両親と弟を事故で、叔母を病気で亡くした主人公・環。家族を助けられなかった罪悪感と自己嫌悪にさいなまれ塞ぎ込みがちな性格になっていたが、あることがきっかけで環はあの世への「レーン越え」を果たし、家族との再会を果たす。
その後、環は家族へ会う=あの世へ行くためにはマラソンの練習が必要であることを知り、ランを始めるようになる…。
後ろ向きな性格の主人公の成長物語。ランニングがしたくなる。