プリンス東京 vs スクーデリアVRK(袖ヶ浦5時間耐久) | モータースポーツ室日記 2019

真夏の 耐久レース

HPI 袖ヶ浦5時間耐久

まとめた感じの ブログは

NPCブログの 方に 上げたんで

NPCスタッフブログ

そちらを ご覧いただいて

モースポ日記の方は

いつも通り ゲスっぽく いきます(笑)

チューニングパーツメーカー HPI

今年から 開催された このイベントは

走行会形式の 耐久レースとなっており

これは 面白そうだと

プリンス東京チームとして

参加して 参りました (^.^)

都内からも 近い

袖ヶ浦なんで

SSCTの メンバーに

参加募集の 告知をしましたが

まったく 反応なし

しょうがないんで

片っ端から 声をかけていくと

5人の 参加者が 集まりました!

参加可能台数が 4台までという

レギュレーションなので

5人で 4台を乗り 耐久を戦います

 

ピットで準備を していると

なにやら すんごい 積載車が(笑)

しかも

乗っているのは P10プリメーラ

これは もしや・・と思っていると

隣の ピットに やってまいりました(笑)

スクーデリアVRKチームです

スクーデリアというと

レース好きな人は

知ってると思いますが

うちが 品川にあった時

すぐ近くに あって

ニスモが 南大井に あって

うちが 東大井にあって

スクーデリアは 両方の近くにある

いわゆる そーいう距離感のある

日産レーシングに 昔から

関わってきている 老舗なんですよ

スクーデリアチームは

ナンバー無し HP10を

数人で 乗る方式で 5時間を戦います

雨の予選では

我々の方が 上位

ローリングスタートで

いよいよ

5時間レースが 始まりました!

スタート同時に

快調に 飛ばし始めた

ノートニスモ(S)

ノートニスモとしては ほぼ

ベストなタイムを 叩き出しながら

周回していきますが

しょっぱなで

いきなり 赤旗

SC(セフティーカー)が 投入されます

SCが コースインした際には

追い越し禁止となりますので

みんな そのまま走ったり

その間に ピットインしたり するんですが

ここで 我らチームの

交代の時間が 来てしまいました

SCが 走っている間に

2台目の 12SRに 交代

しかし

タイミングが悪く

コース進入禁止の 信号が

出てしまいます

ここでなんと

3周分の 遅れが出てしまい

その後の レースは

その 周回数との 戦いともなりました

それまでは

クラス上位を 走行していましたが

順位も 大きく下がり

いつのまにか

同クラスの スクーデリアチームが

すぐ後方に つけてきました

車両の 交代で

順位は 入れ替わり

このまま 行くと

最後まで このバトルは続きそうです

ここで

この HPI耐久ならではの

レギュレーションが 問題となってきます

この大会ルールとして

ピットインした場合

90秒間の 車両停止が 厳格に

義務付けられているんです

90秒というと

ほぼ 1周分のタイムとなるんですが

これを 各チーム 8回以上

しなければ いけません

我々の チームは 5名体制で

スケジュールを組んでいますので

1人 2回乗るとすると

9回の ピットイン

すなわち 他のチームよりも

多いピットインなワケです

プリンス東京チームは

12SR ノートニスモ2台 Z33の布陣

であれば

Zで 周回数を 稼ぐしかないでしょ!

という 話しが Zオーナー氏から 出ます

ただでさえ 台風通過後の 蒸し暑い気候

Zオーナー氏に

無理を させる事になるのは

みんな 分かっていました

全員 黙り込んでいる時

当日

応援に来ていた

Zチャレンジチャンピオンの

えちごや氏が

「Zなら 大丈夫!みんな信じようよ!」 と

全員を 鼓舞し

Zの 走行時間を 5分伸ばし

限界まで 攻めてもらう事となりました

*この後 渋滞になる前には帰りました(笑)

表彰台が 見えて

激走する プリメーラ!

マシンと 人間の限界まで

攻めに 攻める Z33 RS-3!

ここで

周回遅れを 随分と 回復させ

大きく順位を 戻していきます!

最後には

体力を 使い果たし

自分の 持ち時間の 感覚も

分からなくなり

ピットからの サインで

ようやく ピットインしてきました

その間も

Zが 取り戻してくれた

タイム差を 全員で

大事に守りながら

走っていきます

Zは 最後の出番に 向けて給油

ここで 隣のピットが

急に 慌ただしくなります

なんと!

タイヤ交換を しています!

新品の Sタイヤを投入!

Zオーナー氏は

呆然と それを見て

スクーデリア

最後の走行は

ノーピット作戦なんだと 気づきます

ピットインせずに

走られてしまうと

せっかく もぎ取った 周回数が

無くなってしまう事が

分かった瞬間でも ありました

しかし

ここで 諦めるわけには

いきません!

プリンス東京チーム

最後の ピットインを行い

普段は Z34を 駆る

Zチャレドライバー氏に

最終走行を 託し

コースへ 送り出しました

新品Sタイヤの投入で

ベストタイムを 更新しながら走る

スクーデリアP10

自分のクルマとは 違う Z33で

必死に走ってくれた 最終走者

人のクルマである 不慣れさと

速く走らなければいけない 重圧とで

クルマを 降りた時には

足が 痙攣してしまい

歩くことも 出来なくなっていました

念願の チェッカーを受け

みんなから

よく頑張ったと

フラフラになった 体を

必死に支えながら

健闘を 称えられていましたね

笑い泣きというのは

こんな感じなんでしょうね

みんな 本当に喜んでいました

本当に お疲れさまでした (#^.^#)

スクーデリアチームは

最後の 作戦が 功を奏し

クラス3位に 入賞

めっちゃ 嬉しそうな 斉藤君 (笑)

 

しかしながら

Sタイヤが 入ってる

ドンガラの HP10と

(プリメーラは SR20エンジン)

ラジアルの ノートニスモとの

タイム差が ほとんどないというのが

とにかく 驚きましたね

Zが タイムをけん引したのは

事実ですが

ノートニスモの 速さが

これほど 頼りになったのも

事実でした

 

真夏の 耐久という事で

トラブルが あちらこちらで

出るかとも 思っていましたが

まったく そんな事もなく

マナーや 進行もとても良かった

耐久イベントでした!

 

スクーデリアのみなさんも

どうも お疲れさまでした!!