NPO君日記

北陸のお寺、本光寺でNPOを立ち上げる。お寺とは無縁の職業を経てきたNPO君。ひょんな事からお寺の住職からNPO事務局長に任命されたのです。


テーマ:
 ガソリンを気にしながら、田烏 という集落まで走ります。蓮如上人が吉崎から舟で出られて、ここに上がったのではという話もあります。小浜市の西津 と言う所だと言う人も居る。またその時、時化に合い、揺れる舟の中で書かれた「舟路の名号」というのもここから少し離れた熊川の得法寺と言うところにあるそうです。若狭小浜
 
 その田烏が上陸地であることを伝える鐘があるのではと、あるお寺を訪ねて車を走らせた。お寺はあったが、地元のおばあさんが境内の掃除をされており、「詳しい事は知らない」という返事です。また、海岸沿いの道は大型バスでは怖い事もありますので、ここも候補からはずします。
 若狭小浜
 岬に沿いには戻らずにガソリンスタンドのある上中町を目指します。ようやくスタンドを見つけ、燃料補給しホッとしました。時間もそろそろで、もう一軒の予定先はあきらめて国道27号線を敦賀方面に戻ります。やはり若狭路は遠い。出発時間をいつもより早めたほうが良いと意見が一致しました。
 
 敦賀でも、木の芽峠 による予定でしたが、真っ直ぐ帰ることにします。ここは御影道中で、御影を人の方に背負って峠を越える難所であります。ここを自分の目で見てみたいけれど、今日はあきらめましょう。わかさ

 江野さんはもう一度小浜へ調べに来るとのことです。NPO君も嫁とドライブがてらもう一度天気の良い日に来る事にします。小浜は少し遠いが景色も食べ物も最高ですから。
5時少し前に、本光寺に帰り着きました。                
                                       以上

バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 若狭路は、景色は良いがまた原発銀座でもあります。敦賀、美浜、大飯、高浜と発電所が並びます。加藤さんに「この辺りに別荘を建てて、釣りと野菜作りをし、愛犬と本があれば言うことないわ。どうですか」と振ったら、「原発が怖い。まだ山のほうがよい。」との返事。sakasa

それもそうだなと思う。

小浜にとって返し第二の昼食場所候補の、若狭フィシャーマンズワーフに行きました。2階がレストランで、海鮮丼となんとか膳を頼みましたが、景色は最高、目の前は蘇洞門巡りの遊覧船乗り場です。二人はビール付き、NPO君は運転手、我慢です。バスツァーのお昼はどちらにしようか。どちらも土産物売り場も大きく、これは値段の安いほうですね。お魚

 小浜は海の奈良と言われる位にお寺も多く、国宝や重文クラスの文化財を持つところも沢山あります。しかし、ガイドブックを見ても真宗のお寺が掲載される事はまずありません。これは致し方のないことであります。

もう一軒のお寺を探し当てて坊守さんに合う事が出来ました。お寺の行事と重ならなければ拝観大丈夫とのことで、日時が決まれば改めてお願いに上がることにしました。

今度は海岸沿いに小浜湾の東岸に向います。国道ではありますが岬にかかると、大型車通行不能と案内が出てきます。対向車が来ると大変、また集落の間はアップダウンのきつい道であります。
小浜湾
NPO君はここでガソリンを入れなければと思いつつ、小浜市街で忘れた事に気がつきました。スタンドのない道をガソリンの残量を気にしながら走るのは、気持ちの良いものではありません。同乗の二人には大騒ぎをしてご迷惑をかけました。(続く)

バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
若狭小浜へ①
 10月25日(火)天気良し。先日から江野さんがNPO君に「いつ休みか、バス旅行の下見に行こう」と誘いに来ていたので、加藤さんを誘って三人で出かけることにした。

行く先は小浜である。
小浜

 円満の会「歴史探訪委員会」のバスツァー「蓮如さんの足跡を訪ねてパートⅦ」の下見で、来年5月実施予定です。まだ先のことと暢気に構えていたので、いささか早いとは思ったが言ってくれる内が花で、即実行であります。なぜ小浜かと言うと、10月初めの「円満の会打上げ会」で江野さんが「来年は小浜」と宣言したからです。 

 江野さんの蓮如さん狂いは相当なもので、詳しいのはもちろん、御影道中の供奉人を務め、京都~吉崎を何度も往復されています。

 加藤さん は有名なホタル狂いで、ホタルやギフチョウを通し子供たちに自然の大切さを説いている。先日もその活動をローターリークラブが表彰しました。ではNPO君は何に狂えばよいのでしょうか。日記狂いにしておきましょうか。
小浜
 
 敦賀ICを下り、国道27号線を小浜・高浜方面をひたすら目指します。今日はドライブ日和です。小浜に入ると昼食場所候補のドライブインに寄り、団体の受け入れ確認とパンフレットを貰って出ました。
 
 江野さん調査の高浜町のお寺に何とか着きましたが、団体(90名)で寄るには少し無理で、見学先からはずします。やっぱり実際に来て見ることが大事です。
(続く)
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 祖廟 大谷祖廟 と本山(東本願寺 )の納骨はどう違うのか、実のところNPO君にはよく分らない。しかし親鸞聖人の御廟の傍らでゆっくり眠りたいと言う気持ちも分らないではない。そうして何万人・何十万人の人が納骨をしているのだろう。


 本山の納骨は、御影堂の親鸞聖人の御真影須弥壇に納める わけで、本山護持のために貢献された方に対する栄誉であったようです。後に一般にも開放され、相続講員として納骨を受けるようになったもののようです。どちらが良いとか、上だとか言うものでもないと思います。
祖廟

 祖廟を出て円山公園 から知恩院 へ、青蓮院 前を廻って一澤帆布店 へ向った。嫁がいつも京都に来るたび寄るところで、東山知恩院前上ガルにあります。テント地を使用したバッグや袋物、帽子などが並んでいます。店の前はすごい人だかりで、こんな満員の所で買い物して「何が嬉しいのか」と思ってしまいます。買い物の嫁を店の前で待っていると、同類も沢山います。またいろんな人間観察も出来て退屈はしません。
 
帆船

予定より早いが、雨でもあるし近くのバス停から市バスで京都駅に向った。15時20分発のサンダーバードに乗る事にした。京都駅で土産を買い一回り、すっかり変わって学生時代の面影はない。早い目に並んだので自由席でも座って帰る事が出来た。
 帆船
小松に着いたら、雨は上がっていた。「菊」を散歩に連れて行かなくては。一日放りっぱなしで怒っているに違いない。

バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東本願寺は何度も来ているのに、この渉成園(枳殻邸)だけはスッポリ抜けている。雨は止まず、門前町を通り抜け、渉成園の受付へ向った。傘をもう一本貸して貰い、雨のお庭もなかなかの風情と広い園内を見て回りました。きこくてい
 
平安初期の嵯峨天皇の皇子源融の六条河原院苑池の遺跡と伝えられている。徳川家光によりその遺跡の一部を含む現在の地が寄進され、1653年第13代宣如上人の願いにより、石川丈山が作庭したといわれています。
 きこくてい2

桜と楓が目立ったので、天気の良いその季節に是非また来たいものです。街中に、よくぞ広大な苑池を残してくれたと感謝したい。

 七条烏丸バス停から京都バス大原行きに乗り、四条河原町まで行った。高島屋や阪急デパート、新京極や錦市場、涙が出るほど懐かしい。

 昼食はちょっと豪華に、阪急の7階にある美濃吉で松茸ご膳を頂きました。娘も連れてくれば良かったと思ったが、たまには夫婦だけでおいしいものを食べてもいいですよね。

 四条通りをアーケード沿いに東へ、八坂神社を目指します。街は昔と変わっています。ぶらぶら歩きには丁度よい距離です。八坂神社から円山公園へ、南側に抜けると東大谷の参道があります。ここが目指す大谷祖廟です。
八坂神社

 円山公園は何度も来ているし、近くの長楽寺も来ているのにここだけは抜けている。境内を一回りし、祖廟にお参りし、事務所で納骨の受付を見てきた。沢山の人で各地の方言が飛び交っていた。

 さて、本山納骨と祖廟の納骨とどう違うのだろう。(続く)
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 NPO君は10月3日の朝市を終え、6日に今年の円満の会の打上げも済ませ一息ついた所です。お寺の職員でもありますから、16日から始まる報恩講の準備もありますが、久し振りに土曜日の休日となり、嫁と一緒に京都へ行く事にしました。

本山

 朝市の様子は、「スカッと念仏 」で是非ご覧下さい。10月は加越酒造 さんの鏡割り、本光寺スタートの歴史探訪ウォークと盛りだくさんです。

 お寺にいますとよく聞かれるのが「本山納骨と大谷祖廟納骨とどう違うの」と言う質問であります。実は大谷祖廟へは行ったことがないので、資料を見ながら受付方法や場所を説明していても、もう一つピンと来ないのであります。それで一度行ってみよう、ついでに本山の工事の様子や渉成園を見てこよう、と言うのが目的でありました。
本山2

 急な話でしたのと、最近遠距離ドライブは嫌なNPO君でありまして、電車で行く事にしました。でも三連休の初日、サンダーバードは満員、自由席で京都まで立ったままで行きました。でも2時間弱、昔と比べればたいしたことはないですよ。
 
途中も雨、京都についても雨、ともかく本山にお参りして雨宿りできればと東本願寺に向いました。御影堂をすっぽりと仮設素屋根が覆い、目の前で見るその巨大さにびっくりしました。2011年に親鸞聖人七百五十回忌を迎えるため、両堂修復工事に入っている訳です。本光寺でも瓦懇志として相当な金額を拠出しています。
本山3

 雨も止まないけれど、濡れながら渉成園に向います。(続く)

バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 教科書で初めて六波羅蜜寺 とか空也上人像 を知ったとき、変な名前だなとか、口から小さい仏像が出て来るとは、とか思ったものです。
otera
 六波羅蜜とは、仏教で教える幸福を得るための六つの条件を言うそうです。①布施(ほどこす)財施、法施、眼施・顔施、言施、無畏施、身施、心施、
座施、舎施
②持戒(つつしむ)
③忍辱(しのぶ)
④精進(はげむ)
⑤禅定(心身を静める)
⑥智慧(学ぶ)
 とありました。なかなか難しいですね、NPO君にとっては。
食うや

 空也上人像は運慶の四男庚勝の作です。他にも清盛の僧形坐像や仏像が、本堂左奥の宝物殿にある。よくぞ残してくれたものである。これは必見です。今は小さいお寺ですが、西国33ヶ所めぐりの第17番札所にもなっており、お参りの人の絶えないお寺です。

 五条通り(国道1号線)から大津に出て、湖岸沿いに坂本へ向います。本日最後の見学先「日吉大社」です。坂本の町並みも大好きで、ツァーでなければ石垣沿いに歩きたいものです。穴生衆と言われた石積みの専門家集団が仕事に当たっています。

 大宮橋を渡ります。紅葉に映えるこの橋の写真がポスターなどによく使われます。日吉大社の上七社を西本宮から順に見て回ります。中に白山宮もあり菊理姫 などという文字を見つけると、嬉しくなります。どこへ行っても故郷自慢をしたいNPO君です。
kawa
 帰途につき、大津ICから名神に入り、草津で弁当を積み込み、バスの中で夕食を済ませ、ひたすら小松に帰ります。8時ごろ到着、まだ兎橋神社の西瓜祭の夜店が出ている頃でした。幹事の方、同行の皆さんありがとうございました。

人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 パネルの一つに義経の顔 はというのがあった。資料が少なく美男だとか、小柄で風采が上がらぬ男だとか、評価が分かれている。NPO君としては義経もさることながら、母の常盤御前 の顔を見てみたいと思う。絶世の美女で、義朝にも清盛にも愛された女性である。映画や芝居などで美男美女のイメージを持っているから、本当はどうなのだろう。
 木の根道を少し歩き、九十九折を下り由岐神社にお参りして仁王門へ戻る。鞍馬の火祭りはここの祭礼である。火祭りの思い出は、またの機会にしよう。

 鞍馬寺を後にし、堀川今出川へ出て東へ。NPO君の母校D大 を横目に見て百万遍から白川通りを越え、「白沙村荘 」へ向う。銀閣寺の少し手前に当たるかと思う。ここが昼食場所である。
 家 冷奴と懐石料理でビールをいただき、本当に幸せである。床の間に橋本関雪の「心猿図」の複製が架かっていて、思わず写真を撮ってしまった。 庭を見て回りましたが、関雪が30年に渡り全精力を注いで作庭したもので、すばらしい池泉回遊式の庭である。所々に石造物が置いてありこれがまたアクセントになっている。大正期にここが道路より1.6メートルも低い湿田であったとは、とても信じられない。ギャラリーを見て回りバスに戻った。いずれまた訪ねよう。
 鹿ケ谷通りから丸太町通りに出て、加茂川にぶつかり手前の河端通りを五条まで下る。昔はここを京阪電車が走っていました。今は地下を走ります。地蔵
 五条通りにバスを止め、六波羅蜜寺 まで小路を歩いて行く。お地蔵さんがあり、百日紅が咲きなかなかの風情である。清盛の頃、六波羅は平家の屋敷が並んでいたという。鎌倉時代には幕府の探題が置かれていたところでもある。今は路地が入り組む住宅地である。その先に六波羅蜜寺はある。(続く)

人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 8月28日(日)標記の日帰りバスツァーに参加した。

今回の目的は、義経ゆかりの鞍馬寺 を訪ね、理解を深めること。また六波羅蜜寺空也聖人清盛の像 を見学すること等である。そして京都らしい所で京都らしい昼食をとると聞いて楽しみである。
朝6時出発、平均年齢の高い団体にもかかわらず、いつものことながら皆さん元気で感心する。9時30分には京都市内に入り、堀川通りを北上していた。早い出発とはいえ不思議な感覚である。昔は行くだけで一日掛かったものですから。
京
上賀茂神社の近くを通り、京都産業大学やゴルフ場横を通り、鞍馬街道 を走り、仁王門 の前に着く。7月に貴船神社 を訪ねたが、山一つ越えればという近所である。いずれにしろ、大変な山の中であります。
仁王門からケーブル乗り場へ、2分ほどで到着、山道と階段を上り本堂へ向います。ここも何度も焼けており、今の本堂は戦後の鉄筋コンクリート造りである。本堂の両脇に「阿吽の虎」がにらみを効かしている。背中を高く丸めて号令即飛び掛りそうな雰囲気である。NPO君は野球では大のタイガースファンで「これはいい物を見た。今年の優勝は間違いない」と叫んだものでした。
京2
元天台宗で京都の北を守る鎮護の寺であったようで、明治期には苦労したようで、戦後、鞍馬弘教として独立したものである。謡曲鞍馬天狗 に出てきたり、義経が修行した寺と聞くすぐ感心してしまう。京3
本堂から霊宝館へ向かい、百の義経展というのを展示していた。義経の一生を百の項目に分けて詳細な解説パネルがあり、また鞍馬寺に残る義経関連の遺品なども展示していた。(続く)

人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 宇奈月温泉 に向う途中で、黒部川が扇状地に出るところに愛本という所がある。江戸時代にここに前田藩が橋を架けた。愛本の刎橋と言い、日本三大奇橋 の一つとして有名であったが、明治時代に解体されて今はない。道の駅「うなづき」の横に「うなづき学友館 」があり、2分の1の模型が展示されている。
 そこには寄らずに宇奈月国際ホテル に直行である。さっそく昼食会場に入り、ビールを頼んで食事となった。嫁は大瓶2本も頼んで勿体ないという顔をしている。お風呂に入り、土産物コーナーを見て回り、バスに戻る。
バス旅行1  また黒部ICから北陸道に入り、今度は富山ICで下りて、富山駅前の「富山いきいき館」に向う。最近完成した富山の観光情報センターで、ホテルもあり、いろんなコーナーもあり、ホールもありの大きな建物でした。

 着くとすぐに、5階のホールに案内され、富山県の民謡紹介が始まった。城端「麦屋節 」、五箇山「コキリコ節 」そして最後が八尾の「おわら節 」であった。もうすぐ風の盆も始まることでもあるし、民謡会の皆さんの踊りを見ながら、ゆっくり見に行きたいものだと思いました。そういえば、富山は民謡の宝庫と言われています。

 チンドンコーナーあり、薬コーナーあり、土産物コーナーあり、情報コーナーありで結構楽しめました。ここで使えるサービス券で土産を買い、これも儲けた気分になります。
バス旅行2  ここを出ると普通道を走り、婦中町のぶどう園 に向います。本日最後の訪問場所です。マスカットを小さくしたようなブドウで名前はわかりませんが、なかなか美味しかったです。30分食べ放題といいますが、一房で十分です。もう一房土産代わりにバスに持ち込み、満足したという顔で、帰路につきました。

 機会があれば、また参加しょう。嫁を誘ってもこれなら安上がりだし楽しめるもの。

人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。