中高SST タルトの食品サンプルを作ったよ!! | 『ナウ』のブログ

『ナウ』のブログ

大阪の阿倍野区にある発達障害児・者のための教室です。


 

9月8日(日)中高SST タルトのサンプルを作ったよ!!

 

今回の中高SSTは、助成金がおりたため、急遽、お出かけ企画を食品サンプルを作る企画に変更させていただきました。

大阪みなみの道具屋筋近くで、食品サンプルを製造販売したり、製作の体験をさせてくれる「デザインポケット」さんにて、食品サンプルを作る体験に参加しました。

 

珍しい体験ができるとあって、今回も13人とたくさんの子どもたちが参加してくれました。

地下鉄御堂筋線天王寺駅に集合し、なんば駅で下車、地上に上がって、高島屋前からなんばグランド花月をめざし、道具屋筋に入って食品サンプルのデザインポケット本店をめざしました。


 

地下鉄御堂筋線のホームや車内も難波駅前付近も、人通りが多いため、今回も2人組や3人組のバディを組んで

移動しました。

 

難波グランド花月では、芸人さんの着ぐるみを着た人が呼び込みをしていたり、道具や筋では、珍しい看板やちょうちんのお店、たこ焼き器やタイ焼き器などの道具を販売しているお店もあり、子どもたちも興味深々でした。

 

デザインポケット本店には、いろいろな食品サンプルや小さな食品サンプルのついた、耳かきやキーホルダーを展示販売していました。

お店の前には、大きなお肉の丸焼きのサンプルがあり、子どもたちは楽しそうに順番にそのお肉をぐるぐると回してあそんでいました。


 

参加人数が、多かったので、本店とは別の会場まで案内していただき、今回は、フルーツタルトのサンプルを2個作ることになりました。

 

イチゴとマンゴーのおいしそうなタルトのサンプルを見ながら、スタッフの方の指示に従って、カップに色づけをしたり、クリームを絞ったりして作ります。

 

まずは、タルト生地に焼き色を付けていきます。

キューブ型のスポンジで、メイクの茶色のアイシャドウのようなパレット3色から好きな色を選び、タルト型に塗っていきます。

側面と上の部分だけに色を付け、ニスをチップでぬると、本物のタルト生地のようになりました。

茶色にも3色あるので、選択した色や塗り方によって作品にも個性が出ます。


 

次に、白いクリームにオレンジ色の色素をおとして練り、マンゴークリームを作ります。一ヶ所に生地をまとめてビニール袋に入れ、先にはさみで穴をあけて、絞り出します。

タルトの底の部分に外側から円を描くように絞り出して高さを出します。

これも、細いクリームを丁寧に絞る子、大胆に絞る子など様々です。

 

小さく切ったマンゴーを2個とミントの葉っぱをのせ、マンゴーソースをかけたら、おいしそうマンゴーのタルトの出来上がりです。

 

最初は不安げだった子どもも自分の手で作り上げた作品に満足げです。なんでも体験してみるのは大事ですね!!(笑)

 

次はイチゴタルトに挑戦です。

今度はお菓子のホイップクリームを絞り出す金具をつけた容器からイチゴクリームを絞ります。

角が立つようにゆっくりとタルトからクリームを離すのがコツなのだそうです。

子どもたちは一生懸命、絞り出し、言われたとおりに慎重にクリームを離して、上手にできていました。

真っ赤ないちごをのせて、イチゴソースをかけ、ニスを塗ったら出来上がりです。

 

とってもかわいいデザートが、1時間ほどで2種類出来上がりました!!

自分の作品は両面テープで、プラスチックの容器に固定し、ビニール袋に入れて持って帰ります。

 

家で3日ほど容器のふたを開けて乾かしたら、タルト生地の真ん中から下にキーホルダーのねじをしっかりと奥まで回して固定するそうです。

最後に、本店のお店に戻って家族や自分にお土産を買う子もいました。


 

今日はとてもキュートで楽しい体験ができました。

子どもたちが家に帰って、家族の人たちに嬉しそうに自分の作品を見せている姿が目に浮かびます。

 

これからも楽しい企画を考えますね♡ たくさんの楽しい経験値を一緒に増やしていきましょうね!!

 

特定非営利活動法人 NOW 今井 けいこ