神奈川公立高校入試、内申の割合が高いのはなぜか? | NPS(中川個人特訓教室)塾長のブログ

NPS(中川個人特訓教室)塾長のブログ

都筑区中川で、個別指導の個人塾をしております。


こちらも押して戻っていただけると元気になります!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ


成績内申点の割合が高い、神奈川公立高校入試。


面接が入り、ますます成績内申点の割合が高くなったが


入試問題が難しくなったので、本番の得点で勝負は決する。


でも内申点がないと、中学校は受験をOKしてくれませんが。


ペタしてね



内申点の割合が高い

ということにはメリットもある。



もちろん

学校成績の良い生徒が有利になることもあるのだが、



国立中学や私立中学からの受験者と差をつけることが出来るからだ。



内申点の割合が低いと、

公立TOP校は、

国立中学や私立中学からの入学者が増えてしまうから。



こうなってしまうと

公立学校としては本末転倒なのである。


ペタしてね



東京では、日比谷高校という都立TOPの進学校があるが

普通の公立中から進学するのは難しいことで知られている。

国立中学や私立中学からの受験者が多いからだ。

それゆえ、実技教科の内申点が2倍になろうとしている。

中学受験にながれるリスクもあるが、やりすぎというわけだ。

民業圧迫?


ペタしてね


高校受験の制度は、公立中学だけをみてつくられているわけではないのです。


入試問題で決着がつくので、神奈川でも公立TOPの2校には

国立中学や私立中学からのチャレンジャーが多くなったわけです。


で、ほんの一部のTOP校のみ

難関国公立や医学部の進学実績が良くなる。


ペタしてね


公立中学→公立高校のコースをとる→成績をとると有利になるというのは

学校の先生が管理しやすいこともありますが

実は、そういった側面もあります。


ペタしてね


中学校の面接でも、本当のことを言ってくれる学校も(横浜市ではない)あり、

「高校受験偏差値60くらいの高校から大学一般受験は難しい」と、

三者面談でいわれたそうです。

で私立高校をすすめられるわけですが、

ある程度私立へ生徒を送り込まねばならない、学校側の苦悩が垣間見えます。


ペタしてね



中学3年生の時点でついた「中高一貫生との1年の差」は、

そんな簡単には埋まるものではありませんから、

難関大学で勉強したいならば(大学のブランド名をとりにいくのはおすすめしませんが)

「1年の差」を埋めるために、

手遅れにならないよう、高校1年から覚悟をもって勉強するしかありません。



ペタしてね読者登録してね











教室のHP

問い合わせフォーム




今後のスケジュールはこちらから






こちらも押して戻っていただけると元気になります!


ペタしてね


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ






通塾をご検討の方へ
◎と〇と△の時間帯が空き見込みですので、無料体験をご利用下さい。◎は4コマ無料体験OKの時間帯です。



内部生の授業増や先約が入った場合など、ご希望の時間が空いていないことがあります。
その際は、何卒、ご容赦ください。