親の感性が子供を創る | 幸せを招くヒーリングミュージック

幸せを招くヒーリングミュージック

音楽で幸せをよぶ気を取り入れたい方、音楽で癒されたい方、音楽で癒す方法を知りたい方はどうぞ!

今日は親と子の性格についてです。

 



子供は親のDNAを持って生まれてきます。だから放って
おいても親の性格に普通は「似る」のです。

もちろん「見た目」で似ている所はよくわかりますね。

でも親が内向的だと、子供も内向的になる可能性は高く、
親が短気だと子供も短気になる可能性は高いです。

それではあなたの親、子供からするとおばあちゃんや

おじいちゃんの性格で、良かったところはどこでしょうか?

また悪かった所、「ここだけは似たくない!」と思われる所は
どこでしょうか。


私のモットーですが、「子は親を超えなければならない」と
思っています。仮におばあちゃんの子育てでいけないところ 

-今の自分が親になってみてわかる親の子育ての悪かった所- 

は繰り返してはいけません。自分がモデルです。

先ほどの短気でそれがいやだった方は、ご自分の

お子さんには、短気な態度はしないでほしいのです。

そして時々自分をチェックし、親の悪かったところが

無意識に出ていないか考えてください。案外無意識に、

親に似たところが子育てに出ている場合があります。


もちろん、良かった所は倍増してください。そして良かった
点は意識して使いましょう。例えば「よくほめてくれた」
とか、「よく遊んでくれた」など等など。良い方は問題あり
ませんね。意識して真似ましょう。

大事なことは「悪いほうが無意識に出ていないか」です。
充分注意してください。それからもう1つ大事なことがあり
ます。それは

「自分を基準にしない事」です。

例で言うと以前こんな事がありました。随分前にピアノを
教えていた生徒さんですが、まだその生徒さんはその時4歳
(女の子)で、ピアノを習って8ヶ月ぐらいでした。

その生徒さんを仮にAちゃんとすると、そのAちゃんのママも
小さい頃ピアノを習っていました。Aちゃんのママは最初の
楽譜を終えるのに2年かかっていました。ところがAちゃんは
2ヶ月ほどで同等の楽譜終えてしまい、さらに楽譜はどんどん
進んで発表会となりました。

私はその練習ぶりで出演曲を決め、曲を渡すとAちゃんのお母
さんは「こんな曲弾けるでしょうか。。。。。?」と、とても
心配そうです。

つまりご自分を基準にされているのです。だからAちゃんの
ママの頭には「とっても無理」という文字が横切ったのでしょう。

でも「大丈夫」という私に押されて練習を開始し、Aちゃんの
ママも練習にとても協力下さり、約1ヶ月で楽譜なしで弾けるよ
うになりました。


発表会でも大変上手に演奏することができ、会が終わった後で、
ご挨拶に来られたAちゃんのお母さんは涙が止まらず、

「とても感動しました。これからは自分を基準に考えないようにします」
とおっしゃいました。

つまりDNAは受け継ぎますが、より良い育て方をすると、実際の
意味(心や精神だけでなく演奏などの実際の行動)でも
「子は親を超える」のです。

もちろん練習に耐えたと言う意味でもAちゃんは、Aちゃんの
ママより精神的にも、成長しているかもしれません。そして自分
よりもっとすばらしい、もっとすぐれた子供にもなる事は十分
あるのです。しかしそのためには親の努力もとても必要です。


これが一般に言われる「親力」です。どうぞ皆様もまずは
ご自分の性格とご自身の親の性格を見直し、悪いところが

子育てに出ないよう気をつけください。

そして広い意味で自分を基準にしないで、子育てを行って

みてください。子供は親がかけてあげた愛情、手間、話しかけ

の量に比例して良い子になると実感しています。

いかがでしょうか。