい一冊です!!

いやいや、ちょっとぐらい「ACT」の具体的なやり方教えてよー!
と思った方は、メンタリストDaiGoさんの動画を見てみてください!
ワークがひとつ載ってます♪

というわけで
ACTのワークを実践しながら
余裕しゃくしゃくで年を越せるように
がんばりたいと思います!!



★個人選書サービスはじめました★
文庫本一冊からあなたにぴったりな本をおすすめします😊
詳細はこちらから💁‍♀️