中国地方ぐるり旅 3日目

テーマ:

今回は、七月にワンネススクールメンバーで行った四泊三日の中国地方旅行の旅行記(三日目)をお届けします😄

 

生徒達が順次執筆&投稿しておりますので、順不同になってしまっておりますが、ご了承くださいませ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

三日目は厳島神社と出雲大社いう二つの神社をめぐる一日でした。

最初に行ったのは厳島神社です。

世界遺産にも認定されていて、海上に浮かぶ大鳥居が絶景と有名で、今回の旅行で私が一番楽しみにしていた場所でした。

…ところが、その日の朝の天気は大雨。

宮島へ行くフェリー乗り場まで車で向かってみるものの、強い雨風を前に「もしかしたら(フェリーが休航になって)行けないかも」という不安がよぎりました。

 

しかし、フェリー乗り場にもうすぐ着くという所まで来て、雨が収まってくれたのです。

おかげで無事にフェリーに乗船できて、厳島神社へ行くことができました。

前日からしていたお祈りが届いたのかもしれないと思いました。

 

 

 

厳島神社では有名な大鳥居や社殿を見ることができ感動しました。

本当は爽やかな快晴の日に見たかったので、少し残念でしたが散策している内に、雨の日もそれはそれで風情があっていいなと思いました。

 

 

 

フェリーに乗る前に神社の近くのジェラート屋さんに寄り、午前のおやつをいただいたのですが私の選んだ広島レモン味は、ほろ苦くて子供舌の私にはちょっと早かったです。

もう一つ頼んだロイヤルミルクティー味は甘くて美味しくいただけました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

出雲大社へは移動がとても長くて、その間に私は体調が悪くなり気分が優れなかったのですが、車から見える中国の山々の緑に癒されました。

 

午前中に悪かった天気もすっかり良くなり、出雲大社めぐりは動きやすかったです。

体調のせいであまり気乗りしませんでしたが社殿の「大しめ縄」を見たり、お参りができたので、今では行ってよかったと思います。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

宿泊先は鳥取のゲストハウスで、1階がパブ、2階が宿泊スペースになっていました。

実は私にとって今回の旅行で一番楽しかった時間が、ここでみんなと食事をした時間です。

ゲストハウスへ着いた時にはすっかり夜になっていたので食事も1階のパブでいただくことになったのです。

お店はオシャレなカフェのような内装。

食事はエスニック系の料理、フランスのお菓子など多彩で多国籍的なメニューでした。

全員同じ定食を頼み、食べた後も大人はお酒お飲んだり、子供もそれぞれ好きなものを頼む、飲み会のような時間の始まりです。

今回の旅行のメンバーは、今年の春に入学した人が多く、去年に比べて、みんなでワイワイさわいだりすることが無かったですが、この時間を機にみんなの仲が少しずつ深まっていくのを感じました。

去年のメンバーの近況、家族の話など、盛り上がってしまって、みんなお風呂に入る時間ギリギリまで席を離れなかったほどです。

旅行で一番楽しかったのが、観光ではなくて「食事会」だなんてちょっとおかしいですが、本当に良い思い出になりました。

このような時間を過ごせたことに感謝しつつ、三日目の感想を締めさせていただきます。

 

                                      K&R