NPO君日記

北陸のお寺、本光寺でNPOを立ち上げる。お寺とは無縁の職業を経てきたNPO君。ひょんな事からお寺の住職からNPO事務局長に任命されたのです。


テーマ:
 中谷さんはいつも本光寺朝市 (毎年4月~10月第一日曜日午前6時~同8時開催)に顔を出して下さいます。中谷さんは俳人にして陶芸家 、エレガントで素敵な才女でいらっしゃいます。

 その中谷さんが何年ぶりかに個展を開催されています。11月15日から12月11日まで能美市の九谷焼資料館 で開催中、NPO君は是非拝見しなければと先日出かけました。
美術館

 会場に入りますと、先ず目を見張りますのが、大きな皿や花器と思われるオブジェです。白磁に淡い青などをほどこし、大きなうねりや線が入ります。独特の中谷ワールドでしょうか。これが何点も並ぶと本当に圧倒されます。

 隣には、小品も並びます。自作の俳句と絵が描かれています。置物、陶板、酒器などとしてどれも素晴らしいものです。俳画も掛けられ、そのセンスの良さにまた感心させられます。日展金沢展や工芸展などで、何点か拝見した事はありますが、これほどの量と力作にあったのは今回が初めてであります。中谷さん有難うございました。
美術館2
 
聞くところによれば、小松市の本陣美術館 名誉館長でもありますし、小松俳文学協会の理事でもいらっしゃいます。以前、加賀八幡温泉病院(現八幡メディカルセンター)近くに住まわれ、シーズンオフの身体の手入れに来ていた大リーガーの野茂投手を始め近鉄の選手に焼き物を指導したとも聞いています。ジャパンテントの留学生に俳句を指導したとも聞いています。
一度ゆっくりお話をお聞かせ下さい。

※ 先日中谷敦子さんはお亡くなりになりました。
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
2005年11月6日(日)恒例の公民館主催の文化祭が催された。NPO君は午後半休を取り、公民館に向った。

 嫁は母が入っている施設のイベントで、そちらに出かけている。2時から演芸会で、公民館に着くと広間は人で一杯です。最初は保育所の子どもたちや小学生低学年の遊戯やよさこいなどが続き、親のほうが熱心で必死にわが子の応援をしていて大変です。
文化祭
 
とりあえず顔馴染みの連中に挨拶し、2階の作品展示室に向かい「町誌完成コーナー」を覗いた。コーナーを作りPRしなければと言って、準備は全く人任せのNPO君でしたが、林先生や坂本さんが立派なコーナーを設けていました。

 4年前には公民館長として文化祭を仕切っていたNPO君ですが、随分昔の事のように思われます。2階の展示物が少なくなっています。何か手を打たないといけないなどと余分な心配をしてしまいます。
文化祭  もうおでんは売り切れだったのでヤキトリとビールを求め、広間にどっかり座りました。後はビールを飲みながら演芸を楽しむだけです。

 近隣の町内で、当町ほど熱心に文化祭を楽しんでいる所はないでしょう。婦人会の踊りあり、マジックあり、歌謡舞踊あり、合唱あり、極めつけは一水会と公民館役員の演劇であります。何事もスマートに済ませる若者が、おじさんと一緒に泥臭いというのが当てはまるような芝居に取り組んでいる。町内の大向こうのばあちゃん連中を喜ばせている。
文化祭

 この文化祭がこれからも続きますよう公民館の若手の皆さん頑張って。そして他町の方も一度覗いてみて下さい。
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
 大聖寺 は加賀市の中心市街地で大聖寺藩10万石の城下町、名所旧跡・文化財にこと欠かない所です。
 しかし、隣の町でありながら、特別に用事でも作らないとなかなか行く事は無いものです。今回は「深田久弥  山の文化館」を訪ねる必要があり、たまたま近くを通りかかりここに立寄る事にしました。

 江沼神社 江沼神社長流亭 はガイドブックで見た事はあったが、訪ねるのは初めてでした。北に大聖寺川、西に錦城山をひかえて、市街地の端に広大な敷地を占めています。

 ガイドブックによれば、宝永元年(1704年)大聖寺藩三代藩主前田利直邸に遠祖菅原道真を祀り、当初天満天神社と称した。明治10年に江沼神社を、明治12年に松嶋神社を合祀し現社名となる。境内にある前田利直の休憩所と言われる長流亭は、宝永6年建立で国指定重要文化財となっている。
長流亭

 長流亭拝観は要予約となっているので、大聖寺川 に臨む建屋を外から見るだけにして境内に入った。拝殿の南側は大きな池を囲んで築山があり、樹齢も古い木がうっそうと茂り、これこそ大名庭園だという雰囲気である。池泉回遊式の庭で歩くたびに景色が変わります。拝殿よりも庭のほうが立派ですか。
.ike

 深田久弥の記念碑を見ながらブラブラしていると、お婆ちゃんに母娘の三世代が、仲良く椎の実を拾っていました。最近は拾う人も少なくなりましたが、NPO君は久し振りに子どもの頃を思い出し、懐かしい気分になりました。秋のちょっといい時間を過ごさせて頂きました。
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 宮さんが住職のところに持って来られた第1号作品   は、掛軸に桜・カタクリ・いちりん草などが浮かび上がり、クロアゲハが桜にとまっているものでした。これは絵か写真か、そして掛軸にするために相当苦労されたようであるが、絹地に裏打ちされた優雅な作品でありました。これが大和写真の究極の姿でした。
 宮さんは、自然と文化、特に白山とその植物に関しては何冊もの写真集も出されているし、またいろんな本を著されています。写真家であり登山家であり著述家でもあるマルチな才能に溢れた人です。宮さんにして初めて完成した大和写真掛軸であります。
みや3
 円満夏まつりの巨大生花再現には、さっそく写真を何十枚と撮って帰られ、これを大和写真掛軸に仕上げて持って来られました。
 10月の本光寺 報恩講のギャラリーサラ   の寺宝展に合わせ、三幅一対の「古代蓮     」を写した大和写真掛軸を仕上げられました。これらは本光寺にありますので興味のある方は事務所にお申し出下さい。NPO君がご案内いたします。
みや4
 そして、今回の「山の文化館」展示に到るわけです。宮さんの数千点に昇る白山の写真から選りすぐったものを、さらに館長の高田宏氏が春夏秋冬9点ずつ36点を選び、これを大和写真掛軸として展示しています。北斎の「富嶽三十六景」になぞらえて「白山三十六景 」として、この11月から来年7月まで月替わりで4点ずつ計36点が展示されます。また毎週一点ずつ北陸中日新聞で紹介されます。
 ボタニカル・フォトからここに到る宮さんの努力の集大成を、是非一度大聖寺「深田久弥 山の文化館   」へ足を運んで  見に行って下さい。

バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
 大聖寺「山の文化館 」に行った目的は、宮誠而 さんの大和写真 掛軸が11月1日から、文化館の床の間にいよいよ展示されると新聞に掲載されたからでした。
11月から来年7月まで四季それぞれの4作品が毎月入れ替えで計三十六作品が展示され、また新聞に(北陸中日)に毎週一作品ずつ紹介されるとの事でもあります。
 みや1
 宮さんは植物図鑑に用いられてきたボタニカル・アート技法から、デジタルカメラを用いて数十枚の写真を合成し、あらゆる角度から草花を捉えて一画面に凝縮させるボタニカル・フォト の技法を完成させました。また植物の持つ美しさを最大限に引き出すために研究を重ね、生物を取り入れるなど芸術性も高い作品となりました。
 本年2月には福井県総合植物園プラントピアで、ボタニカル・フォトの展示会 があり住職をはじめ5人で見に行ってきました 。5月には東京上野の国立科学博物館でグレイドアップされて展示、その後茨城県の国立科学博物館筑波実験植物園での展示と、瞬く間に全国区となったのでした。この上野の展示会を見に行こうと住職以下6名が、「だらご一行様 」と言われる珍道中を繰り広げたのでした。この話は新坊主日記 「恐竜展へ エピソード1~3」として7月15日、17日、18日と詳しく掲載されています。是非覗いてみて下さい。
 みや2
 ある日、宮さんが掛軸を持って住職を訪ねてこられました。これがボタニカル・フォトの究極の作品「大和写真掛軸」第1号作品でありました。(続く)
バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 前から一度は行かなければと思っていた「山の文化館」に宮誠而さん大和写真掛軸 が展示されているので、見学に行った。

 円満の会の創始者の一人で、写真家の宮さんが自ら考案された大和写真掛軸が、山の文化館館長高田宏さんの選で「白山三十六景」として順次展示されるとの事を新聞で読んで、訪ねたものです。
大和写真については稿を改めて紹介します。
文化会館
 
この「山の文化館」は「日本百名山」の著者で、文学者で登山家の深田久弥さん(大聖寺出身)の各種資料などを展示している。また地元の「深田久弥を愛する会」が文化館を拠点に各種事業を行なっている。NPO君は一応、久弥の名前だけは知ってはいたが、白山について関心を持つようになると、地元出身者でこんなすばらしい人がいたのかと、認識を新たにしたのでした。また愛する会の皆さんの活動も幅広くやっておられます。
bunnkakaikann
 文化館の門を入ると樹齢600年とか言う大きなイチョウの木が聳えています。右手の石蔵脇にも大きな木があり、門の外から眺めますと鎮守の森かと見紛うばかりです。各種図書や資料、廊下には百名山の大きなパネル、石蔵には久弥氏愛用のリュックサックやテントなどが並び、本人の講演テープがあり肉声が聞ける。百名山のビデオも全巻観賞できます。

 2階は談話室になっており、ここの2箇所ある床の間に「白山三十六景」が掛かっています。ゆっくりのんびり平日の昼を過ごさせて貰いました。
 武官間
山の文化館 http://www1.kagacable.ne.jp/~yama/

バナー
人気blogランキングに参加しています、クリックお願いします
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。