2018年NOWキャンプ | 『ナウ』のブログ

『ナウ』のブログ

大阪の阿倍野区にある発達障害児・者のための教室です。


テーマ:

今年もこの季節がやってまいりました。
毎年恒例のNOWキャンプです。 今年は昨年と同じ場所で、

実施しました。 昨年の要望を踏まえて、宿舎の定員ギリギリ

で応募を締め切る事にしたので、抽選をして参加できない

子どももいました。 本当に残念です。

 

今年度は例年にないような酷暑で、熱中症が一番気になる

事だったのですが、なんと天気予報が実施日2日とも雨予報

SSTの後は外遊び予定だったのですが、それも雨プログラムを

用意する事にしました。

なので、例年より荷物の多いこと~~。

 

雨でもどんとこ~~~い。の意気で出発したキャンプでしたが、

なんと2日とも雨に降られる事がなかったのです。 

流石子どもたちもスタッフも晴れ男と晴れ女が多いです。

 

プログラム通りに魚つかみをしました。 子どもたちも大喜び

でした。

 

リクエストの多かったカレーと焼きそば(今年はちゃんと塩味も

作りましたよ。)も、モリモリ食べてくれて、新しくなった炊事場が

快適なこと~~~。 どんどん施設が良くなっています。

 

キャンプファイヤー施設ボランティアの方にお願いしたのですが、

とても皆さん盛り上がってくれました。 子どもたちも満足でしたね。

 

 

2日目はバイキング形式の朝食です。 子どもたちはバイキング料理の

経験のない子も多く、バイキングでの食事の練習のために、自分で食

られる量を自分で取る事の経験をさせる事が出来ました。

 

朝のSSTはフォトフレームの制作活動です。 

自分で取ってきた小枝や葉っぱを板に張り付けた後に、ボランティア

さんとの2ショットの写真を貼り付けて出来上がりです。

キャンプの思い出になりますよね。

 

そしてお昼はお待ちかねの流しそうめんでした。

昨年は子どもたちのみが体験できて、保護者からも、「食べてみたい。」

とリクエストを頂いていたので、保護者もボランティアさんも同じく、

流しそうめんを体験しました。 そうめんだけではなく、フルーツや

トマト、ゼリーまで流しました。 とっても盛り上がりました。

そして、スタッフまで食べる事が出来ました。

 

 

実は金田先生は初流しそうめんでしたよ。

 

今回のキャンプも自炊することが多く、保護者の中には、スタッフ

同様に働いていただいたお母さんもいらっしゃいました。

本当に助かります。 スタッフ付のボランティアさんを入れても、

6人の体制では、とてもこの大規模なキャンプを運営することは

難しいです。

こうやって自発的にお手伝い頂き、何のお礼もできませんが、スタ

ッフ一同感謝しています。

 

まだ来年度の計画は未定ですが、またキャンプを実施する

際は皆さん協力お願いいたします。

 

本当に皆無事に帰宅出来た事に、スタッフはホッと胸を撫でおろして

いるところです。 また毎年キャンプに参加して頂いて、夜の時間まで

相談に乗って頂いている伊丹先生、そして学生ボランティアさん、

学校先生のボランティアさん、本当にありがとうございました。 

ボランティアさんと子どもをマンツーマンにできるのも、こうして

参加して頂けるボランティアさんのお蔭です。 またお待ちしています。

 

NOWスタッフ一同

ナウさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス