今ある環境を最大限に生かす!!

みなさん、こんにちは

「すべての子どもたちに身体を動かすことの楽しさを伝える」

運動保育士の比田井です!

 

本日は長野市にあるとある保育園で運動遊びを行わさせていただきました。

 

今日活用したのがブロックと柱です!

柱にロープを巻き付け、下にブロックを置いておきます。

 

子どもたちには、

「落ちないようにブロックを渡って」

とだけ伝えました。

 

初めは、紐の存在に気付かず落ちる子が数人いて

子どもたちから

「わからない~」「どうするの~?」

という声が上がりましたが

 

私は

「がんばれ~」

と言うだけで方法は伝えず…。

 

そのうち一人の子が紐の存在に気付き、紐を使って、身体を柱に密着させながら進むと

上手く、重心移動ができて渡れることを発見しましたびっくり

その後は、その子を真似して他の子どもたちもすいすい渡っていました音符 

写真は年中さんの様子です。
 
この動きを見てもらうとどこかを曲げて、身体を引き付けています。
ということは鉄棒でのあの遊びにもつながる要素が含まれていますね!
 
初めに私が進むところを見本を見せるのも一つの方法ですが、
ルール(今回はブロックから落ちないこと)を伝えたらあとは子どもたち自ら試行錯誤して
方法を見出すことも大切ですグッ
大人はついつい「ここを持って、足はこっちにかけて」などと口を出したくなるのですがそこは我慢です!!
教えないことを教えてあげてください!
 
使わなければ、ホールの端にあるただの柱です。
しかしそれでは勿体ない!
活用できるものは最大限に活用し子どもたちの心と体と脳を育みます!
 
この後、ブロックを増やし、柱の周りを一周するバージョンも楽しく行いましたとさ爆  笑