「源平浪漫関係者系図 @多太神社」奉納 | チームリアルこまつオフィシャルブログ
2012-07-26 09:18:26

「源平浪漫関係者系図 @多太神社」奉納

テーマ:ブログ

毎日暑い日晴れが続いております。

熱中症にはくれぐれもお気を付けください。


さて、先日7月23日(月)に、

以前から大変気になっていたモノを、多太神社納めることが出来ましたニコニコ

その名も「源平浪漫関係者系図 @多太神社」


それは、源平の世にこの地で繰り広げられた、

斎藤別当実盛にまつわるお話です。


多太神社の宝物館には、木曽(源)義仲が奉納した

「実盛の兜」(指定重要文化財)が収められており、

その寄進状やその他書状など貴重なお宝が保存されております

チームリアルこまつオフィシャルブログ

神社総代で実盛兜保存会会長の中山さん(写真右)の

臨場感あふれるお話を何度か聞いて感じたのは、

「やっぱりこの時代って、源氏、平氏、天皇家など人間関係がとっても複雑なのと、

みんな似たような名前なので、訳わからんがになるなぁしょぼんってことです。

おまけに、実盛の主従関係も源氏から平氏へと変っていきます。

となると、言葉だけでは頭の中がコンガラカッて、もうお手上げです叫び


折角、中山さんから詳しくて面白い

小松の歴史・文化の一大ストーリーを聞いていても、

途中からチンプンカンプンはてなマークになってしまいます。(私だけ?ガーン いや、そんなことはない!)


地元の方はもとより、観光客の方々にもより分かり易く理解いただく為にも、

また、おおきな観光スポットとして再発信するにも、

この関係者系図は絶対必要だと思い奉納させて頂きました。

これが、子ども達の歴史教材的なものにもなったらいいですねにひひ


加えて、この「実盛の兜」を江戸時代に訪れて見た

松尾芭蕉「むざんやな 甲の下の きりぎりす」を詠んでおります。

小松には2度も訪れており、沢山の有名な句も詠んでおります。


いろんな歴史的有名人の逸話やつながりが、これまた面白い!

食の分野では、芭蕉が絶賛したという「小松うどん」もあるし~グッド!


ちなみに、芭蕉は木曽義仲のファンだったともいわれており、

芭蕉自らが指定して、お墓も義仲寺(滋賀県・大津市)にあります。


多太神社に行かれた際は、是非ともご覧になって下さい。

(宝物館は要予約です)


これからも、沢山の方々に小松の歴史・文化・産業・人を体感いただける企画を

ひとつひとつガンバって作っていきますので、よろしくお願いしますm(_ _ )m
チームリアルこまつオフィシャルブログ 「7月24日(火)北國新聞掲載記事」

※記事の中には「弁慶」とありますが、系図には載っておりませんむっ あしからず。


それでは・・・



TRKさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。