9月SSTスマイル 小学生 | 『ナウ』のブログ

『ナウ』のブログ

大阪の阿倍野区にある発達障害児・者のための教室です。


テーマ:

8月のキャンプが終わった途端に、9月のSSTの準備が始まり

ました。 毎年9月は参加人数が少ないので、少人数のプログラム

を考えていましたが、今年は10名以上の申込みがあり、集団で

出来るプログラムを考えなおしました。

 

まずは夏休みの思い出の話です。 夏休みに作ったもの、

思い出の写真、物等を持ってきてもらって、皆に見せました。

友だちの思い出に興味深々の子どもたち。 思い出のものを

見て、褒めてくれる子どもがいて、とても良い事だと思いました。

ちゃんと良い評価が出来る人は、皆の人気者になれますね。

 

 

夏休みの自由研究を持ってきてくれた子もいました。

大人も子どもも興味深く見る事が出来ました。 この研究を見せる事で

いつも自己紹介をパスしていた子が、前に出て発表することが出来て

本当に良かったです。 自分の成果は誰でも見て欲しいですもんね。

 

 

今回のメインプログラムに入れたのは、音の擬音化です。

蝉が鳴くのを、「ミーンミーン」「ジジジジ・・・」

うがいをすることを、「ガラガラ・・・」と言うなど、身の回りには

擬音が沢山あります。 これを上手使えると、人に何かを説明

するときにとても役立ちます。

 

 

Ipadで沢山集めた音を、スピーカーを使って大きく音を出して

子どもたちに聞かせようと思いましたが、思わぬハプニングで

ハレーションを起こすという・・・(:_;)

何とか保護者と金岡先生がセッティングしてくれて、皆さんに

聞かせる事が出来ました。

 

大人が思っている音とは違う言い方で、子どもたちには聞こえて

いる事が分かりました。 そして、子どもたちは、「~している音。」

等とすぐに答えてしまいます。 今日は「ミーンミーン」とか、「ドカドカ」

って答えて欲しい事を何度も言わなくてはいけませんでした。

 

音が終わった後は、身体の調子についての言葉について、

何個か出してもらいました。

頭痛の際の表し方。「ズキズキ」「ガンガン」「キーン」

腹痛の際の表し方。「チクチク」「ゴロゴロ」・・・ お母さんからは

「ドヨ~~~ン」「キリキリ」等が出ました。

 

身体の調子を表す言葉が上手に使えると、本当に助かりますよ。

次回からも練習していきましょう。

最後は買い物練習をして終わりました。 本当に皆さんお疲れ様

でした。

 

 

来月は10月なので、身体を使ったプログラムをメインにいれる

つもりです。 楽しい活動にしますので、是非ご参加くださいね。

 

NOW金田

 

 

 

ナウさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス