ER34添加剤からのエンジンブロー(進捗編) | モータースポーツ室日記 2018

テーマ:

本日から

ブログの書き方を 少し変え

ネタを溜める 方式は 控え

リアルタイムで

上げて行こうかな とか

思います

 

あとからだと

写真 探すのに

数日間かかったりするんで

(本当に)

それで 書けなくなります(汗)

 

リアルタイムと

大きなネタとを

上手く バランスして

書いていければと 思いますので

とりあえず

モチベーションの あるうちに(笑)

あげていきます(笑)

添加剤からの

エンジンブロー

 

これ・・

 

怖くないすか (´ε`;)

具体的に 製品名を あげると

色々 問題があるんで

書きませんが

(おそらく原因は 2銘柄)

オイル添加剤を

甘く見ないほうが 良いです

マジで。

 

近年

純正オイルを 含め

エンジンオイルの 製分は

随分と 変わってきております

 

添加剤を 使用するのは

それは それで

別に 良いんですが

必ず

相性の 問題が 発生しています

ここまでくる

過程の 間で

先に ターボを 交換しました

(1ヶ月前位です)

なぜかというと

今までに 聞いた事の 無い

ターボ異音が 出ていたからで

最初は ホント

クラッチか ハブか

そんな 感じにしか 聞こえない

すんごい音が 出ていました

 

ばらしてみて

分かりましたが

これなら 出ますね

あの音は。

添加剤 注入後

翌日くらいから

異音が 出始めましたので

何度か オイル交換をして

洗い流しましたが

全然 ダメで

 

先に タービンと 可変ソレノイド

そして 今回の エンジン作業と

なっていく ワケです

 

 

 

モースポさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.