ワンネススクールには寄宿寮があります!

農的暮らしに興味があり、すこし親元を離れて暮らしてみたいという方はぜひぜひお問い合わせください。
里山には季節に合わせた仕事が多く、少しアルバイトをしながらゆったりとした雰囲気で暮らせます。
地域には鳥越の小中学校があり、山村留学としてくる人や、他の地域から転校して暮らして居る人もいます。



寄宿寮【みんなの家】は石川県白山市の旧鳥越村にある、規則正しい生活をするための寮です。

「みんなの家」は2013年4月に山村留学センターとして開所された、NPO法人ワンネススクールの寄宿寮です。

金沢市内から車で40分くらいの里山にあります。

白山麓の豊かな山々に囲まれ、冬には雪が積もり、田んぼや畑の多い自然がとても豊かなところです。

旧鳥越村の河合地区は約50世帯ほどの集落で、お祭りや地域の行事もあり地元の人は協力しあって暮らしているところです。


“知識は学校で、人は寮で育つ”

ワンネススクールでは“知識は学校で、人は寮で育つ”という寄宿という形式をとった教育を理想としており、今までも何人かの子ども達を個人的に預かってきました。

地域の力を借りながら、自立した人間に成るための準備期間をワンネススクールでは提供しています。

image


空き家を自分たちで少し手直しして住んでいます。

少し大きすぎるくらい立派な家には現在寮長1人と、高校生1人、中学生1人が住んでいます。

夏は涼しく、冬は薪を割って、薪ストーブで温まります。

季節に合った仕事や、集落での集まり、地域のアルバイトなど若者が活躍する場所がたくさんあります。

image


朝起きて、掃除をして、ご飯を作って、仕事をして、学んで、またご飯を作って、寝る。
24時間、家族ではない人と同じ屋根の下で暮らすこと。
実は、それだけで人は大きく育ちます。

寄宿教育の理念は、思春期の一時期、子ども達が親元を離れ、異年齢の人々の中できちんとした生活者である大人のもと生活を共にすることで、彼ら若者が精神的に自立した人に育つというものです。

伝統的なその教育は漁師町などにおいて、今も残っています。

またイギリスでは、伝統的に真のエリートを育てるためには全寮制が一番となっており、大学の学長と大学寮の寮長は給料が同じだと言われるほど、重要な役目になっています。

image


ご質問・ご相談等お気軽にお問い合わせください。

【メール】    info@oneness-school.org

【電話・FAX】 076-259-5359

【携帯電話】  090-2039-4390 (代表 森)