こんにちはー!!

最近、夫にすすめられた本をモーレツに読んでおります。

なぜなら、
選書サービスをもっともっと良くしたいから!!

今年の2月にはじめた個人選書サービス。

はじめたきっかけは告知ブログのとおりですが、実際にこのサービスをやってみて、本当に心から楽しいと思えますし、お客様から嬉しい反応をいただけると胸が熱くなります(´;ω;`)

あわよくば本業にしたい。
いや、するんだ!!

数ヶ月前からそんな想いがふつふつと湧いてきました。

しかし、このサービスをご注文いただく方は決して多いわけでなく、収入を安定させるには全然及ばない。

それに、ご注文をいただいてからキャンセルになってしまった方や、決済に時間と手間をとらせてしまった方もいらっしゃいます。

集客、サービスの仕組み、サービスの質など、課題は山盛り。
どこから手をつけたらいいものか…。やや途方に暮れました。

ビールに逃げたくなるのをこらえ、夫に相談したところ、「この本を読んでみて」と言われ手に取ったのがこの本でした。


このタイトル、正直自分だったら絶対に手に取らない一冊です。
世界最強に儲かりたいわけじゃないし…。笑

最初はタイトルに圧倒されてしまいましたが、この本、マジでめちゃくちゃ良い本でした。
タイトルを見て「うさんくさい…」って思ってしまってすみませんでした。笑

本書はビジネスコンサルタントとして活躍している著者による「世界最強に儲かる教え」が50個まとめられています。

著者のもとへコンサルにやってきたクライアントとのやりとりがストーリー仕立てで書かれているので、わかりやすく、かつすぐに応用できる実践的な一冊になっています。

本書に出てくるクライアントはとあるビジネスを立ち上げたばかりで、このビジネスをどうやって軌道に乗せたら良いのかわからず困っていました。

まさにわたしと同じ状況!
船ヶ山先生は週一度のスカイプコンサルを通じて、クライアントへビジネスの講義をしていくのです。

目からウロコがボロボロこぼれ落ちました。
わたしは発想の転換が必要なんだということが分かりました。

特にハッとさせられたのは、「商品は“手段”である」ということです。
お客様は、その商品を手に入れた先にある「悩み」だったり「痛み(フラストレーション)」を解消したいがために、商品を購入するのです。

売り手はつい商品に固執してしまいがちだけれど、それではお客様が本当に求めるものからズレてしまう。

お客様がその商品を手に入れた「先」にある「悩み」「痛み」を突き詰め、そこを取り除ける商品やサービスを考えていくことが大事なのだと言い、本当にその通りだ…!とうなずきが止まりませんでした。

そのほかにもたくさんの学び、気づきがあり、タイトルに敬遠したことを心から反省しました。笑

実践的かつとてもためになる一冊なので、内容紹介はここまでにします。
気になる方はぜひ手に取って読んでみてください。

今後は、こうしたビジネス書をちょくちょく読みながら
選書サービスのサービス向上に努めてまいります。

すべては、多くの人に
「いままで読んだことのない、めっちゃ面白い本」を届けるために!!



これからも精進します。
それではまた更新します!