中古住宅購入時の安心リフォーム事例

中古住宅購入時の安心リフォーム事例

中古戸建・中古マンションを購入しリフォームやリノベーションをされる方のために、インスペクション(住宅の検査)のこと、リフォームのこと、リフォーム業者のことなどをお伝えいたします。

リフォームのニーズは、大きく分類すると2つに分かれます。

 

1つは所有する物件をリフォームする場合

もう一つは中古物件を購入して住み替え、もしくは転売を目的に改装する場合です。

 

現在、国交相が熱心に推し進めようとしているのは欧米に比べて圧倒的に少ない中古物件の流通であり、それに伴うリフォーム市場を拡大するのが国策となっています。

 

 

インスペクション(建物検査)

 

その流れの中で重要視されているのは、質の高い中古物件の流通、既存住宅の瑕疵担保で、

安心して購入できる仕組みとして売買時にインスペクション(建物検査)を行う事を推奨されています。

 

もともとは義務化となりかけていましたが、現状の取引状況を鑑みてか、業界団体からの要請かは明らかではありませんが、現行の宅建法ではインスペクションをするかしないかの案内を買い主に確認することのみが義務となっております。

 

当NPO法人でも、既存住宅流通活性部会なるものがあり、中古物件を安心してリフォームして住むには、きめ細やかでしっかりとしたインスペクションを行うことが非常に重要だと考えて、会員のメンバー内でインスペクションをする資格を持つインスペクターを育て、団体としてインスペクションの依頼を広く受け付けるようにしていますニコニコ

 

地域の生活者の方に中古物件に移り住む場合の住みだしてからの安心安全を手に入れるためのインスペクションの重要性と必要性を理解してもらえるような啓蒙活動を行おうと活動しています。

 

インスペクションの精度について

 

最近の大手ハウスメーカーの中古物件の売買ではインスペクションが標準的に行われているそうですが、その精度に問題があります汗汗

 

そもそも、インスペクションとは建物の老朽化や不具合を確認する作業ではありますが、目視による確認が標準とされており、実施する人の知識や経験からなる力量や意識によってその診断結果は意外に大きく違ったりしますあせる

 

先日もインスペクション済みの物件で屋根に上ると広告書には問題無しと書かれてありましたが、表面が劣化して粉をふいており、数年内に塗り替えか吹き替えが必要な事例がありました。

買い手側の安心・安全の為に行うはずのインスペクションが、売り手側が販売しやすくなるように事前に行なう場合、どうしても甘めの診断になりがちだと思うのです。

 

これは良い、悪いではなく構造的な問題で、

診断というからにはバイアスがかからない立場の第三者が行うべきで、売主側の仲介を行う不動産会社が手配する建物の診断書を鵜呑みにするべきではありません。

 

 

売り主側によるインスペクションの弊害

 

不動産流通の世界では、はっきり言って「売ってしまえばそれで終わり」DASH!

その後がどうなろうと仲介に携わった不動産業者に関係はありません汗

彼らは、出来るだけスピーディーに売買契約が成立することが目標になります汗汗汗

 

中古物件が少なからず手直しやメンテナンスが必要ですが、その規模が大きくなる程、土地建物+リフォーム費用が膨らみ、築浅の高額物件程売れにくくなります。

 

買い手側からすればリフォーム費用と一緒に住宅ローンで融資を受ければ大きなメリットがありますが、売主側としては出来るだけリフォーム工事は先送りにしたいというのが本音です。

 

ここに大きな利益の相反が生まれます。

 

 

ひらめき電球ひらめき電球安心できるインスペクション先の選び方
中古物件を購入する場合、出来ることなら10年間くらいは先を見越して、必要なリフォームやメンテナンスは購入時に行っておくべきで、他に比べて圧倒的に金利が低い住宅ローンでその費用も賄っておくのが理想です。
 

その為には、購入を決める前に、売り手側が手配するインスペクターではなく、第三者の立場での診断と適切なアドバイスをしてくれる機関にインスペクションを依頼するべきですビックリマーク

 

そんな、安心・安全な依頼先として機能出来るように、当NPO法人ではリフォーム工事を請け負わないのを前提にインスペクターを紹介する制度がありますニコニコ

 

中古物件の購入をお考えの方は一度問い合わせをしていただき、安心して中古住宅を購入いただきたいと思いますニコニコ

 

HPよりお問い合わせください→ https://anshin-reform.org

リフォームをする箇所の人気上位にくるのが「キッチン」

このキッチンのリフォームについては、建築基準法の 「火気使用室の内装制限」 という法令に基づいて、リフォームを進める必要がありますニコニコ

リフォーム業を行う際、建設業免許も資格も何も必要なく、ただ自分で名乗るだけでリフォーム業者として商いが出来てしまうので、トラブルが絶えない業界になっています汗汗
ですので、お客様自身でしっかり業者を選ぶとともに、リフォームをしたいと思ったときにご覧いただき参考にしていただけるよう、分かりやすくご説明いたします。

―――――

現状のキッチン、暗くて狭くて嫌!
明るく広々としたキッチンにしたいビックリマーク

かつて多かったのが、キッチンとリビングダイニングが吊戸棚のついた垂れ壁で区切られていてキッチンに閉塞感を感じてしまうような印象を受ける間取りです。

実はこの吊戸棚がついた垂れ壁の存在、必要性が法令で決まっているのです。

キッチンなどの火気使用室は内装制限を受けるか、
扉や壁で区画するか50cm以上の不燃材料の垂れ壁を設けて他の部分との区画をするというもの
で、万が一、火事になった場合、煙が他の部分に行く時間を少しでも遅らせるためにつくられた法令です。

とはいえ、狭く感じるし鬱陶しいですよねあせる

 

そこで、その解決法として、

キッチンとリビングの天井と壁の仕上材を準不燃以上の不燃性能のある材料にすることにより、50cm以上の垂れ壁を作らず開放的なキッチンにすることが可能になります。

*準不燃材料とは、通常の火災による加熱開始後10分間、燃焼しない、防火上有害な変形、溶融、き裂その他の損傷を生じない、避難上有害な煙又はガスを発生しない、ものとして、大臣が定めたものまたは認定を受けたものです。

但し、新築時の確認申請上の採光面積や換気面積の算定の仕方でNGになる場合がありますので事前に建築指導課等に相談する必要があります。

このように、リフォームをする際も色んな法令を守る必要があります。
法令を守り、正しい現場知識と経験をもったリフォーム業者を選び、安心して住めるようなリフォームをしていただきたいと思いますニコニコ

 

信頼できるリフォーム業者に相談されたい方はNPOひょうご安心リフォーム推進委員会の会員をご紹介させていただきますので、お気軽にご連絡くださいませウインク

HPよりお問い合わせください手紙携帯